« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015.10.26

【100%無農薬+完全有機肥料+手作業】 2015年 稲刈り&収穫祭リポート!

Img_5264_02
Img_5279_02
Img_5353_02
Img_5346_02

photo, movie & text: Tranlogue Associates

去る9月20(日)、トランローグは房総のワークショップで「有機無農薬による米づくりを楽しみたい方」「将来自給自足に挑戦してみたい方」を対象に、「稲刈り体験」「収穫した新米の試食」「里山の保全・再生」「田舎と都会の交流」を目的として、WWOOF(労働と、食事や宿泊場所の交換)方式で稲刈り体験と収穫祭を行いました。
このページでは、横浜、東京・・・茂原ほか各地から集まっていただいた30名を超える参加者による“米づくりワークショップ”と、今年の新たな試みである“1人1年分の米づくりワークショップ”の様子をリポートします。

米づくり6年目の昨年、ようやく「100%無農薬+完全有機肥料+手作業」による米づくりに成功。今年は要領も分かりスムースにできた反面、田植えを行ったGWから猛暑日が続いたせいか、例年になく早くから雑草が繁茂しました。その後8月半ばまでは暑さが続き、順調に稲が生育しましたが、その後一転して雨が続き気温も上がらず、収穫祭当日も田はぬかるみ、参加者の皆さんにとっては難しい稲刈りとなりました。
2時間で田んぼの半分の面積を刈り取るのは無理か?!と心配しましたが、皆さんの稲刈り技術の熟練と集中力で完遂。主催者を含め、素人ばかりの稲刈りでこれほど早くきれいに、しかもハザ掛けで2週間雨ざらしにしても倒れたり落下しなかったのは、お見事!というほかありません。
参加者の皆さん、本当にありがとうございます。

“1人1年分の米づくりワークシップ”では収穫を完了し、次は脱穀、選別、精米へ。
今年最大のトピックは、“1人1年分の米づくりワークシップ”。幅15m×長さ11mの田んぼで田植えから草取り、稲刈り、そしてハザ掛けまでを行い、日本人が1年間に食べる平均的な量と言われる1俵(60kg)の収穫を目指しました。初めての試みでしたが、市川から参加の坂本さんを代表とするチームで取り組み、こちらもハザ掛けまで見事に完遂されました。

TPP対策として日本の米づくりは、大規模化による低コスト・低価格化、あるいは高付加価値化が叫ばれています。しかし、トランローグの食糧戦略は正反対。多くの人が、1人で1年分の米を涼しい顔をしてつくれるようになることです。
参加者の皆さんも主催者も、かなりいい感じになってきました!

冬の間、水を張って雑草の根や種を凍らせた「冬季潅水(かんすい)田んぼ」の稲を刈りました。田んぼの端は、連日の雨と山からの湧き水でぬかるみ、大変でした!
Img_5241_02
Img_5248_02
Img_5257_02
Img_5280_02
Img_5286_02
Img_5244_02
Img_5243_02
Img_5242_02
Img_5266_02
Img_5254_02
Img_5245_02_2
Img_5256_02
Img_5259_02
Img_5255_02
Img_5349_02
▲稲刈りを終え、ハザ掛けされた稲。これを美しいと感じるDNAがあるのでしょうか? 毎年毎年、何度見ても見飽きることはありません。

1人1年分の米づくりワークショップ参加者のメンバーは、すでに収穫しハザ掛けして天日乾燥を終えた稲の脱穀、選別、籾摺り、精米を行いました。初めての作業はコツをつかむまでが一苦労。
Img_5250_02_2
Img_5261_02
Img_5345_02
Img_5352_02
Img_5344_02
Img_5346_02
Img_5338_02
▲1人1年分の米づくりワークショップ参加者に“仮終了証書兼技術レベル認定証”を授与。技術レベルは、初段。精米まで完了した段階で正式な証書と交換します。

建築家のご主人とイラストレーターの奥様。橋下さんの音頭で「乾ぱーい!」。収穫祭の始まりです。新米中心の料理や、新米から搾った濁酒(どぶろく)を楽しみました。
Img_5322_02
Img_5290_02
Img_5302_02
▲河上さんがつくってくれた「グレープフルーツのゼリー(左)」と、佐藤さんがつくってくれた「スモークチキンとスモークチーズ(右)」

Img_5323_02
Img_5328_02
Img_5333_02
Img_5324_02
Img_5325_02
Img_5336_02
Img_5334_02
Img_5335_02
Img_5341_02

参加者全員に、今年収穫した新米約2合を配りました。
Img_5356_02 Img_3043_02

恒例の記念撮影に気づいたのは、多くの参加者が帰った後でした。ごめんなさい! そして、来年もよろしくお願いします。
Img_5362_02

▼過去の稲刈り&収穫祭の様子は、次のページでご覧いただけます。
2014年(第6回) 2013年(第5回) 2012年(第4回) 2011年(第3回) 2010年(第2回) 2009年(第1回)その1 その2 その3

▶関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園

| | コメント (0)

2015.10.07

《2015年10月》 CEATEC JAPAN 2015で見つけた次の暮らしのデザイン

Ceatec2015_1_4_2
photo & text : Kazuko TOMOYORI + Tranlogue Associates

2015年10月7日(水)〜10日(土)、千葉県幕張メッセにて『最先端IT・エレクトロニクス総合展CEATEC JAPAN 2015』が開催されます。当展示会は、WEB事前登録者と招待券持参による登録者は入場無料。10/10(土)の最終日は全ての方が入場無料。 ※18才以上の方は要入場登録。開催に先立って前日の6日、メディアコンベンションが実施され、メディアを通して次の暮らしをデザインするトランローグは、各出展社を訪ね最新技術を取材してきました。

HONDA
Ceatec2015_98

Ceatec2015_1_3
▲燃料電池自動車のコンセプトカー「Honda FCV CONCEPT」と、燃料電池自動車(FCV)からAC出力を可能にする外部給電器の市販予定モデル「Power Exporter 9000」が世界初披露されました。「Hondaはつながる」をテーマに、高圧水電解システムを採用するHonda独自のコンパクトなスマート水素ステーション(SHS)で「つくる」、新型FCVのコンセプトカーで「つかう」、FCVからコミュニティや家庭へ電力を供給し外部給電器で「つながる」を紹介。災害時には、FCV車からの電力が直ぐに活用されることを想定し、Hondaの考えるスマートコミュニティのかたちを提案しています。

タイコ エレクトロニクス ジャパン
Ceatec2015_1_5
▲電子部品の接続技術において世界をリードするグローバル企業のTE Connectivity。電気自動車のパフォーマンスの向上に貢献。高温、激しい振動、水やオイルがかかる過酷な条件下でも優れた品質と性能を発揮しています。今回の展示は、「エンジン音がないF1」として注目を集めている、電気自動車(EV)によるアンドレッティ・フォーミュラEのテストカー。TE Connectivityは、フォーミュラEに参戦しているアンドレッティチームのスポンサー及び公式技術パートナーになっています。

Ceatec2015_6_1
▲そのTE Connectivityの注目技術が、非接触で、電源や信号の接続を可能にする「ARISO Contactless Connectivity」。過酷な環境であっても、近距離での電力、データ、および信号の伝送ができて、接続の自由度を向上させます。今回のデモ機の展示では、前回の3mmより距離ができて7mmまで可能に。この技術は車関連だけでなく、他の分野からも広く注目を集めているとのことでした。

SHARP
Ceatec2015_62

Ceatec2015_84
▲2016年前半に発売される予定のモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」。ロボットクリエイター高橋智隆氏(株式会社ロボ・ガレージ代表取締役)と共同で開発。二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては、とても小さく(高さ約19.5cm)、ポケットや鞄などに入れて手軽に持ち運べます。携帯電話の基本機能の他に、小型プロジェクターも搭載。音声対話で操作できるので、ロボットと会話するようにコミュニケーションが可能。プライベートはもちろん、仕事で使えば、社内外のコミュニケーションを飛躍的に活性化してくれそうです。

Ceatec2015_36

Ceatec2015_52
▲表示領域にあわせた自由な形状のディスプレイが可能になった「フリーフォームディスプレイ」。去年に引き続き車載用途への提案が展示されていました。デモ機の美しいグラフィックスに思わず目を奪われました。

Ceatec2015_38
▲こちらは、更に周辺部に従来のジョグダイヤルを配置し、直感的な操作が可能な提案。

Ceatec2015_87

BOE
Ceatec2015_81

Ceatec2015_22

Ceatec2015_76
▲中国の若いパネルメーカーBOE。色使いの多い他ブースとは違ったミニマルな雰囲気で思わず足を止めます。驚いたのは中のパネルには10Kの表示。デザインも洗練されていて、数年後の中国のデザイン力が、楽しみです。

三菱電機
Ceatec2015_6
▲2015年上海に完成した高さ632メートルの128階建て「上海中心大厦」は、世界2位の超高層ビル。このビルに設置された三菱電機のエレベーター3台が、分速1080mで、世界最高速を誇っています。

Ceatec2015_7
▲今回の展示では、世界最高速なのに揺れが少ないというこのエレベーターを体感することができます。

Ceatec2015_1_2

Ceatec2015_13

Ceatec2015_11
▲こちらは、3次元センサーを搭載したタブレット PC で、空間を高速・高精細に 3D画像化する「3 次元モデル再構成技術」による室内空間再構成デモ。空間の計測が簡単にスピーディに行えるので、人が入れない場所や見えない場所への応用が期待されます。

オムロン
Ceatec2015_4
▲昨年話題になった「卓球ロボット」の進化版。人の返球方向や強さの情報から自らの返球軌道を瞬時に予測し、予測軌道と落下点を卓球台に事前表示することで人を支援・アシストします。今回このロボットの名前を募集中。オムロン出展ブースや特設WEBサイトにて受け付けています。

富士通
Ceatec2015_66_2

Ceatec2015_68
▲靴から得たデータを活用していく「次世代センサーシューズ」。

Ceatec2015_65
▲空中で文字を手書き入力できる「指輪型ウェアラブルデバイス」。片手で機械や点検用の工具を操作しながら、もう片方の手だけで文字や数字などの入力することを想定し、2015年度中の実用化を目指しています。

Panasonic
Ceatec2015_25_2

Ceatec2015_28
▲「心地いいニッポン、美味しいニッポン」がコンセプトの家電シリーズ「Jコンセプト」。和をイメージし、筆文字が吊り下げられています。

関連記事■次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »