2013.07.05

【リポート】『日本のハーブを愉しむワークショップ』を開催しました!

Web_dsc_0089

Web_dsc_0104

Img_2779_03

Movie: Motohiro SUGITA
Photo: Shizue INOUE, Motohiro SUGITA
Text: Shizue INOUE

毎年ゴールデンウィークに開催しているトランローグの田植えワークショップ。今年は同日〔2013年4月28日(日)〕に、身近に生えているハーブ(野草・薬草)を観察し、ハーブをつかったセルフケア・レシピを作って体験する『日本のハーブを愉しむワークショップ』を開催しました。講師は、薬学博士で「トトラボ植物療法の学校」代表の村上志緒さん。村上さんは、2011年にトランローグが企画・制作した書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』を監修されたハーブのスペシャリストです。今回は、当日のワークショップの様子をリポートします。

Web_dsc_1011
こちらは村上さんが持参された蒸留器。トランローグ・ワークショップで採取したヨモギをつかって芳香蒸留水を作りました。芳香蒸留水とは、ハーブや木などの植物の成分を高温の水蒸気で抽出したものです。植物がもつ有効成分による作用や香りを取り入れるため、化粧水やルームスプレーなどとして利用できます。蒸留にはある程度の時間が必要なため、当日朝から蒸留をスタートし、参加者は午前中に行った田植えの合間に蒸留の様子を見たり、ワークショップでは、蒸留の仕組みや芳香蒸留水について話しを聞きました。

Web_dsc_0006
今回ハーブとしてセレクトしたのは、日本で古くから親しまれてきたヨモギ。都心・郊外問わず全国各地で見ることができます。ヨモギには肌を引き締める収れん作用や消炎効果があり、お肌のケアにぴったりのハーブです。
まず、大きなポットの内側に麻袋をセットして、採取したてのヨモギをちぎって入れます。そして水をポットの8分目くらいまで注いだらフタを閉じてコンロにセットします。

Web_dsc_1019
ポットの横にある円柱形の冷却槽にも水を入れます。ポットを火にかけ、吹きこぼれない程度の火力で温めます。植物の成分が抽出された水蒸気が細い管を通って、冷却槽へと移動します。中では管がコイル状になっており、水で満たされた冷却槽を通る過程で水蒸気が冷やされ液化し、前面の排出口から流れ出たところを容器で受け止めます。この液体が、少量の精油を含んだ芳香蒸留水です。冷却槽の水は次第に温かくなるため、脇に付いている透明のチューブから時々水を排出し、新たに水を補充します。

Web_dsc_0148
抽出した芳香蒸留水は、見た目には普通の水とあまり変わりませんが、香りを嗅ぐと、ヨモギの清々しい香りでリラックスできます。蒸留作業を数回繰り返し、参加者のお土産として、人数分の芳香蒸留水を作りました。

Web_dsc_0066

Web_dsc_0070

Web_saisyubag
ワークショップでは、周辺に生えているハーブを散策しながら観察・採取し、次にハーブをつかったレシピ作りをたのしみます。ハーブ散歩の出発前に、まずはみんなで採取バッグを作ります。新聞紙を折って数カ所ホチキスで留めるだけと、作り方はとてもシンプル。1枚の新聞紙を折って作るため、バッグの中にはいくつか仕切りもできます。手軽に作れて便利な優れものです。

Web_dsc_0085_2
さあいざハーブ散歩へ! まずはワークショップに生えているミントを観察します。ミントはシソ科のハーブですが、シソ科には茎の断面が四角形という特徴があります。ローズマリーやラベンダーも同様にシソ科のハーブです。実際に触ってみて、茎が角張っている様子を体感しました。

Web_dsc_0089

Web_dsc_0098
野原一面に生えているのは紫色の花をつけたマメ科のナヨクサフジ。マメ科は、花の奥に昆虫を引き込んで受粉する、という戦略をとっている植物のひとつです。花の根元を少しちぎって吸うと、ほのかに甘い花蜜をたのしむことができました。

Web_dsc_0104
ハコベも都会・郊外を問わずよく見られるハーブのひとつ。ハコベのもつ引き締め作用を利用して、昔からデンタルケアにつかわれてきました。書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』では、現代版にアレンジした「ハコベの歯磨きペースト」の作り方を紹介しています。

Web_dsc_0110
タンポポは、乾燥させた根を焙煎するとタンポポコーヒーが作れます。ノンカフェインなので妊娠・授乳中の女性も安心して飲むことができ、また、母乳の出をよくする作用もあります。花の時期は草丈が低く、綿毛になるとより遠くまで綿毛を飛ばせるよう、草丈が高くなるのも特徴のひとつです。

Web_dsc_0118

Web_dsc_0111

Web_dsc_0114
目で見て、香りを嗅いで、感触を確かめて、からだ全体でハーブに触れます。

Web_dsc_0122
薄紫色の可憐な花をつけているのは、カキドオシ。垣根を通り抜けるほどの繁殖力をもつため「垣根通し」が転じて名付けられたと言われています。シソ科らしい清々しい香りで、茎に対して、葉が対になって生えているのが特徴です。

Web_dsc_0126
写真中央は道端に自生していたミツバ。葉はなんと直径5〜6センチほどに生長していました。

Web_dsc_0135

Web_dsc_0136
こちらはヤエムグラ。うぶ毛のような細かなトゲがあり、他の植物などにからみつきます。太陽のように葉っぱを広げて、ナチュラル可愛いワッペンに!

Web_dsc_0141
見た目に可愛らしいヘビイチゴ。美味しそうに見えますが、食べても美味しくありません! ヘビイチゴには、あせもや虫刺されなどによる肌の炎症を和らげる効果があります。

Web_dsc_0054

Web_suginaice
ワークショップに戻り、スギナパウダーをつかったハーブジェラートを作ります。スギナはミネラルを多く含み、泌尿器系の不調によいとされているハーブです。事前に採取して乾燥させておいたスギナの葉をコーヒーなどのミルサーで粉砕。さらに茶こしで細かな粉末のみを取り出し、バニラアイスと練り混ぜます。混ぜ具合はお好みで。

Web_img_2776_02
スギナのハーブジェラートは、バニラアイスの甘さの中に新緑の香りがほんのりプラスされ、植物の恵みを美味しくいただける一品でした。

Web_dsc_1014
最後に、採取したフレッシュなカキドオシをつかった、カキドオシティーをみんなで飲みました。カキドオシには利尿作用や強壮作用などがあります。参加者の方からは「すごくいい香り!」と感動の声が。爽やかな香りでとてもリラックスできるお茶です。

Web_dsc_1012_02
講師の村上志緒さん。トランローグ・ワークショップの看板犬、仁(ジン)くんとパチリ。

今回のワークショップでは、実際に見て、触って、香りを嗅いで、作ってと、からだで体験することで、何気なく生えているように見えるハーブが、それぞれに興味深い特性を備えていることがよく分かりました。また、村上さんのお話によると、利尿効果や消炎効果など、私たちに作用するさまざまな効能は、本来は植物が自身の命を守るために作り出す成分によるものだそうです。そうやって見ると、普段あまり気に留めていなかった道端の草も、奥深い生命力を秘めたハーブへと見方が変わってきます。日常の生活でもハーブの面白さを発見していきたい!と思えるひとときでした。

トランローグが企画・制作し、今回の講師、村上志緒さんが監修された書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』(JAグループ 家の光協会発行)では、ヨモギやスギナ、タンポポなど、日本でよく見られるハーブと、手軽に手に入る野菜をつかって、からだとこころを健康にする48のセルフケア・レシピを紹介しています。是非ご一読ください!
書籍についての詳細はこちら

村上志緒さんが主宰する「トトラボ植物療法の学校」はこちら

関連記事:からだ美人になる自然派レシピ

| | コメント (0)

2012.07.30

自家製赤シソビネガーで、厳しい夏を乗りきろう!

Img_1692

photos & text: tranlogue associates

連日の猛暑に、早くもバテ気味ですが、そんな厳しい夏にぴったりなのが、赤シソを使ったドリンク。爽やかな香りと赤紫色が、食欲を増進させてくれます。赤シソには免疫系を整える成分が含まれていて、花粉症などのアレルギー症状を緩和する働きもあります。

Img_1448
房総にあるトランローグ・ワークショップの菜園で、大きくなった赤シソで赤シソビネガーを作ってみました。シソは、1年草ですが、繁殖力旺盛なので、こぼれタネから今年も勝手に発芽してくれました。シソの栽培はとっても簡単なので、ぜひ自家製赤シソビネガーに挑戦を!
詳しいレシピは、トランローグで企画・制作した書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』(JAグループ 家の光協会発行)に掲載。他にも季節ごとに飲・食・外用の自然派レシピが満載です。植物のパワーでからだとこころをデトックスしましょう!

| | コメント (0)

2012.05.16

ハーブと魔女を身近に感じる『ハーブ魔女サミット』リポート

Dsc_0032_blg

Dsc_0969_blg

Dsc_0042_blg

2011年10月28日(金)、埼玉県宮代町で『ハーブ魔女サミット』が開催されました。これは、宮代町にある『魔女のハーブ園』リニューアル・オープンと翌日行われる『みやしろハロウィンパーティー』の開催を記念して企画されたもの。
トランローグで企画・制作した書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』(JAグループ 家の光協会発行/2011年10月27日発売)で監修していただいた、薬学博士の村上志緒さんも講師として参加され、当日の様子を取材してきました。
魔王や魔女たちが集結し、終始アットホームで楽しいサミットとなりました。

過去の関連記事:からだ美人になる自然派レシピ
photo/text: Shizue INOUE

Dsc_0039_blg
▲サミット会場の受付風景。当社で企画・制作し、村上志緒先生に監修していただいた『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』も当日販売していただきました。

Dsc_0971_blg_2
▲何やら怪しい光の中、大魔王キングサターン・ショージが登場し、魔女サミットの開会を告げる。普段の姿はなんと宮代町長!

Dsc_0980_blg
▲ハーブや魔女に造詣の深い魔女たちが、宮代町をはじめ近郊から集結。来場者は約60名。会場の進修館小ホールは、まるでこの日のためにあるような味わい深い雰囲気だが、通常は、宮代町議会や町の文化活動などが行われるコミュニティセンター。設計は、沖縄県の名護市庁舎などの仕事で知られる、象設計集団によるもの。

Dsc_0999_blg_2
▲サミット開会宣言後、スクリーンに『魔女のハーブ園』に住む、ケッセル ホン ファウルペルツ魔女が写し出される。『魔女のハーブ園』は、田んぼや雑木林のある"田舎"を楽しむアミューズメントパーク『新しい村』の中にある。四季を感じながら、色とりどりのハーブが楽しめるそうだ。

Dsc_1015_blg_2

Dsc_1030_blg
▲記念講演の第一部は、成蹊大学・東海大学講師の西村佑子先生による『空飛ぶ魔女の秘密〜ハーブと魔女の意外な関係〜』。[以下、西村佑子先生講演資料より]

▼ひとくちに魔女といっても、その姿は実にさまざま。若い女性からおばあさんまで。また、箒にまたがっているものもあれば、山羊や豚、フォークにまたがっているものも。
Dsc_0001_blg_2

Dsc_0006_blg_2

Dsc_0008_blg

Dsc_0033_blg

Dsc_0019_blg_2
▲古くからヨーロッパでは、身近な森に生えている薬草を暮らしに取り入れ、心身を癒す術を身につけた賢い女性たちがいた。しかし、長い歴史の中では、そうした賢い女性たちが『悪しき魔女』として異端視されていた事も。魔女は、森に生えているハーブを摘んで、空飛ぶ軟膏や媚薬など、魔法の薬をつくったとされる。こちらは魔女の疑いをかけられた女性。空飛ぶ軟膏をからだに塗って、空を飛ぶかどうか、審議にかけられている。

Dsc_0027_blg_2
▲マンドレイク(マンドラゴラ)は、古くから薬草として使われ、魔術などにも利用したとされる。毒性のある根茎は独特の形をしており、中には人型に似ているものもある。ハリー・ポッターにも登場した植物で、架空の植物と思っていた方も多いのでは?

Dsc_0062_blg_2

Dsc_0058_blg_2
▲記念講演第二部は、薬学博士で『トトラボ植物療法の学校代表』の村上志緒先生による『メディカルハーブ入門〜ハーブを使って心も身体も健やかに〜』。[以下、村上志緒先生講演資料より]

Dsc_0087_blg_2

植物療法の持つ治癒力は「1)生体防御機能の活性化→心身症の予防。2)抗酸化(老化防止)作用→生活習慣病の予防。」があげられるそう。現代の私たちが生活に是非とも取り入れたい療法だ。

メディカルハーブは、ハーブティーやチンキ剤(ハーブの有効成分を取り出すために、無臭の蒸留アルコールに浸したもの)、浸出油剤(ハーブを植物油に浸して、脂溶性成分を有効成分として取り出したもの)、パウダー剤(ハーブを粉末にしたもの)、軟膏剤などで活用する。

また、精油を、芳香浴や蒸気吸入、入浴、オイルマッサージなどで活用する方法も。精油は植物の生合成する揮発性芳香物質で、情報伝達や生体防御機能をもつもの。植物のもつ忌避作用は抗菌・浄化作用に。誘引作用は向精神作用に利用できる。

▼メディカルハーブは、あまり耳慣れないものから、意外なほど身近なところまで沢山ある。どんな有効成分を持っているのか、身の回りのハーブもあらためて見直してみたい。
Dsc_0105_blg_2

Dsc_0107_blg_2

Dsc_0108_blg_2

Dsc_0109_blg_2

Dsc_0111_blg_2

Dsc_0112_blg_2

Dsc_0113_blg_2

Dsc_0115_blg_2

Dsc_0114_blg_2
▲都会でもよく見られるタンポポもメディカルハーブのひとつ。根は健胃、強壮、催乳作用などで知られる。

Dsc_0117_blg_2

Dsc_0130_blg
▲サミットの締めくくりは、『魔女のハーブ園』のケッセル ホン ファウルペルツ魔女による声明文発表。きちんと採決も行われた。最後まで趣向を凝らし、ほのぼのとして楽しい。

Dsc_0144_blg

Dsc_0160_blg
▲サミット終了後はフロアを移動して、講師や来場者、関係者との交流会へ。参加者は、和やかにひとときを過ごした。

Dsc_0145_blg
▲会場には、ビュッフェスタイルの軽食コーナーが。スナックや野菜ディップ、手づくりの肉まんなどが用意された。

Dsc_0152_blg
▲『新しい村』の代表取締役、島村孝一氏も魔王の姿で来場者をおもてなし。

Dsc_0147_blg
▲野菜ディップには、宮代町でつくられたバジルペーストをつけて。バジルペーストは、海側で栽培された『海風育ち』と山側で栽培された『山育ち』が。

Dsc_0165_blg
▲大魔王キングサターン・ショージも、普段の庄司博光町長の姿で来場者へご挨拶。

Dsc_0171_blg
▲『魔女のハーブ園』のケッセル ホン ファウルペルツ魔女。温かくて親近感の湧く魔女さんだった。

Dsc_0158_blg_2
▲村上志緒先生が持参されたハーブのチンキ剤や精油などが会場の一角に置かれ、それぞれの香りや使い心地を試す事が出来た。クズの花やモミ、ヨモギなど、植物それぞれに香りや有効成分が異なる。魔女たちのように、身近にあるハーブを採取して自分で作って使い比べてみると、ハーブへの理解がより一層深まり、効能もより実感できるだろう。

村上先生が監修された書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』では、ハーブを利用したセルフケアのレシピを季節ごとに紹介しています。
例えば、春。抗酸化や抗糖化に優れ、お肌のエイジングケアに役立つサクラの花を使った化粧水の作り方をご紹介。香りにも癒され、楽しみながらセルフケアできます。
書籍では、「お肌」「からだの中」「こころ」の3つの面から、自然の恵みを生かした料理やドリンク、スキンケア用品、常備薬など、48レシピを掲載しています。是非ご覧になってみてください。

Karadabijin_p1617

Karadabijin_p2021_2

| | コメント (0)

2012.04.13

季節の変わり目にもおすすめ!ハーブ水入りコメヌカ石鹸

Komenuka_soap_0726

過去の関連記事:からだ美人になる自然派レシピ
photo/text: Shizue INOUE

寒い冬もようやく終わりを告げ、春らしい穏やかな日が多くなってきた今日この頃。気候の変化や花粉などで肌は敏感になりがちです。今まで使っていたスキンケア用品が突然合わなくなり、肌がヒリヒリしたり、かゆくなったりする事も……。こんな季節の代わり目に、ハーブ水入りコメヌカ石鹸を手づくりしてはいかがでしょうか?

トランローグで企画・制作した書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』(JAグループ 家の光協会発行/2011年10月27日発売)では、「透明感のある美肌をつくる ハーブ水入りコメヌカ石鹸」のつくり方を紹介しています。本書では秋のレシピとして紹介していますが、春の敏感肌にもおすすめの石鹸です。

この石鹸は、適度な保湿力のあるコメヌカ油を使用し、ビワの葉やドクダミ、スギナなど肌をいたわる身近なハーブから抽出したハーブ水を加えており、やさしい洗い上がりです。敏感肌の私は、秋につくった石鹸を、快適に使い続けています。泡立ちをよくするココナツ油や、溶け崩れを抑えるパーム油も使用しているので、石鹸としての扱いやすさにも優れています。冷暗所で保管すれば1年もつので、まとめてつくっておくと便利です。

是非あなたも、無添加で肌にやさしい手づくり石鹸で、この春を快適に過ごしてみてください。

| | コメント (0)

2012.02.03

『アロマトピア』に書籍『からだ美人になる自然派レシピ』が紹介されました!

Aropatopia_inside

過去の関連記事:■ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 ■次の暮らしのデザイン

トランローグが企画・制作した書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』(JAグループ 家の光協会発行/10月27日発売)がアロマテラピーと自然療法の専門誌『アロマトピア(aromatopia)』110号(フレグランスジャーナル社発行/2012年1月25日発売)で紹介されました。
『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』は、薬学博士で植物療法リサーチャーの村上志緒さんにも監修いただいた、植物療法の観点からも信頼のおける一冊です。
この本をかたわらに、あなたも自然の恵みを生かしたセルフケアを、毎日の生活に取り入れてみませんか?
今回書籍を紹介してくださった「アロマトピア』には、村上志緒さんの「ハーブリサーチレビュー 〜海外文献に発表された興味深い研究報告から〜」という連載記事も載っています。こちらも是非ご一読を!

Aromatopia_inside_small

Aromatopia_cover

| | コメント (0)

2012.01.05

『ソトコト』に書籍『からだ美人になる自然派レシピ』が紹介されました!

Karada_sotokoto_inside_01

過去の関連記事:■ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 ■次の暮らしのデザイン

トランローグが企画・制作した書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』(JAグループ 家の光協会発行/10月27日発売)が木楽舎『ソトコト』2012年2月号で紹介されました。
紹介文にもある通り、単なるレシピの紹介にとどまらず、自分と自然のつながりを感じるための提案も盛り込んだ書籍です。
特に監修者のひとり、小林妙子さんによるセルフケアカレンダーは、セルフケアをより充実させ、楽しめるアイデアとして必見です!

Karada_sotokoto_inside_02

Karada_sotokoto_cover_s_2

| | コメント (0)

2011.12.13

『自休自足』に書籍『からだ美人になる自然派レシピ』が紹介されました!

Jikyujisoku_bookreview_01

過去の関連記事:■ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 ■次の暮らしのデザイン

トランローグが企画・制作した書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』(JAグループ 家の光協会発行/10月27日発売)が第一プログレス『自休自足』2012年冬号で紹介されました。
本書レシピでこの季節におすすめなのが保湿効果抜群の『ユズの蜜蝋クリーム』。乾燥の気になるお肌をしっとりと保湿し、ユズの清々しい香りでこころのリフレッシュもできます。
その他季節ごとのレシピが満載の本書を是非ご一読ください!

Jikyujisoku_bookreview_02

Jikyujisoku_cover_s

| | コメント (0)

2011.12.06

『田舎暮らしの本』1月号に書籍『からだ美人になる自然派レシピ』が紹介されました!

Karadabijin_bookreview_01_5

過去の関連記事:■ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 ■次の暮らしのデザイン

トランローグが企画・制作した書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』(JAグループ 家の光協会発行/10月27日発売)が宝島社『田舎暮らしの本』2012年1月号の書評欄で紹介されました。
本書は身近なハーブと野菜をつかったセルフケアレシピを季節ごとに紹介。手づくり大好きな方や自然派志向の方、田舎暮らしの方にもおすすめの書籍です。是非、ご一読ください!

Karadabijin_bookreview_02

Inakagurashi_cover_s_2

| | コメント (0)

2011.10.27

書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』が10 月27日(木)に発売されました!

Cover_karadabijin

過去の関連記事:07■ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 02■次の暮らしのデザイン

書名   身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ
発行   2011年11月1日
監修   小林妙子(百姓魔女のセルフケア研究会主宰)
     村上志緒(薬学博士/トトラボ植物療法の学校代表)
発行所  JAグループ 社団法人家の光協会
仕様   A5サイズ 112ページ
企画制作 トランローグ有限会社
価格   本体1300円+税

自分のからだやこころを自身で管理し、健やかな状態に調えることをセルフケアといいます。最近ではテレビや雑誌などでも取り上げられ、広く浸透してきているようです。
本書では、ドクダミ、ヨモギ、オオバコ、タンポポ、スギナといった、日本でよく見られる野草(=身近なハーブ)と、手軽に手に入る野菜をつかって、からだとこころを健康にするセルフケアのレシピを紹介しています。
料理やドリンク、スキンケア用品、常備薬など……。春夏秋冬の4つの季節ごとに「お肌」「からだの中」「こころ」の3つの面から、自然の恵みを取り入れた飲・食・外用の48レシピを掲載。
自然派志向の方や、手づくりが大好きな方、高価な商品に頼らずセルフケアを楽しみたい方に是非読んでいただきたい書籍です。

Karadabijin_index_01

Karadabijin_index_02

| | コメント (0)

2011.10.21

書籍『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』10月27日(木)発売。自然のパワーを秘めた野草や野菜を生かした季節ごとの健康レシピを紹介!

私たちのまわりには、1年を通して実にさまざまな野草が見られます。ドクダミ、ヨモギ、オオバコ、タンポポ、スギナなど……。
これらお馴染みの野草たち。とても身近に生えているのでついつい見過ごしてしまいそうですが、実は私たちの心身に働きかけ、健やかで美しくしてくれるパワーを秘めています。
トランローグでは、身近な野草や野菜をつかった48の健康レシピを『身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ』にまとめ、JAグループ 家の光協会より10月27日(木)に発売します。
自然の素材を生かしてつくる、料理やドリンク、スキンケア用品、常備薬など……。からだの内側と外側から健やかになれる、飲・食・外用のレシピを季節ごとにまとめ、親しみやすいイラストとともに紹介しています。
監修は、植物の力を生かしたセルフケアを実践し、セルフケア研究会を主宰されている百姓魔女こと小林妙子さんと、薬学博士でトトラボ植物療法の学校代表の村上志緒さんです。どうぞお楽しみに!

過去の関連記事:07■ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 02■次の暮らしのデザイン
photo: Tranlogue Associates text: Shizue INOUE

■ドクダミ
Dscn6068_02_bg
ドクダミは、都内でも湿った日陰などでよく見られる野草。本書では、ドクダミの持つ美白効果を利用した化粧水や、美肌パックのつくり方を紹介します。

■ヨモギ
Dsc_0265_02_bg
ヨモギも道端や河原など、まわりを見回すといたることろに生えている身近な野草の代表選手。季節ごとに趣が異なり1年中活用できます。本書では、春の柔らかい新芽を楽しむヨモギの麩まんじゅうや、春ヨモギのフレッシュティー、リフレッシュ効果のある成分を利用した安眠呼吸法や安眠ひじ湯、安眠枕を紹介します。

■オオバコ
Dscn6087_02_bg_2
オオバコは、穂にできる種子が、湿気に触れると粘りが出て人の足について広がるため、人の往来の多いところでよく見られる野草です。葉には炎症を抑える働きがあります。本書では、皮脂と近い成分のマカダミアナッツオイルや蜜蝋を使ってつくるオオバコ軟膏を紹介。手軽に採取できるので、虫刺されや切り傷の常備薬として、一家にひとつ、つくってみては?

■タンポポ
Img_9364_02_bg_2
春に可愛らしい花を咲かせるタンポポ。本書では、根を乾燥、炒ってつくるタンポポコーヒーを紹介します。コーヒーのような香ばしさがありながらも、ノンカフェインでマイルドなので、妊婦さんも安心して飲めます。

■スギナ
Dscn6063_02_bg_2
スギナは繁殖力旺盛なシダ植物の一種。春に顔を出すツクシはスギナの胞子茎。ミネラル豊富で利尿作用にもすぐれています。本書で紹介する天ぷら塩やアイスクリームなどに混ぜて、さわやかな新緑の香りを楽しみながら、からだを調えてはいかが?

| | コメント (0)