« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015.09.27

ワークライフバランスとワークプレイス先進企業、cybozuを訪ねました。

Img_1248_02
Img_1247_02
Img_1219_02
▲あらゆる情報を共有することでバーチャルオフィスを実現する、グループウェアの先進企業cybozu(サイボウズ)は、アクセスのよさや企業が集積する地の利を生かし、東京オフィスを文京区後楽から東日本橋タワーへ移転しました。
先端的なイメージのセキュリティーゲートを通って28階の受付へ。

photo & text: Motohiro SUGITA + Tranlogue Associates Inc.


2015年9月8日(火)『平成7年度第1回東京都ワークライフバランス推進企業ツアー』に参加しました。
ワークライフバランスは、仕事にも家事・育児・介護などにも責任をもちながら自己実現することのようです。ワークプレイスは、9時から5時(深夜?)まで在席する従来のオフィスばかりでなく、在宅オフィスや外出先まで、ICTを駆使して仕事ができる環境のすべてを指すようです。
在宅勤務やサテライトオフィスを導入し、仕事(社会ワーク)と家庭(家族/ 個人ワーク)の充実を追求するトランローグは、ワークライフバランスとワークプレイスの先進企業cybozuを訪ねました。


Img_1239_02
Img_1231_02
▲受付の先には、『サイボウ樹パーク』と命名された待ち合わせコーナー。入口から自由でオープンイノベーションな雰囲気がいっぱいです。cybozuは、cyber(電脳)と坊主の造語とか。

Img_1240_02
Img_1245_02
▲カンファレンスルームの入口ドアは、貼って剥がせる葉っぱで季節感を演出。鏡の壁には「多様性、団結、チームワーク」といったスローガン。クリエイティブな雰囲気や、個を尊重する一体感に共感です。

Img_1228_02
Img_1227_02
Img_1222_02
Img_1229_02
Img_1225_02
▲自席を固定しないフリーアドレスの執務空間と、固定された個人ロッカー。執務空間とガラスでひと続きのカフェ。青野社長も自室を持たないそうです。
cybozuでは、社員のライフスタイルに合わせて9つのワークスタイル(3つの時間×3つの場所)に分類し、雇用/ 就労契約や報酬と関連させているそうです。
そもそも同社がワークスタイル変革を目指したのは、離職率の高さからでした。時代の先端をいくICT業界では、シリコンバレーでさえ、ワークライフバランスを導入しなければ会社が存続できない、とまで言われることがあります。
『副業(複業)OK!』『育自分休暇OK!』など、独自のワークスタイル変革を通して、一時期28%まで上昇したcybozuの離職率は、今では5%程度に止まっているそうです。

Img_1223_02
Img_1224_02
Img_1226_02
Img_1237_02
Img_1235_02
Img_1236_02
▲様々な打ち合わせコーナーや会議室、自販機コーナーまで。毎日、毎回、違う場所で仕事したい、と思わせる展開です。

関連記事■次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

2015.09.03

Join us! --- Paddy harvesting and harvest festival in Japan

Img_4053_02

▲Movie of last year's workshop
Dsc_0808
▲Meals full of harvested rice (2011)

photo, movie & text: Tranlogue Associates

Tranlogue will host a workshop of paddy harvesting and harvest festival in the style like WWOOF in September.
Our paddy is raised with pesticide-free production and 100% organic fertilizer.
In the workshop, we are going to harvest paddy rice by hand work.
You must join us if you are interested in Japanese culture, people and traditional harvest.
As a general rule, people aged 10 or above can participate in this workshop with participants' safety in mind.

For more information, please feel free to email us with any questions you may have. (info@tranlogue.jp)

-----Information-----

*Purpose

Rice harvest festival (tasting harvested rice), experience of paddy harvesting, conservation and regeneration of Satoyama (A border zone or area between mountain foothills and arable flat land), cultural exchange between city and country.

*Date
Sun. 20 September, 2015
Start around at 10:30 AM

*Venue
Mutsuzawa-machi (Mutsuzawa town), Chosei-gun (Chosei district), Chiba prefecture, Japan.
The Closest station: Kazusa-Ichinomiya Station on Sotobo Line ( 1 hour from Tokyo station by the limited express "Wakasio").

*Participation fee
Free [based on the style like WWOOF (*1)]

*Contents
-Paddy harvesting, hanging out to dry paddy rice.
-Husking with foot-operated machine, rice polishing, etc.
*The above work will be held only for those who are interested.
-Tasting harvested rice.
-You can take the polished rice as souvenir.


*Application and enquiry
info@tranlogue.jp
Please apply by Mon. 8 September, 2015

※1 Tranlogue holds workshops in the style like WWOOF. This is mutual cooperation system.
We offer participants the know-how for the farm work with pesticide-free production and 100% organic fertilizer, and give meals and drink in exchange for farm working by participants.

▶related articles:Workshop 01 米作り/家庭菜園 (cultivation of rice / kitchen garden)

You can see previous workshops.

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »