« 2017年6月 | トップページ

2017.07.21

【参加者募集!】里山交流会 「古民家の暮らし&酒蔵訪問」in千葉県睦沢町

Tranlogue_2

千葉県睦沢町で、里山交流会 「古民家の暮らし&酒蔵訪問」を開催します。新潟の古民家を移築したお宅は、とっても見応えアリ! 老舗の酒蔵でいただく日本酒もいいですよー。皆さん、お誘いあわせの上、お申し込みお待ちしてます!

※お早めにお申し込み下さい!先着順で、定員に達し次第締め切らせていただきます。

記)

古い住まいを大切にする古民家再生が注目されています。しかし、古民家についての情報が少ないのが現状です。
睦沢町には、町外から移住して古民家を大切にして暮らす方々がいます。今回は、古民家2軒と老舗の酒蔵を訪ねます。
お宅訪問では、土地探しから建物のこと実際の暮らしなど、直接お話を伺い、稲花酒造では、江戸時代に建てられた蔵の見学と試飲を予定しています。

【日時】2017年8月20日(日) 10:00〜16:00(予定) 
【対象】里山での暮らしに関心のある方/古民家建築に関心のある方/酒造に関心のある方/日本酒がお好きな方
【集合】10:00/JR外房線・茂原駅改札
【移動】全行程中型バスを利用
【見学先】
●Kさんのお宅:新潟の養蚕農家の曲がり家を移築リノベーション。8寸のケヤキの通し柱は、圧巻です。ハイセンスなインテリアも必見。
●Mさんのお宅:睦沢町の農家をリノベーション。「式台」と呼ばれる客用の立派な玄関を残しています。
●稲花酒造:江戸時代創業の老舗の蔵元。睦沢町の酒米でつくった「純米大吟醸・睦水(ぼくすい)」を2017年7月に発売。蔵の見学と試飲を予定。
Bokusuitaitle
【昼食】「カフェFURACOCO(furacoco-nuu.com/)」おまかせランチ(1500円)(参加費とは別料金)
【解散】16:00(予定)/JR外房線・茂原駅
【参加費】お一人様:3,000円〈バス料金500円+純米大吟醸「睦水」2,500円(お持帰り)〉  
【定 員】25名 ※先着順。定員に達し次第締め切り。

※【飲みながら親睦会】解散後、希望者のみで「飲みながら親睦会」を予定(参加費とは別料金/茂原駅近くの居酒屋を予定)。

【里山交流会ならびに親睦会へのお申込み】
下記URL先からお申し込みください。
https://goo.gl/forms/RxdNpxM0MAqTaqxX2

【企画】睦沢町役場 産業振興課、トランローグ・アソシエイツ

【お問い合わせ】
トランローグ(担当)友寄
info@tranlogue.jp
まで

| | コメント (0)

2017.07.07

梅雨の中休み? 早稲のフサオトメとモチ米から穂が出て花が咲き始めました!。

2017___02
2017___03
▲上写真手前から、コシヒカリ、フサオトメ、コシヒカリ、フサオトメ、モチ米の順。イノシシ除けのネットを周囲に張りました。入って来るなよ!(祈り)。
 下写真は、出穂して開花したフサオトメ。見えるかな?

photo & text : Tranlogue Associates


梅雨の中休みでしょうか? 暑さが一段と厳しくなる小暑かつ七夕の今日、トランローグワークショップの田んぼでは、早稲のフサオトメとモチ米から穂が出て花が咲きはじめました。例年より1週間早い出穂です。コシヒカリはあと1週間後くらいかな?
9年目の米づくりですが、毎年この瞬間は、安心感と幸福感に包まれます。
田植えに参加してくださった皆さん、ありがとうございます!

約4週間後には穂も出揃い、8月初めに田んぼの水を排水して、稲刈りの準備を始められそうです。

ところで、トランローグワークショップの田んぼでは、中干しをしません。無農薬栽培なので、雑草の繁殖を抑えるため、常に水を深く張っているからです。また、潮干狩り用の鋤簾(じょれん)で除草する際に稲の根を切ることで、稲はより深く根を張ろうとがんばります。結果的に中干しをしなくても台風でも倒れない丈夫な根になります。植物が吸収しやすいと言われる天然のリンを豊富に含む有機肥料も、稲を丈夫にしているようです。

『【体験型ふるさと納税対象】1人1年分の米づくりワークショップ』に参加し、田植え(4月30日 )の翌週から2週間おきに草取りしている大村さんと田中さんご家族! 今年も美味しい米が、たくさんできそうですよ!
イノシシ除けの防獣ネットも設置済みです。引き続きがんばりましょう!


関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ