« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016.04.15

Join us! --- Rice planting workshop in Japan

Tranlogue will host a workshop of rice planting in the style like WWOOF in Chiba, Japan.
In our workshop which goes in the 8th year, we continue to succeed raising rice with pesticide-free production and 100% organic fertilizer by hand work despite being considered impossible before starting the workshop.
You must join us if you are interested in Japanese culture, people and traditional planting.
For more information, please feel free to email us with any questions you may have. (info@tranlogue.jp)
Img_4566_02_2
Img_4541_02_2
Photos of last year's workshop.
Img_4579_02
Img_0250
We are going to make a toast with sparkling turbid "Sake" (Sake is Japanese rice wine) which is made from locally sourced rice. (Left photo: red turbidity derived from yeast / Right photo: white turbidity) Tranlogue engaged in the product development, naming of this sake, and also designed the package.
photo: tranlogue associates
-----Information-----
*Purpose
Rice planting experience, conservation and regeneration of Satoyama (A border zone or area between mountain foothills and arable flat land), cultural exchange between city and country.
*Date
Sun. 1 May, 2016
Start around at 10:30 AM (It is going to be postponed till the next day if it rains)
*Venue
Mutsuzawa-machi (Mutsuzawa town), Chosei-gun (Chosei district), Chiba prefecture, Japan.
The Closest station: Kazusa-Ichinomiya Station on Sotobo Line (1 hour from Tokyo station by the limited express "Wakasio").
*Participation fee
Free [based on the style like WWOOF (*1)]
*Qualification for participation
As a general rule, people aged 10 or above can participate in this workshop with participants' safety in mind.
*Content of work
Rice planting by hand work.
*What to wear
Please wear tight and soft high rubber boots (for rice planting) with shorts. Or wear two or three layers of socks not to get injured by stepping on a small branch and others. If wearing layered socks, please prepare grippy sole sandals for walking around a rice paddy. Please note that cloths and shoes will be likely to get dirty with mud. You would be better off bring extra cloths just in case.
*What to bring
Cup, fork, knife, chopsticks, plate etc.
*Change or cancel of the schedule
The schedule of this workshop is subject to change or cancel with unavoidable circumstances such as bad weather, etc.
*Application and enquiry
info@tranlogue.jp
Please apply by Mon. 25 April, 2016
(*1)  Tranlogue holds workshops in the style like WWOOF. This is mutual cooperation system. We offer participants the know-how for the farm work with pesticide-free production and 100% organic fertilizer, and give meals and drink in exchange for farm working by participants.
(*) We enjoy working in two to four hours with some breaks in this workshop.
You can see previous workshops on the following pages.
Let's learn rice planting in advance!
A length of rice seedling is about 20 cm.
Web_img_0579_04_c_en
Plant five rice seedlings at a spot.
Some textbooks instruct to plant three at a spot. But we make it a practice to plant five so as to avoid failure.
Web_img_0575_03_c_en
Plant rice seedlings in a depth of 5 cm (the length of second joint of a finger) under the soil holding base of seedlings.
Web_nae_good_01_2_c_en
Good example: Make a bundle of seedlings and plant vertically.
If most part of a leaf is out of water, rice plants can grow faster by getting lots of sunlight.
Web_nae_good_02_c_en
Bad example: Scattered seedlings are lodged by wind or water wave.
If seedlings grow at a tilt, they become an encumbrance to getting rid of weeds.
Web_nae_bad_01_c_en
Bad example: Must not plant most part of seedlings under the soil.
Rice plants grow extremely slowly or die if seedlings are planted deeper than the depth of their root and lower part of stalk under the soil.
Web_nae_bad_02_c_en

| | コメント (0)

2016.04.07

自然と生きる『パーマカルチャー菜園入門 第5版』改訂増刷のお知らせ

Perma_cover_3

Img_4430

▲タワー菜園

Img_1705_02_2
▲家庭菜園で米づくり

石油や原子力エネルギーに依存せず、自然エネルギーと生態系の活用をベースとする野菜作りの本が『パーマカルチャー菜園入門』。
おかげさまで2010年8月に発行以来、多くの読者にご支持いただき、5年半で第5版を増刷することができました。さらに、2013年3月には中国語版も出版されています。
今世界中でたくさんの人が、パーマカルチャーな暮らしに向かっているようです。
再版に当たっては、巻末リストの次の連絡先を更新しました。第4版以前をお持ちの方は、第5版でご確認ください。

【パーマカルチャー関連団体】
・NPO法人 パーマカルチャーセンター・ジャパン:ウェブサイトアドレス
・NPO パーマカルチャー関西:団体名の略称(追記)、住所(削除)、紹介文、ウェブサイトアドレス

・NPO法人 パーマカルチャーネットワーク九州:住所、電話番号、ウェブサイトアドレス、メールアドレス

・自然農園レインボーファミリー:紹介文、ウェブサイトアドレス

【取材協力】
・小林妙子(百姓魔女):ブログアドレス

是非一度、書店で手に取ってご覧ください。

書籍の詳細

関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 パーマカルチャー

| | コメント (0)

2016.04.05

2016年も“田植えワークショップ”と“1人1年分の米づくりワークショップ”を同時開催!

トランローグは、房総のワークショップにて、今年もWWOOF方式※1による“田植えワークショップ(田植え体験)”を開催します。米づくりを体験したい方、将来自給自足に挑戦したい方はぜひご参加ください。災害に強く、景気に左右されない暮らしと社会のためにも、より多くの人が自給の方法を体験し、実践し続けることはとても有意義なことと考えています。

今年で8年目ですが、当初は不可能と言われた“完全無農薬+100%有機肥料+手作業による米づくり”です。

初めて参加を希望される方も気軽にお問い合わせください。
皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

Img_4566_02_2
Img_4541_02_2
▲昨年の田植えワークショップの様子。 3つに分けた真ん中が“1人1年分の米づくりワークショップ”。

Img_4579_02
Img_0250

▲今年は、トランローグが商品開発から係り、ネーミングからパッケージなどのデザインを担当した「地元睦沢町の米でつくる微発泡にごり酒(白/酵母由来の紅)」で乾杯します。お楽しみに!

photo: tranlogue associates

“田植えワークショップ”開催要項
■目  的:田植え体験。里山の保全、再生。都会と田舎の交流
■日  時:2016年5月1日(日)朝10時30分頃〜(雨天の場合、翌日に順延)
■場  所:千葉県長生郡睦沢町。最寄り駅=外房線・上総一ノ宮駅
■参加費 :無料(WWOOF方式 ※1)
■参加資格:原則として、安全を最優先し、きちんと作業のできる小学校高学年以上が対象です。
■保  険:主催者側で、参加者に対してレクリエーション保険に加入します。
■作業内容:手植えによる田植え
■作業服装:短パンに田植え用ソフト長靴。あるいは、小枝などを踏んでケガをしないよう、靴下を2、3枚重ねて履いて田んぼに入っていただきます。靴下履きの場合は、田んぼの回りを歩く際に、汚れてもいい、滑りにくいサンダルを用意ください。上着は汚れても良い服装。念のため着替えも用意してください。
■持ち物:マイ・コップ、箸、皿など。
■今後の予定:田植えの後、草取り、稲刈り、脱穀などのワークショップを行います。そして、収穫祭では収穫したお米を食べていただき、また持ち帰っていただきます。
■予定の変更・中止:天気その他、やむを得ない理由で本ワークショップを変更・中止する場合があります。予めご了承ください。
■申し込み:4月25(月)までに、メールでお申し込みください。(食事などの準備のため、早目にお申し込みください。)
■申し込み・お問い合わせ:info@tranlogue.jp

※1トランローグでは、WWOOF(Willing Workers On Organic Farms)方式によって、「田植えワークショップ」「稲刈りワークショップ」「セルフビルド・ワークショップ」を開催しています。
WWOOF方式とは、人手の必要な農作業に協力いただく参加者から労働力を提供いただく代わりに、参加者へ農作業のノウハウと食事や飲み物を提供する、相互扶助の仕組みです。

※:当ワークショップでは、2〜4時間程度の時間内で、休憩を入れて楽しみながら作業しています。
「田植えワークショップ」は毎年ゴールデンウィーク最初の日曜日、「稲刈りワークショップ」は毎年敬老の日(9月第3月曜日)の前日の日曜日を予定しています。
以上)

過去の田植えの様子は、次のページでご覧いただけます。
2015年(第7回) 2014年(第6回) 2013年(第5回) 2012年(第4回) 2011年(第3回) 2010年(第2回) 2009年(第1回)その1 その2

▼“1人1年分の米づくりワークショップ”については、下記をご覧ください。

約15m×11mの田んぼ(下写真)で『1人1年分の米づくりワークショップ』を開催。
挑戦する個人、あるいはグループを募集します!
Img_4188_02_2
Workshop_schedule_201516_02
▲上の表は、作業日程の目安です。
米の収量は、日本人1人当たりの年間平均消費量の60kgを目指します(不作でも30kgは収穫可能と予想します)。
2015年の実績は、なんと精米後の白米で、75kgを超えました!
『1人1年分の米づくりワークショップ』への参加条件として、まずはトランローグが毎年行っている田植えと稲刈りワークショップに1年間(2回)参加いただきます。具体的な作業内容や日時、費用については、個別にお問い合わせください。
長い人生の半年間、貴重な米づくりにチャレンジしてみませんか?!
昨年の様子は、こちらから


苗の植え方を予習しましょう!

▼苗を準備します。苗1本は次の写真の大きさです。
Img_0579_04_c_02

▼1カ所に苗5本を植えます。
次の写真が苗5本分です。教科書には3本と書かれていますが、失敗を考え5本に。

Img_0575_03_c_02

▼苗の根元を持ち、根元を地面から約5cm(指の第2間接)の深さに植えます。
Web_nae_good_01_2_c_02

▼【良い例】苗を束にして、まっすぐ植えます。
葉は水没しても大丈夫ですが、水面から出ていれば、たくさん日光を浴びて(強い光りで)、より早く生長します。

Web_nae_good_02_c_02

▼【悪い例】バラバラな苗はダメ!
風や波に倒されやすく、斜めに生長すると、草取りの邪魔になります。

Web_nae_bad_01_c_02

▼【悪い例】葉まで地中に埋めてはダメ!
地中に埋めるのは根と茎の一部まで。極端に生長が遅いか、死んでしまいます。

Web_nae_bad_02_c_02

関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »