« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014.10.21

植物工場〜ICTを活用したモデルハウス型栽培施設〜を見学しました。

Img_2575

photo & text: Kazuko TOMOYORI + Tranlogue Associates

2014年10月16日、社団法人 日本冷凍空調工業会が主催する「植物工場千葉大学拠点施設見学会」に参加しました。
つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅近くにあり、農林水産省の「モデルハウス型植物工場実証・展示・研修事業」として、2009年に計画され2011年から本格稼働しています。モデルハウス型とは、住宅展示場のように、施設ごとにコンセプトを持って実証している展示のこと。栽培方法から、設備、建物、コントロールシステム、研修の受け入れ、商品の販売など、丸ごとパックになってプレゼンテーションされ、まるでハウスメーカーの規格商品住宅のようです。あるモデル施設は、中国向けに販売が始まっているとのこと。モデル施設の多くが、海外展開を見据えた技術の確立を目指しています。
なお、モデル施設には、太陽光を利用する「太陽光植物工場」と、太陽光を利用せず人口光のみを利用する「人工光(閉鎖型)植物工場」の2つがあります。

海外需要の高い「無農薬栽培」「節水栽培」「周年栽培」。
植物工場に高い注目が集まる理由の一つに、無農薬野菜への需要の高まりがあります。中国やアジアの一部の国では、野菜についた農薬を洗い落とすための洗剤まで売られている昨今、無農薬で洗わずに食べられる葉もの野菜に関心が集まっています。また、断熱性の高い施設には、暑すぎて葉もの栽培が不可能な中東や、冬に新鮮な野菜が欲しいロシアなどの寒冷地、また栽培に必要な水分も大幅に節約できるとあって、水不足が深刻な地域からも注目を集めています。

ヒートポンプとICT制御
さて、こちらの施設は、これまでのビニールハウス栽培と何が違うのでしょうか?
これまでの日本の施設園芸では、例えば溶液栽培の場合、面積当たりの収量が、オランダトマトの3分の1ほどしかなかったとか。この差を日本の技術で埋めていこうというのが基本。共通する主な技術は、ヒートポンプ機器(エアコンに代表される、冷媒を用いて空気の温度を上げ下げする機器)の活用とICTによる環境制御。どちらも日本が得意とするものです。環境制御で収量をアップさせ、ヒートポンプ活用でランニングコストを低減させるというもの。さらに、雨水利用が基本です。地下水を利用しないことで、土地ごとに異なる養分による生育の違いを避け、ユニバーサルに展開するためとか。同時に、地下水の保全は、環境保全につながります。なお、人工光利用の閉鎖型工場では、雨水を通して微生物が侵入するのを避けるため水道水を使います。ただし、工場内部で出る植物などからの蒸散水を浄化し、再利用するなど、通常の50分の1の水量にまで抑えられる超節水型だそうです。

施設内では900ものセンサで計測
Img_2582
見学前には、千葉大元学長でNPO法人植物工場研究会理事長の古在先生直々の講義がありました。施設内には約900のセンサーがあり、各種データを1分毎に計測しているとか。換気、送風、冷暖房、CO2施用、溶液、除湿、細霧発生、遮光などを機器で制御しています。これらのパラメータ(生育に係わる要因)と、気象や市場の価格などを見ながら計画生産を試行しているそうです。

Img_2583
プロジェクトには、当初60社が参加し、その後も35社が加わり、本プロジェクトへの関心の高さが伺えます。

多段型人口光利用のレタス工場
Img_2585
サイン看板にある10段栽培型の人口光利用のレタス栽培の植物工場は、ちょうど入れ替え時期のため今回は見学することはできませんでした。サイン看板には、本プロジェクトに参加する大手電機メーカーの名前が並んでいます。今日は、先生の後ろに写っている発泡スチレンでできた個性的なドーム型のレタス工場を見学します。

Img_2588
阿蘇ファームランドが運営する、この人工光利用型(完全閉鎖型)の植物工場は、エアーシャワーのあるクリーンルームで、洗わなくも食べられる無農薬レタスが栽培されています。ヒートプンプを利用して風を送り込み湿度を制御することで、葉の気孔の開閉を誘発し、効率的にCO2を吸収できるように管理しています。風を強く当てれば葉にはパリパリ感が出て、風をゆるくすると柔らかく食べやすいものに、といった食感もコントロールできるそうです。

Img_2587
厚さ200mmの発泡ポリスチレンでできた断熱性の高いアーチ型ドームの植物工場。

Img_2591
常時3人程度で作業。種まき、収穫、袋詰めなどを行います。

完全閉鎖型で苗づくりを行うトマト工場
Img_2602
次に見学したのは、トマト工場。

Image3
「柏の葉キャンパス」ブランドのトマト。

Img_2592
栽培で大切なトマトの苗づくりを完全閉鎖型の室内で行います。この後、別棟の太陽光利用施設に植え替えます。苗を無農薬で育てられるので、全体として農薬使用回数を大きく減らせるそうです。ただし、ICTで栽培管理していても、担当者によって不良品率は、大きく変わるとのこと。この差を縮めていくのが、データ分析の課題だそうです。

カンと経験を、ICT化
天候や台風などの災害に大きく左右される従来の農業には、安定的に収入を得ることが厳しい、といった一面があります。カンと経験に頼っていた技術を、日本の得意なICT技術でデータ化し、解析・活用したり、また、異業種間コラボにより新たな視点を発明に変えることで、日本の「農」が一大産業として発展する予感がしました。

関連記事■『スマートコミュニティ Japan 2014』で見つけた、2つの日本の未来

| | コメント (0)

2014.10.08

EUのモダンでハイエンドなインテリアデザインに出合える展示会「european design」2014【リポート第2弾】

Web_2014_interior_cover

Web_dsc_0941_04_2

Web_dsc_0852_03

photo & text: Shizue INOUE

会期:2014年3月26日(水)、27日(木)

会場:シェラトン都ホテル東京

主催:欧州連合

3月26日、27日の2日間、EU加盟国から43社が来日し、インテリアの展示会「european design」(www.europeandesign.jp)が開催されました。この展示会は、EUの優れた技術やデザインを日本に紹介するプログラム「EU Gateway Programme」(www.eu-gateway.jp)の一環として行われているものです。トランローグは、本展示会のブランディングとプロモーションデザインを担当しています。デザイン家具、インテリアアクセサリー、テキスタイル、照明、テーブルウェア、陶器など、ヨーロッパのデザイントレンドに触れられる貴重な機会です。前回に引き続き、今回は第2弾として21社をリポートします。

■KriskaDECOR(クリスカ デコール)|スペイン

Web_dsc_1063_02

Web_dsc_1065

デザイン性の高いメタルカーテンやパーテーションを製造しているKriskaDECOR。何色ものチェーンを組み合わせて絵柄をつくり出したカーテンは、空間の仕切りや装飾など多用途に使用できます。陽極酸化アルミを用いているため軽量かつ耐食性、耐摩耗性に優れています。オリジナルの絵柄やショップのロゴを取り入れるなど、カスタムオーダーも可能です。

■Lavmi(ラブミ)|チェコ

Web_dsc_1057_02

Web_dsc_1061_02

幾何学模様やシンプルな絵柄をモチーフにした、個性溢れる壁紙が揃うLavmi。2009年に市場に参入した、比較的新しいブランドです。やわらかな配色が多く、和室に取り入れても面白そうです。Lavmiの壁紙は、不織布材料にプリントされ、ポリ塩化ビニルや重金属は一切含んでおらず環境に優しい素材とのこと。壁紙でつくられたランプシェードや、クッション、テーブルクロスなどのインテリアアクセサリーもラインナップしています。

■Le Jacquard Français(ル・ジャカール・フランセ)|フランス

Web_dsc_1111_02

Web_dsc_1117_02

Le Jacquard Françaisは、織りによって模様をつくり出す、ダマスクリネンを得意とするフランスの老舗テキスタイルメーカー。フランス国内外の一流店で取り扱われ、世界3,000国以上で取引をしているそうです。テーブル、キッチン、バスルーム向け製品を数多く揃え、目が覚めるような美しい発色と上品な図柄が魅力です。現在はCollectionとLJF byという2つのラインを提供しています。

■Lindsay Alker Fabrics & Wallpapers(リンジー アルカー ファブリックス&ウォールペーパー)|英国

Web_dsc_1118_02

Web_dsc_1119_02

Web_dsc_1120_02

シルクスクリーンのハンドプリントによる、壁紙やファブリックを提供する英国のブランド。手彫りの木版によるパターンは、あえて不揃いな風合いと意図的な粗っぽさを残しています。英国出身のテキスタイルデザイナーLindsay Alkerがデザインするパターンと、手彫りの風合いが素朴でどこかノスタルジックな印象を生み出しています。ナチュラルでシンプルなインテリアにマッチしそうです。

■Luxmader(ラクスマダー)|スペイン

Web_dsc_1136_02

Web_dsc_1138

屋内・屋外用のブラインドを製造するスペインの企業、Fusta Blindsによるブランド。木製や布製、革製のベネチアンブラインド、バーチカルブラインド、屋内・屋外用シャッター、スライド式パネルなどを扱っています。

■Mantas Ezcaray Desde 1930(マンタス エスカライ デスデ 1930)|スペイン

Web_dsc_1008_02

Web_dsc_1011_02

上質なモヘア製品を中心に、モヘアとウールやカシミアなど天然素材を組み合わせた製品を製造しています。淡い色彩から鮮やかな色彩まで揃いますが、いずれもモヘアのやわらかな風合いにより、優しい印象でインテリアを彩ります。

■[more]( [more])|ドイツ

Web_dsc_0977_02_2

Web_dsc_0979_02_2

ドイツの家具メーカー[more]は、ミニマルで飽きのこないデザインが特徴です。上写真の『DRIP』は、アルミ構造のシンプルな3本の脚に天板を組み合わせたテーブル。下写真の『Corbo Low』は、ドイツの『Interior Innovation Award 2011』で受賞した『Corbo』の姉妹シリーズ。快適性は大切にしつつ、『Corbo』よりも背もたれをやや低く、軽量化してコンパクトにしています。脚はクルミやオーク材の突き板、アルミ。シート部は革やファブリックからセレクトできます。

■NATURTEX(ナチュルテックス)|スペイン

Web_dsc_1123_03

Web_dsc_1126_02

NATURTEXは、カーペットやラグ、インテリアファブリック、モジュラーパネルなどを主に製造しています。素材は綿、ラフィア、サイザル麻、木材繊維、ポリウレタン、革などさまざま。プロジェクトに応じたカスタムオーダーも可能です。

■PUNT(プント)|スペイン

Web_dsc_0974

Web_dsc_0975_02

スペインの家具メーカーPUNTは、「建築作品に溶け込む製品」をモットーに、すっきりとしたデザインの機能的かつ合理的な家具をデザイン・製造しているとのこと。上写真の『Ernest/ Ernesta』は、天板の一部を引き上げると、収納スペースが表れます。この製品は、ドレッサーの用途を再解釈したものだそう。下写真の『Mai Tai』は、非常にシンプルな構造のワゴン。基本的なフォルムのパーツを組み合わせて、スタイリッシュな印象に仕上げています。カラーバリエーションは17種類。

■räder(レダー)|ドイツ

Web_dsc_1076_02

Web_dsc_1079

インテリアアクセサリーやギフト小物などを数多くラインナップするräder。中でも質感を活かしたニュートラルカラーの製品は、上品で清潔感のある印象が魅力です。同社の製品には、レッド・ドット・デザイン賞を受賞したものもあるとか。下写真は、アルファベットや数字をかたどったペーパーボックス。ギフトはもちろん、オーナメントとしてインテリアに手軽にアクセントを添えられます。

■REMEMBER®(リメンバー)|ドイツ

Web_dsc_1080_02

Web_dsc_1081_02

Web_dsc_1084_02

REMEMBER®は、カラフルな配色に黒をポイントに取り入れた、個性的なインテリアアクセサリーをラインナップ。モザイクや幾何学模様の組合わせなど、インパクトがあり遊び心に溢れています。高いデザイン性が評価され、世界中の著名なデザイン賞を数多く受賞しているそうです。

■Secto Design(セクト・デザイン)|フィンランド

Web_dsc_0930_02

Web_dsc_0932_02

Secto Designは木製の照明器具を専門に製造する、フィンランドのブランド。北欧らしい、普遍的な魅力を持つデザインが特徴です。下写真の『Aspiro 8000』は、バーチ材のシェードがスパイラル形状になっており、重みでゆるやかに下がっています。

■Serax Collections(セラックス コレクションズ)|ベルギー

Web_dsc_0901

Web_dsc_0899

Web_dsc_0896_02

25年前に花器や鉢などの製造からスタートしたSerax Collections。現在ではオリジナルのグラスウェアやテーブルウェア、ティーライトキャンドルなど、4,000点にものぼるインテリアアクセサリーを展開しています。Serax Collectionsの信条は、「革新的な製品を適正価格で提供すること」。最新トレンドをひたむきに見つめ、フローリストやインテリアショップのニーズに確実に対応しているそうです。

■soonsalon(スーンサロン)|オランダ

Web_dsc_1087_02

Web_dsc_1088_02

毎年遊び心に溢れた製品に出合える、オランダのインテリアアクセサリーブランド、soonsalon。今年は互いを無限につなげられるコースター『Zesch』が登場。周囲にある鉤型のデザインにより、複数つなげればフライパンや鍋なども置けます。竹をレーザーカットしており、カットしたエッジ部分は黒く、ほどよいアクセントになっています。

■Steklarna(ステクラルナ)|スロヴェニア

Web_dsc_0904_02

Web_dsc_0910_02

150年以上最高級のガラス製品を製造してきたSteklarna。高度な技術による特殊ガラス包装、ガラス製品、手作り製品を製造しています。Steklarna製のボトルを使用している企業には、ヘネシー、ハイネケン、カールスバーグなどが名を連ねています。上写真の『SPEAK』は、グラスの底面が三角錐状になっており、テーブルに置くとコマを回すように揺れを楽しめます。コースターの片面には三角錐にフィットする凹みがあり、もう片面はキャンドルホルダーとして使用できます。

■TineKHome(ティネ K ホーム)|デンマーク

Web_dsc_1094

Web_dsc_1089_03

デンマークのブランドTineKHomeの製品は、アクワイアード・テイスト(経験を重ねるにしたがって、次第に好きになるテイスト)が特徴。キッチンやバス関連製品などのインテリアアクセサリー、テキスタイル、照明、家具などさまざまなアイテムが揃います。オリジナル製品をはじめ、ベトナム、モロッコ、インドなど海外で見つけたユニークな製品も。北欧らしい暖かで居心地のよい空間づくりができます。

■uccellino(ウチェリーノ)|ドイツ

Web_dsc_1096_02

Web_dsc_1104_02

Web_dsc_1097

小型家具やインテリアアクセサリーを主に製造するuccellino。上写真の『CASA uccello』は、ステンレスとオーク材を組み合わせた鳥のための餌箱。こんなエレガントな餌箱で、バルコニーを訪れる鳥を眺められたら素敵なひとときを過ごせそうです。中写真は石をカットしてつくられたプレートやボウル類。下写真の棚は棚板が可動式になっており、シンプルながら機能的。インテリアオブジェとしての存在感も感じさせます。

■Vallila Interior(ヴァリラ インテリア)|フィンランド

Web_dsc_1128_02

Web_dsc_1131_02

Vallila Interiorは1935年に創業した、テキスタイル、ラグ、壁紙のデザインに定評のある企業。ファブリックは、すべてシルクスクリーンによるものだそうです。植物をモチーフにした緻密な絵柄が特に印象的で、個性的な配色と相まってインパクトのある空間づくりができそうです。

■Vascolari(ヴァスコラーリ)|イタリア

Web_dsc_0948_02

Web_dsc_0947

通常、焼却・廃棄の対象とされる、ヤシの木などの無垢材をリサイクルして活用し、屋内外向けインテリアアクセサリーや家具を製造しているVascolari。製品はすべてハンドメイドでつくられています。写真のキャンドルコレクションは、材料の全てにおいて天然素材を使用。キャンドルは100%生分解性で、ヴァニラやホワイトムスク、ハチミツなどの香りも楽しめます。

■Vincent Sheppard(ヴィンセント シェッパード)|ベルギー

Web_dsc_0983

Web_dsc_0984_02

Vincent Sheppardは、紙を編み込むロイドルームと呼ばれる製法の家具を扱う高級ブランドです。ベーシックなデザインからモダンなデザインまで豊富にラインナップしています。紙と言っても、丈夫で座り心地も快適です。Vincent Sheppardのロイドルーム家具は、世界50か国以上で販売されているそうです。

■Wenko Wenselaar(ウェンコ ウェンゼラー)|ドイツ

Web_dsc_1071_02

Web_dsc_1074_02

Web_dsc_1072_02

タオルやドライヤーのホルダーなど実用性の高いアイテムを扱うWenko Wenselaar。特にバスルームのタイル壁などに穴を開けることなく、各種ホルダーを取付けられる『VACUUM-LOC』シリーズは、質実剛健というドイツ製品の特徴が表れているようです。仕組みは次の通り。ホルダーのベース部分を壁面に当て、ベース中央の穴に付属のポンプ式『Vacuum-Loc adapter』を差し込み、壁面とベースの間の空気を抜いて真空状態にします。これでホルダーをセットすれば、33kgの耐荷重が実現できます。ほかに、特殊な粘着パッドで耐荷重40kgになる『Turbo-Loc』シリーズ。付属の特殊な接着剤で耐荷重80kgになる『Power-Loc』シリーズなどがあります。

▶2014年■"european design"vol. 1の記事はこちら

▶2013年■"european design"vol. 2の記事はこちら

▶2013年■"european design"vol. 1の記事はこちら

▶2012年■"european design"の記事はこちら

▶2011年■"european design"の記事はこちら

▶2010年■"european design"vol. 2の記事はこちら

▶2010年■"european design"vol. 1の記事はこちら

▶2009年■"european design"vol. 2の記事はこちら

▶2009年■"european design"vol. 1の記事はこちら

関連記事:EU Gateway Programme 次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

2014.10.01

三菱電機新商品発表会で見た次の暮らしのデザイン

Web_img_3918_02

photo, movie, text: Shizue INOUE + Tranlogue Associates

2014年8月26日(火)、東京ビッグサイトにおいて三菱電機株式会社が開催した『三菱ルームエアコン新商品発表会』ならびにBtoB向け『暮らしと設備の総合展』の新商品内覧会を取材しました。
同社のルームエアコン『霧ヶ峰』の新商品として、Zシリーズ12機種が10月下旬から順次発売されます。新機種では、センサーの位置を従来の本体中央から端へと移動し、360°センシングし部屋をくまなく見守る『ムーブアイ極』を搭載。気流を届ける左右のフラップを使い分け、体の冷えている部位をセンサーで検知して直接温めながら、同時に一方のフラップで窓からの冷気をカットします。窓からの冷気をカットすることで、体感温度が上がりエアコンの設定温度を下げることが可能とのこと。快適性の実現がエコにもつながる、これからの暮らしに注目したい機能です。
詳しくは次の、イメージキャラクターである、モデル・女優の杏さんと、同社エアコン設計担当者とのトークセッションをご覧ください。

Web_img_3934_04
▲『暮らしと設備の総合展』の新商品内覧会にて。写真は『三菱HEMS』展示ゾーン。三菱電機は同日、スマートハウス関連事業に本格参入することを発表。2015年度に『三菱HEMS』および関連機器の売上300億円を目指すとのこと。

Web_img_3936_02
▲EV(電気自動車)用パワーコンディショナ『SMART V2H』。EVとPV(太陽光発電システム)、電力会社からの電力の3つの電力の同時使用を可能にした世界初※のモデル。(※2014年7月31日発売時点)

Web_img_3989_03

Web_img_39903992
▲サイクロン式掃除機『風神』。ゴミを吸引する際の風とゴミを分離する構造で、排気の臭いを抑制。従来はブラシの中心部一ヵ所からゴミを吸い込む構造だったのに対し、2ヵ所に吸い込み口を設けることで、ブラシ全面でしっかりゴミを吸引できるように(下写真左)。ブラシにからまった髪の毛やゴミは、回転ブラシを引き抜くだけで、内蔵カッターにより楽に除去できます(下写真右)。

Web_img_4012_02
▲4K対応のレーザー液晶テレビ『REAL 4K』。液晶パネルのバックライトに赤色レーザーを採用し、鮮やかな広色域を実現。また、音にもこだわり、DIATONE サウンドシステムを搭載。本体左右に配置したシリンダー型スピーカーは高音域から重低音域までカバーし、映画館のような迫力あるサラウンドで臨場感豊かな音を楽しめます。

Web_img_4020_03
▲従来の白色LEDバックライト(写真左)では色がやや浅い印象なのに対し、赤色レーザーを採用したモデルでは(写真右)、RGBのうち赤の光源をレーザーで独立させ、色純度の高い赤を再現。青・緑は赤色成分を完全除去したLEDにより、純度の高い青・緑を実現。RGB全ての色純度が高いため、色を重ねても中間色の影響を受けず、鮮やかかつ表現できる色の幅も広がります。

Web_img_4027_02
▲別売のタニタ製体組成計で計測したデータをBluetoothe通信で転送し、体重や体脂肪率、筋肉量、BMIなどの計測結果をテレビに表示。テレビ内蔵のハードディスクにデータを保存できるため、手軽に健康管理ができます。(※写真は2Kモデルのテレビ)

関連記事■次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »