« 2017年8月 | トップページ

2017.09.16

【無農薬有機肥料+手作業】 2017年 稲刈り&収穫祭 延期のご案内

Img_4053_02

▲過去の稲刈りの様子。動画で稲刈りの仕方を予習しましょう!
Dsc_0808
▲米づくし料理(2011年)

photo, movie & text: Tranlogue Associates


2017年も有機肥料・無農薬でありながら雑草のない水田を継続。また、今年は1人1年分の米づくりワークショップが地元睦沢町の体験型ふるさと納税の対象となりました。
トランローグは、今年もWWOOF方式※1によって100%無農薬+完全有機肥料+手作業による稲刈りワークショップ&収穫祭を開催します。
米づくりを体験したい方、将来自給自足に挑戦したい方はぜひご参加ください。災害に強く、景気に左右されない暮らしと社会のためにも、より多くの方々が自給の方法を体験し、実践し続けることは有意義なことと考えています。
初めて参加を希望される方も気軽にお問い合わせください。稲刈りについては原則として、安全を最優先し、きちんと作業のできる小学校高学年以上が対象です。
皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。


▼過去の稲刈り&収穫祭の様子は、次のページでご覧いただけます。
2015年(第7回) 2014年(第6回) 2013年(第5回) 2012年(第4回) 2011年(第3回) 2010年(第2回) 2009年(第1回)その1 その2 その3

記)

■目 的:収穫祭(収穫した米の試食)。共同作業の稲刈り体験。里山の保全・発展。都会と田舎、国や地域を越えたの交流
■日 時:9月24日(日)午前10時半頃から開催します。
■場 所:千葉県長生郡睦沢町。最寄り駅=外房線・上総一ノ宮駅
■参加費:無料(WWOOF方式 ※1)。主催者側でレクリエーション保険(傷害保険)に加入します。
■ワークショップ内容:
□稲刈り体験
□ハザ掛けによる自然乾燥体験
□足踏み脱穀機による脱穀(だっこく)~唐箕(とうみ)による選別~籾摺(もみすり)~精米までを体験。【希望者のみ。状況に応じて実施】
□収穫した米でつくった料理を食べていただきます。
 岩井第2営農組合さんによる、新米のつきたて餅も予定。
□参加者全員に新米約2合を持ち帰っていただきます。
□近隣の音楽愛好家、河野さんによるオカリナとクラリネットの演奏会
□岩井第2営農組合さんによる“新米3種食べ比べ”の販売(事前注文制)
■稲刈りと、オダ掛け(ハザ掛け)の持ち物と服装:
晴れても所々ぬかるんでいます。長靴をご持参ください。また、長袖長ズボン、帽子など、防虫と日射対策が必要です。鎌と手袋はこちらで準備します。また、タオルや着替えをお持ちいただくことをお薦めします。シャワーもご利用いただけます。
■予定の変更・中止:
台風その他、やむを得ない理由で本ワークショップを変更・中止する場合があります。予めご了承ください。
■参加申し込み・お問い合わせ:info@tranlogue.jp
9月19日(火)までにお申し込みください。

※1トランローグでは、WWOOF(Willing Workers On Organic Farms)方式によって、「田植えワークショップ」「稲刈りワークショップ」「セルフビルド・ワークショップ」を開催しています。
WWOOF方式とは、参加者から農作業などの労働力を提供いただく代わりに、有機・無農薬栽培による農作業のノウハウと食事や飲み物を提供する、相互扶助の仕組みです。

Img_2292_02

▲体験型ふるさと納税のきっかけとなった、“2016年・里山薪ストーブカンファレンス”については、こちらからご覧ください!



▶関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園

| | コメント (0)

2017.09.11

Join us! --- Paddy harvesting and harvest festival in Japan

Img_4053_02

▲Movie of last year's workshop
Dsc_0808
▲Meals full of harvested rice (2011)

photo, movie & text: Tranlogue Associates

Tranlogue will host a workshop of paddy harvesting and harvest festival in the style like WWOOF in September.
Our paddy is raised with pesticide-free production and 100% organic fertilizer.
In the workshop, we are going to harvest paddy rice by hand work.
You must join us if you are interested in Japanese culture, people and traditional harvest.
As a general rule, people aged 10 or above can participate in this workshop with participants' safety in mind.

For more information, please feel free to email us with any questions you may have. (info@tranlogue.jp)

-----Information-----
*Purpose
Rice harvest festival (tasting harvested rice), experience of paddy harvesting, conservation and regeneration of Satoyama (A border zone or area between mountain foothills and arable flat land), cultural exchange between city and country.

*Date
Sun. 24 September, 2017
Start around at 10:30 AM

*Venue
Mutsuzawa-machi (Mutsuzawa town), Chosei-gun (Chosei district), Chiba prefecture, Japan.
The Closest station: Kazusa-Ichinomiya Station on Sotobo Line ( 1 hour from Tokyo station by the limited express "Wakasio").

*Participation fee
Free [based on the style like WWOOF (*1)]

*Contents
-Paddy harvesting, hanging out to dry paddy rice.
-Husking with foot-operated machine, rice polishing, etc.
*The above work will be held only for those who are interested.
-Tasting harvested rice.
-You can take the polished rice as souvenir.


*Application and enquiry
info@tranlogue.jp
Please apply by 19 September, 2017

※1 Tranlogue holds workshops in the style like WWOOF. This is mutual cooperation system.
We offer participants the know-how for the farm work with pesticide-free production and 100% organic fertilizer, and give meals and drink in exchange for farm working by participants.

▶related articles:Workshop 01 米作り/家庭菜園 (cultivation of rice / kitchen garden)

You can see previous workshops.

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ