« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013.08.23

EUのモダンでハイエンドなインテリアデザインに出合える展示会「european design」2013【リポート第2弾】

Web_2013_interior_cover_02


Web_dsc_0322_06

Web_dsc_0621_03

Web_dsc_0623_02_mono
photo & text: Shizue INOUE

会期:2013年6月5日(水)、6日(木)

会場:ヒルトンホテル東京

主催:欧州連合

6月5日、6日の2日間、EU加盟国から37社が来日し、インテリアの展示会「european design」(www.europeandesign.jp)が開催されました。この展示会は、EUの優れた技術やデザインを日本に紹介するプログラム「EU Gateway Programme」(www.eu-gateway.jp)の一環として行われているものです。トランローグは、本展示会のブランディングとプロモーションデザインを担当しています。デザイン家具、インテリアアクセサリー、テキスタイル、照明、テーブルウェア、陶器など、ヨーロッパのデザイントレンドに触れられる本展示会のリポート第2弾として、今回は19社を紹介します。

■Lincasa(リンカーサ)|リトアニア
Web_dsc_0567_02

Web_dsc_0564_02
Lincasaはリネン(麻)の本場、リトアニアのブランド。リネンコットン、リネンウール、ジャガード織やプレーンなハーフリネンのファブリック、テーブルクロスやナプキン、カーテンなどのホームテキスタイル、ベッドリネン、そしてメンズやレディースのパンツ、ブラウス、ジャケットなどを製造しています。落ち着いた色合いで、温かみのあるアイテムが揃っています。

■Lindsay Alker Fabrics & Wallpapers(リンジー アルカー ファブリックス& ウォールペーパー)|英国
Web_dsc_0453_02

Web_dsc_0451_02
イギリス出身のテキスタイルデザイナーLindsay Alkerによる同ブランドは、シルクスクリーンを用いたファブリックと壁紙を製作しています。リネンとブリティッシュウールの扱いに熟練した職人によって、ハンドプリントで印刷されています。木版を手彫りし、意図的に粗っぽさを表現して風合いを出しているそうです。上写真の左から3番目のパターン「Nook Beach」と下写真の「Battle Great Wood」は、ウィリアム・モリスが主導したアーツ・アンド・クラフツ運動からインスピレーションを得たLindsay Alkerの代表的なプリント、とのことです。

■LinenMe(リネンミー)|リトアニア
Web_dsc_0457_02

Web_dsc_0461_02

Web_dsc_0462
LinenMeは、テーブル、バスルーム、キッチン向けのリネンを中心に、さまざまなインテリアアクセサリーやベッドリネンなどを製造しているリトアニアのブランド。同ブランドが大切にしていることのひとつとして、最高の品質をリーズナブルな価格で提供しているそうです。リネンならではの、使い込むほどに味わいの出る風合いはもちろんのこと、ハイセンスでナチュラルな色合いも魅力です。

■Mantas Ezcaray Desde 1930(マンタス エスカライ デスデ 1930)|スペイン
Web_dsc_0592_02

Web_dsc_0591_02
Mantas Ezcaray Desde 1930は、創業1930年の老舗ブランド。モヘアと他の繊細な天然素材をミックスした新しいデザインによる、ブランケットやマフラーなどを製造しています。なかでもモヘアを得意とし、その強度、柔らかさ、光沢、白さで評価を得ているそうです。製造においては自然と環境に配慮しており、その品質とデザイン、華やかな色使いで高く評価されています。

■melin tregwynt(メリン トレグィント)|英国
Web_dsc_0599_02

Web_dsc_0601_02
英国ウェールズ最西端の海岸、ペンブロークシャーコースト国立公園内に位置するmelin tregwynt。インテリアやファッション向けにウェールズの伝統的な二重織り織物を製造しています。幅広織やドビー織を得意とし、伝統的な織りと現代的な色やデザインをミックスした製品作りが特徴です。家族経営による100年以上の歴史があり、現在は24人のスタッフが、5台の織り機を駆使して上質な製品を生み出しているそうです。

■NATURTEX(ナチュルテックス)|スペイン
Web_dsc_0586
NATURTEXは、カーペットや室内装飾ファブリック、モジュラーパネルおよびモジュラーカーペットを製造しています。紙繊維とステンレススチールなど異素材を組み合わせたり、伝統と革新の融合や最新トレンドの採用などで、独自性のある製品を生み出しています。プロジェクトやスペースに合わせたオーダーメイドにも対応しているそうです。

■O living(オー リビング)|ドイツ
Web_dsc_0542_02

Web_dsc_0543_02

Web_dsc_0546_02
フラワーアーティストのDetlef Klattによって2003年に創設されたブランド。花瓶、鉢、装飾品など、植物を暮らしに採り入れるための製品を展開しています。植物への情熱にあふれたコレクションのすべては、彼自らがデザインと製品化を手掛けていると聞いて納得です。製品のすべてはハンドクラフトにより、ファイン・ボーン・チャイナ、木材、真珠貝、ステンレススチール、真鍮、天然石など最高品質の素材が使われています。

■OCTAVIO AMADO(オクタヴィオ アマド)|フランス
Web_dsc_0331_02

Web_dsc_0335
照明の設計と製作をすべてフランスで行っているOCTAVIO AMADO。製品は、現代的で情緒のあるデザインを特徴としています。上写真中央の「smoothy collection」シリーズは建築家から高い評価を受けており、図書館やレストラン、玄関ホールなどで広く採用されるほか、ヨーロッパ全域にわたって多くの新しい公共建造物のインテリアとして使われているそうです。

■roomsafari(ルームサファリ)|ドイツ
Web_dsc_0395

Web_dsc_0403

Web_dsc_0396
roomsafariは、くつろぎの空間を演出するホームアクセサリー、家具、照明の製作と販売を行っています。上写真の「lucky clover」は、四葉の形のループを利用した傘立て。長傘はループ部分へ入れて、折り畳み傘はスタンド上部に掛けて使用できます。中写真の「turntable & record」は、テーブルトップにあるレコードのようなシートを差し替えることでバリエーションを楽しめるサイドテーブルです。下写真の「c.lamp」は、ライトとクランプが一体化した製品。どれもシンプルだけれど遊び心を兼ね備えているのが魅力です。製品はすべてベルリンで考案、製造されています。

■SANCAL(サンカル)|スペイン
Web_dsc_0524
布張り・革張り家具と補助家具の製造メーカーSANCALは、ソファ、アームチェア、ソファベッド、ベッド、椅子、ベンチ、スツール、テーブル、インテリアアクセサリーを製作しています。本展示会では、4種類の家具をすべてオレンジ系で統一。それぞれの家具のモダンなフォルムと相まって目を引く展示でした。

■SANTA & COLE(サンタ & コール)|スペイン
Web_dsc_0553_02

Web_dsc_0557_03
スペインのSANTA & COLEは、インテリア照明と家具、書籍、都市照明と調度品、都市緑化向けの樹木という4分野で製品を展開しています。上写真の「Sin」はシェードを外しても使用できる照明です。光源はLEDで、シェードの形状に沿って、円形状に小さなLEDライトが埋め込まれています。写真のテーブルタイプのほかに、ペンダントタイプもラインナップ。下写真の「Blanco White」シリーズ「R1 table rotating」は、土台部分をトレーとして使用できる照明です。照明部分はLEDライトが埋め込まれ、角度調節が可能です。

■Sempre(センプレ)|ベルギー
Web_dsc_0379_02

Web_dsc_0376

Web_dsc_0372
Sempreは、オーク製やチーク製の家具、ハンドメイドのガラス製品、ラタン製の家具やバスケットなどを製造しています。有機的なフォルムの花器やキャンドルホルダーなどは、リビングを彩る植物とも調和し、独創的で美しい世界観を醸し出します。

■Soonsalon(スーンサロン)|オランダ
Web_dsc_0500_02

Web_dsc_0489

Web_dsc_0492_02
遊び心満点のSoonsalonは、暮らしを楽しく彩る製品が豊富です。上写真のブランケットをレザーバンドで留めたデザインがユニークなスツール「Rubens sur le voyage」は、座面がポリウレタンコーティングされた発泡体で出来ており、一見固そうに見えますが、座ると優しくからだが沈み込みます。中写真の全身ロープで覆われた等身大の犬、その名も「DOG」は、なんと猫の爪研ぎ。ライバルに向かって思う存分ストレス発散できます。下写真の壁から部屋の中へと疾走する馬「Equus」は、3Dプリンタで製作された壁面を飾るインテリアアクセサリー。どれも思わず笑みがこぼれてきそうな製品ばかりです。

■The Just Slate Company(ザ ジャスト スレート カンパニー)|英国
Web_dsc_0430_02

Web_dsc_0434_02
スレートを素材としたランチョンマットやコースター、サービングトレイ、ケーキスタンドなどのテーブルウェア製品を中心に取り揃える英国のブランド。製品はひとつひとつ、スコットランドのファイフにある工場で手作りされているそうです。シックで高級感のあるスレート製品で、ダイニング空間がぐっとグレードアップしそうです。

■tossB(トス ビー)|ベルギー
Web_dsc_0508_02

Web_dsc_0502_02
tossBは、スタイルと機能性を両立させたミニマルデザインが特徴の照明ブランド。製品のほとんどはアルミニウムを素材としています。カラー展開は、グレー、黒、白で、要望により、それ以外の色も対応可能だそうです。ユニークさを兼ね備えたシンプルモダンな照明は、住宅、商業空間それぞれに幅広く対応できそうです。

■uccellino(ウチェリーノ)|ドイツ
Web_dsc_0362_02

Web_dsc_0369_02

Web_dsc_0370_02
uccellinoは、主に小型家具、リビングアクセサリー、卓上製品を製造するドイツのブランド。上写真は、ユーズドのジーンズをすっぽりかぶせた花瓶「BOYFRIEND」。昨今のトレンドである、インテリアとファッションの融合を実現した、スタイリッシュなアイテムです。中写真の「LOLEC ART」は、色みの異なる木材を何層にも貼りあわせ、カッティングにより独創的な模様が浮き上がります。下写真は、Sisalagaveという植物(リュウゼツランの一種)が木化して固くなった、その幹を生かした花瓶「TINDAYA」シリーズ(写真奥)とキャンドルホルダー「DAYA」シリーズ(写真手前)。この植物は一生に一度しか花を咲かせず、時には花を咲かすのに数十年かかることもあるとか。年月をかけて、強い日差しと塩分の多い空気にさらされた風合いと、自然の造形美を楽しめます。

■Vascolari SRL(ヴァスコラーリ)|イタリア
Web_dsc_0358_02_2

Web_dsc_0356_02
Vascolari SRLは、焼却や粉砕の対象になっている無垢材やその他の天然材料を生かした、屋内外のインテリアアクセサリー、家具を設計・製造しています。独自の木彫り技術でひとつひとつ彫り上げた製品。木材を焼成してシックな印象に加え機能性も高めた製品など。どれも自然が作り出した美しさを生かしながら、さらに魅力ある製品へと仕上げています。キャンドルは100%生分解性でリサイクルも可能。原料の蝋、香料、芯もすべて天然素材とこだわり抜いています。

■XXD(XXD)|ドイツ
Web_dsc_0383_02

Web_dsc_0385_02

Web_dsc_0392_02
インテリアアクセサリーや家具、ライフスタイル製品を提供するXXD。上写真の「shanty」は、ヨットをモチーフとしており、竹製のコースターを器の内側、外側のどちらに敷いてもさまになります。中写真もすべて船をモチーフとしている竹製アイテム。barkasse(写真手前)はトレー、schärenkreuzer(写真中央)とriva(写真奥)はカッティングボードです。下写真のchoptrickは、スティック状の9つの竹でできたコースター。上に置くものによってスティックの数を自在にまとめられ、鍋やフライパンなど大ぶりなものにも対応できます。

▶2012年■"european design"の記事はこちら

▶2011年■"european design"の記事はこちら

▶2010年■"european design"vol. 2の記事はこちら

▶2010年■"european design"vol. 1の記事はこちら

▶2009年■"european design"vol. 2の記事はこちら

▶2009年■"european design"vol. 1の記事はこちら

関連記事:EU Gateway Programme 次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

2013.08.08

《2013年6月》Intrior Lifestyle Tokyo『インテリア ライフスタイル』商談見本市で見つけた次の暮らしのデザイン【リポート第3弾】

Img_2870_02
Img_2857_02_2

photo, movie & text: Motohiro SUGITA

2013年6年5日(水)~7日(金)、東京ビッグサイト西ホールにおいて、Interior Lifestyle Tokyo『インテリア ライフスタイル』が開催されました。

メディアを通して次の暮らしをデザインするトランローグは、第3弾としてユニークなアイデアが光る出展社。圧倒的なアイテム数で家まるごとコーディネートするLAURA ASHLEY HOMEなどを紹介します。
なお、本展はB to B/商談見本市であり、一般来場者は入場できません。ご注意ください。

■Gita | DI CLASSE
Img_2827_02
スプーンとフォークがシェードになった照明「Gita(ジータ)」。素材はホワイトバーチ(白樺)なので、ダイニングをはじめ、家庭からカフェまで楽しく柔らかな雰囲気のインテリアにぴったり。本物のシルバーを使ったハイエンドなイタリアの照明など、同様のアイデアはありますが、Gitaは12,000円(税別)と、圧倒的に家計にやさしい照明です。

■マルミツ陶器

毎度同じコメントですみません。今年もマルミツ陶器が魅せてくれました! いや、今年のテーマは「チュニジアのリゾート」と、例年以上に先鋭化しているようです。チュニジアの海岸沿いに佇む板壁の小屋。その中に足を踏み込むと、白や濃淡様々なブルーを基調に、キッチンとダイニングが再現されていました。食器やテーブルウェアで、ここまで世界観がつくれるんですね。

■堀江陶器
Img_2837_02
Img_2834_02
長崎県波佐見をベースに陶磁器の企画販売を行う堀江陶器と3人のインテリアスタイリスト、雑貨プランナーで展開しているブランドが「h+(エイチ・プラス)」。上写真はマットなのに滑らかな質感が特徴の「プレスコップ」と「プレスボウル」。富士山のように見える2トーンも楽しいですね。下写真は、小鳥と止まり木をイメージしたおちょこと徳利。その名も「止まり木」。いずれも洗練されたスタイルや素材に、遊び心が花を添える逸品です。

■デニム幸来織|株式会社 幸来織
Img_2839_02
Img_2841_02
江戸時代から岩手で受け継がれる「裂き織」を現代に生かし、様々なアイテムに展開したのが「さんさ裂き織」。今回特に目を引いたのが「デニム幸来織 PANORECHE」。裂き織のデニムを、バッグやランプシェード、エアクリーナーのカバーにまで展開しています。ファッションとインテリアのコラボレーションが世界的なトレンドですが、「デニム幸来織 PANORECHE」も先端を走っているようです。

■FONDUE Bar | NOUVEL® SWITZERLAND
Img_2842_02

チーズフォンデュなど、フォンデュ料理を囲むダイニングに必要な機能を1セットに。テーブルからコンロ、鍋やフォークはもちろん、グラスやパンを保温するバスケット、ワインクーラーまで組み込んだ優れものです。日本でもカフェやパーティーで注目を集めそうです。

■T-tree® | MacMä

上下対称のティーボトル。上からステンレスストレーナー(茶漉し)をセットしてお茶やコーヒーを入れ、ふたをしてひっくり返し、お湯を注いでいただきます。パーツを分解してボトルの中まで洗いやすい点が、衛生的で女性に人気とか。ユニークで実用的なアイデアもさることながら、感じのいい男女がやさしく実演してくれる点も好感。ブランドイメージにとって人の印象も、とても重要なんですね。

■BOiNG|灰一株式会社
Img_2845_02
Img_2846_02

フレキシブルウレタンという柔らか素材による洗面ボウルは、世界初とか。スペイン製で、個性の異なる洗練された4種類のフォルムと、10種類のカラーバリエーションをラインナップ。空間をスタイリッシュに演出しながら、しかも柔らかい素材が安心感を与えてくれる今までにない洗面ボウルは、大人から子どもまで毎日を楽しくしてくれそうです。耐熱温度は70℃、お手入れ方法は付属の「お手入れ方法」を参照とのこと。

■MAGUS
Img_2847_02

台湾をベースに展開しているMAGUS。竹を中心に、インテリアにマッチするシンプルなファブリックを組み合わせた様々なアイテムを展開。それぞれのアイテムには、なるほど、と思わせる便利で楽しいアイデアが隠されています。

■TOWA | 株式会社 東和製作所
Img_2848_02

東京大田区をベースに展開する東和製作所は、1938年に創業した永久磁石加工のパイオニアとか。なお、永久磁石が産業界で活躍したきっかけは、1917年に本多光太郎博士がKS鋼を発明したことだそうです。今回、同社はオフィスや店舗、家庭などに向けて、ピンやフックから、バッグ、システム家具、肩こり解消用まで、様々なアイテムを提案しています。永久磁石だけに注目した、新たな世界が見えてきました。

■Ehon|神戸意匠操練所
Img_2854_02
Img_2852_02

「玩具店に併設する、子どもと親がデザインを学べる場所」が神戸意匠操練所。そして今回、絵本の世界をテーマに、子どもたちを通して気づいたことを雑貨や家具に表現したそうです。植物を生けることでウシやシカに変身する花瓶「animal」。本をめくるように楽しめる机「book」など。子どもにも、子ども心にも響くアイテムがラインナップされていました。

■design works Wacca
Img_2860_02
Img_2858_02
東京目黒区をベースに展開するデザインワークスワッカは、空間デザイン、建築設計を基本としたものづくりを行うデザインスタジオ。上写真は、ファッションのようにインテリアを楽しむ、天然素材にこだわる上質なものづくり、そしてメイドインジャパンをデザインポリシーとする同社による、居場所をつくるラグ「ZAPPETO」。中心がくぼんだ座布団のようなラグは、居心地のいい空間をつくり出してくれそうです。

■茶酒カップ|CiCHi Afterain Design Studio
Img_2862_02
茶器として茶をいただき、逆さまにすれば酒をいただくグラスとしても使える面白いアイテム。素材は耐熱アクリルとか。台湾のデザインを日本に紹介する「In Taiwan In Design」ブースで見つけたブランドです。茶や酒で客人をもてなす台湾伝統のスタイルかと思いきや、当地でもユニークなアイテムとのこと。

■Soul Mate | Amorim Cork Composites + Matceramica
Img_2866_02

ポルトガルから出展。コルク製造の世界的リーダーAmorim Cork Compositesと、ポルトガル最大の陶器メーカーで、ヨーロッパ最大級のテーブルウェアメーカーでもあるMatceramicaとのパートナーシップから生まれたSoul mate。コルクと陶器のコントラストもさることながら、陶器のカラーバリエーションが魅力的。特に、かすかにブラウンやパープルを感じさせるダークグレイは、何とも奥深い雰囲気を醸し出していました。

■lucie kaas
Img_2870_02_2
Img_2868_02
Img_2867_02

lucie kaasは、同名のデザイン会社を中心に、北欧のミッドセンチュリーのアイテムを復刻しています。上写真からノルウェーで最も成功したデザイナーの1人Arne Clausen Collectionのポスター。次はポスターにも描かれたロータス食器コレクション。色もパタンも大胆でシンプルなのに、やさしく親しみを感じさせるデザインです。次は人形型のエッグスタンド。同一のフォルムに豊富な絵付けのバリエーションが、コレクション心をそそります。

■DAN PROJECT
Img_2877_02
Img_2875_02_2
Img_2876_02

「DAN PROJECT」は、heimtextilのトレンドセッターとして、ヨーロッパ以外から初めて選出された南村弾さんによるアーティスティックでいい感じの素材とカラーが印象的。写真奥のカーテンなどを想定したファブリックは在庫品。写真手前のラグやクッションカバーなどは受注品とか。今年も「CARL HANSEN & SON」の名作チェアとコラボレーション。

■LAURA ASHLEY HOME
Img_2883_02
Img_2879_02
Img_2880_02
Img_2881_02
LAURA ASHLEYは、1953年ロンドンで誕生した英国のライフスタイルを提案するブランド。花柄のプリントが有名ですが、現在では女性的で上品なイメージはそのままに、トレンドを取り入れたコンテンポラリーで上質なスタイルを展開しています。
200種類以上の生地からつくるオーダーメードカーテンをはじめ、ソファやテーブル、キャビネットからベッドまで、家具のコレクションも充実。また、キッチンやリビング、子供部屋からオフィスまで、住空間のすべてをコーディネートするデザインサービスも提供しています。
圧倒的なアイテム数で様々な空間をコーディネートするLAURA ASHLEY HOMEの展示は、インテリア ライフスタイル展示会場で、最もインテリア企業らしい展示の1つでした。

▶リポート第2弾はこちら
▶リポート第1弾はこちら

▼動画他デジタルブック『2012年 "インテリア ライフスタイル" で見つけた次の暮らしのデザイン』をダウンロードしてお楽しみください!
Interiorlifestyle_2012_cover_05
価格:FREE

次のリンク先のファイルをダウンロードしてお楽しみください。


▶ダウンロードはこちらから

(PDF形式)
再生にはAcrobatまたはAdobe ReaderのVer.9以降が必要です。
【デジタルリポート・掲載ブランド】
Cafe Lamp / da / DAN PROJECT / green supermarket* / h x TAKUMI / Handy Nuts / JAPAN STYLE CAFE / KAMIMINO / KENJI FUKUSHIMA DESIGN / Kenland Linen / KIRMON / nasta / nocosanai chawan ノコサナイ茶碗 / OSORO / PRISTINE / PRUBONE / ROYAL FURNITURE COLLECTION / SiP.s / tokyobike / totemap / wasara / YO no BI / Yoshihara / 東屋 / 鹿沼組子 / 真岡木綿 / こまもり / 自在トリムSINCOL® x mt / 椿うるおい / 日光の手前 鹿沼の すごい 木工 / マルミツ陶器合資会社 / 無水鍋® / 洛中高岡屋

▼動画他デジタルブック『Tokyo Design Month 2012|東京デザイン月間で見つけた次の暮らしのデザイン』をダウンロードしてお楽しみください!
Tokyo_design_month2012

価格:FREE

次のリンク先のファイルをダウンロードしてお楽しみください。


▶ダウンロードはこちらから

(PDF形式)
再生にはAcrobatまたはAdobe ReaderのVer.9以降が必要です。
【デジタルリポート・掲載ブランド】 ▶▶▶IFFT/ Interior Lifestyle Living▶▶▶ +nm|西清マテリアル株式会社/AR,TEE'S/ARMCHAIR 403|Artek/AUN2H4/CONDE HOUSE|株式会社カンディハウス/DAN PROJECT|NEED’K/DISTRICT EIGHT|株式会社関家具/DONGURI|株式会社飛鳥工房/Echo Panel|grège/extremis|TISTOU Co.,Ltd.
/Faux Arts Design/feelt/ furnish|DESIGN HEART/FIELD CANDY, Mero Wings®|DETAIL/GETAMA DANMARK A/S|Danish interiors/ideaco/JYUMOKU|DESIGN CLUB PERSIMMON/Kamiwan|浅倉紙業株式会社/karimoku|カリモク家具株式会社/KIORI|株式会社イシモク/KUMI-TSUGI|駒田健治/Leaf Thermometer|h concept/ligne rose®|dream bed/LOST+FOUND|有限会社ファクトリー・ツール/lucano|長谷川工業株式会社/motchu|株式会社大島東太郎商店/MOVING STAND|株式会社浅野デザイン研究所/ORIGINAL BTC ENGLAND| SEMPRE/Page/ Chair|6474/REN BLOCK|大森謙一郎/RUSSETY|山口産業株式会社/Serena™|株式会社SHY/SHOWROOM FINLAND/SKINTEX®|合同会社シーラカンス食堂/STAGUE ONE| 株式会社トレステック/Timbre/UMENODESIGN/WOODNOTES/yuugi|京朋株式会社/ZIKMU Parrot BY S+ARCK|モダニティ株式会社/石巻工房/木村硝子店/小泉屋/十川アトリエ/ TIMBER COURT|山形県/匠工芸/柒+ |NANAPLUS/檜創建株式会社/優箱|株式会社三協/簾(REN)|株式会社ネオス▶▶▶DESIGNTIDE TOKYO 2012▶▶▶ DESIGN SOIL/DMY Berlin/emmanuelle moureaux/Food Work/MONOLITH | ナトコ株式会社+鈴木啓太/ORISHIKI, ori-con β | N&R FOLDINGS/portrait in chair | 早川明男/rabbit hole/ritardan-do/SAKAN LAB. | bril/see-saw 2nd collection/tilde _object 01 | inframince▶▶▶TOYO KITCHEN STYLE 2012|SUNSET in VENEZIA▶▶▶ トーヨーキッチンスタイル 2012

関連記事■次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

2013.08.02

東京の玄関口、東京駅で『東京おもてなし』を!

Img_2103_02
Img_2057_02
Img_2139_02

photo & text: tranlogue associates

2012年10月、東京駅丸の内駅舎は1914年竣工当時の姿に復刻され、2014年に100周年を迎えます。今回は東京の玄関口、東京駅丸の内口にある東京ステーションホテルを訪ね、東京おもてなしの今を探してきました。

Img_2119_02
▲東京ステーションホテル2階の通路から丸の内南口を見下ろす。宿泊客はもちろん料飲利用のヴィジターも、100年前の空間を静かに体験できます。リベット(金属製の鋲)を露出させた鉄骨のトラス(三角形を連続させた構造体)が新鮮です。前掲のホテルエントランスのH鋼(断面がH型の鉄骨)は、100年前のインテリアとイメージでつながっていたんですね。

Img_2118_02
▲丸の内南口吹き抜け(南ドーム)の2階からレストランエリアへ。バラの花柄のパネルは、こちらもアイアン(鉄製の構造物)つながりですが、H鋼や鉄骨トラスより洗練されてエレガントな印象に。おもてなし感が盛り上がります。

Img_2114_02
▲2階レストランエリア最奥、フレンチのLE RESTAURANT Blanc Rouge(ブラン ルージュ)。オープン前には外国人需要を期待した、とのことですが、東日本大震災の影響でしょうか、昼間は中高年女性グループ。夜は日本人ビジネスマンといった客が主流とか。徐々に外国人ヴィジターも増えているそうです。また、客のなかで予想外に多いのが、かつて東京ステーションホテルで結婚披露宴を行った中高年カップル。また最近では、男性が女性にプロポーズする場所として利用されているとか。スタッフも喜んでプライベートなサプライズイベントに協力していますが、そのとき決まって女性は涙するそうです。おもてなしの専門家冥利に尽きる瞬間ですね。

Img_2065_02
▲レストランのテーブル脇の窓から、京浜東北線や山手線をウォッチ。駅ならではのリアルな場面ですが、レストランにあっては気の利いたおもてなしです。

Img_2111_02
Img_2056_02
Img_2057_02
▲ランチメニューの1つ『マルセイユ風ブイヤベースをブラン ルージュ仕立てにして』。ブラン ルージュではブイヤベースを、3回に分けてサービスします。1品目は地はまぐり、帆立、ムール貝をそれぞ味も食感も異なる調理法で。2品目はブイヤベースの旨味を凝縮した濃厚スープを、まるでエスプレッソのようにデミタスカップできゅっといただきます。そして最後、3品目は国産伊勢海老、かさご、ほうぼう、的鯛、こち、すずきといった6種類の魚を一気に。ニンニクの利いた絶品自家製マヨネーズが、味覚を目覚めさせてくれます。フレンチの定番ブイヤベースを、会席料理のように小鉢に分けてサービスする感覚は、異文化をミックさせる東京おもてなしならでは、と言えそうです。

Img_2137_02
Img_2126_02
▲ホテル正面入り口やレセプションに近接するTHE LOBBY LOUNGE。イギリス調のクラシックなインテリアとのことですが、数種類のソファをミックス・アレンジしている様子は今風でクール。外からガラスのパネル越しに見る落ち着いた雰囲気もいい感じです。1日平均の乗車人員が40万人を超える(※)駅のすぐ隣には、こんな居心地のいい空間があるんですね。(※JR東日本HPより)

関連記事:08■東京おもてなし

| | コメント (0)

2013.08.01

『田植え&日本のハーブを愉しむワークショップ2013』に参加いただいた竜田さんから素敵なメッセージが届きました。

Photo_2
田植え体験2回目。腰を意識して、すいすいと作業出来たことがとても楽しく、そして田植えの動きが身に付いていく感じが、なにより嬉しかったです。

ハーブのワークショップでは、講師の村上さんとお話することができて、とても良かったです! 動画もテロップ入りですごいですね! 楽しい時間がよみがえります。今、あらためて「からだ美人~」の本を読み返しています。(赤シソビネガー!今年初めて作りました。美味しいですね。毎日飲んで夏バテしらずです!)
▶詳しくは:からだ美人になる自然派レシピ

田んぼの雑草や、稲熱病も心配ですね。近くだったら、もっと草取りなどのお手伝いに夫と行きたいところです。。私達が借りている畑も、雑草との戦いです。
しかし、ここ最近はスーパーで夏野菜を買わなくてすむほどの収穫。ありがたいことです。

イラスト&コメント:竜田麻衣さん


【ワークショップ管理人より】
おかげさまで今年も収穫の時期を迎えることができました。
ワークショップの田んぼでは、早場米の「フサコガネ」から、そろそろ稲刈りをはじめます。
今年の収穫祭は、9月15日(日)です。みなさん、今年もよろしくお願いします!

▶関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »