« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.12

"ASIAN POWER OF LIGHT" で見た、日・中・韓・タイの照明と今、昔。

Img_1989_02_2

text: Motohiro SUGITA

2012年11月10日(土)10: 30〜19:30、東京デザインセンター・ガレリアホールにて開催された、円卓会議・照明楽会によるトークイベント「照明力特別企画 ASIAN POWER OF LIGHT」を訪ねました。

内原智史さん、東海林弘靖さん他、円卓会議・照明楽会の3名をホストに、中国からQi HonghaiさんとZhang Xinさん、韓国からChung KangwhaさんとLee jaehaさん、タイからChanyaporn Chuntamaraさん。そして、日本から近田玲子さん他2名をスペシャルゲストに迎え、それぞれ独自の照明観を語り合いました。

東日本大震災で省エネがベースとなり、原風景への回帰ムード漂う日本。ナトリウムランプが特徴的だったソウルの夜景に対して、4000K(白色相当)を基準に一新し、歴史的建造物は3000K前後(電球色相当)で演出するなど、デザイン先進国の韓国。来年には光害防止ガイドラインも施行されるそうです。経済発展著しいタイでも、樹下に家屋を配し、小さな窓で断熱して中庭から光を取り入れる伝統様式は、今でも彼らのキーイメージのようです。

特に印象的だったのは中国。常に日本や欧米から「エコ」や「省エネ」に対するプレッシャーをかけられる彼らが反論のベースとしたのが、アメリカや日本に比べれば、中国人1人当たりの消費電力は僅かである、というポイント。また、海外から見た日本のイメージは、今でも「24時間都市(24時間明々と照明の灯る国)」なのだそうです。さらに、51%が都市、49%が農村の中国では、照明を文化として語る段階ではなく、未だ明るさを確保しなければならない場面も多いとのこと。中国=経済発展というステレオタイプへの警鐘でしょうか。なかでも印象深かったのは、照明以前に大事なものがある、という胸に刺さる発言。そして会社の同僚の数々の大事なものを写した写真を披露してくれました。そして私たちオーディエンスの心を捉えたプレゼンテーションへと続きました。セッション3「アジアのうたと光」におけるQiさんと同僚で手づくりしたミュージックビデオです。70年代に少年時代を過ごした彼は、共産主義が電気(電灯)や水道などのインフラを普及させ、彼らの生活を豊かにしてくれる、と夢見たこと。そして、それが失望に変わった様子を切なく描いていました。

「大規模な都市計画模型をたった数日間で作ってしまった」「プレゼン2週間後には実店舗を新装開店してしまった」・・・。中国人デザイナーのクリエイティブに対する情熱と集中力に纏わるエピソードには事欠きません。対して私たち日本人デザイナーには今、「この程度でいいだろう」といった惰性が蔓延していないでしょうか? ミュージックビデオを通して、情報発信への情熱とクリエイティブを楽しむ姿勢を改めて教えられた気がしました。

日中の今日の政治情勢のなかで実現したこのセッションに対する感謝。日本のアニメやカラオケへの親近感を語るなど、日中の距離感を縮めようとする彼らの姿勢が、未来を明るく照らしているようでした。また、中国、アジアのことをもっと知りたいと思わせるセッションとなりました。

ところで、2012年7月30日にアジア照明デザイナー協会(Asian Lighting Designer's Association)が香港で設立されました。ライティングデザインの社会的貢献の浸透と成長を担ってるそうです。

| | コメント (0)

お米を届けた福島県の岩野さんから、お便りをいただきました。

米づくりワークショップ参加者の皆さんと一緒に作ったお米を、同じく参加者の石川さんを通して、福島県にお住まいのご友人へ届けたところ、次のようなお手紙と写真をいただきました。写真は北海道を旅行中に撮影されたとのことです。

******* * *

私は貴会に参加・活動されている石川毅氏の友人で、貴重な無農薬米を送って頂いている者です。 昨年に引き続き日曜日に新米が届きました。皆様の大変な手間が込められているお米を、ありがとうございます。ブログを拝見しました。苦労を楽しんでいらっしゃる姿がいいですね。

私の住んでいる伊達市は、福島市の隣で伊達市でも割と北の方です。震災の影響は少々でしたが、原発の影響はご存知の通りです。それでも福島市よりは、僅か低いのですが・・住んで行く上では、あまり変わりません。風評被害と線量軽減、仮置き場の戦いが続きます。

今日、お礼にお酒を送りました。皆様のミーティングの時にでも、僅かですがお召し上がりください。貴会のますますの発展と、盛会を祈ります。

岩野龍彦、美砂子、夏美

Dsc_0716_02

******* * *

私たちが勝手にお送りした米に対して、お酒まで送っていただき恐縮しています。ありがたく参加者の皆さまと頂戴したいと思います。

福島では、除染やがれきの処理、風評被害などとの戦いが続くと思います。もちろん関東に暮らす私たちも人ごとではありません。個人的には仮置き場ではなく、全国都道府県に放射性物質を最終処分する地下施設を建設しなければならない段階に来ていると考えています。福島の方々にも私たちのワークショップにご参加いただき、楽しんでいただければうれしく思います。田植えは特に気持ちいいですよ!

Kazuko[トランローグ・ディレクター/ワークショップ管理人]

※これは、トランローグが主催する米作りワークショップの参加者を通して、東日本大震災で被災された方々に、収穫した米を届けるプログラムとして行われたものです。

Img_1985_02

▲今の田んぼの様子。収穫後、田んぼの一部にレンゲを撒き、雑草の抑制と、植物の3大栄養素の1つである窒素を空気中から地中に固定する仕事をしてもらっています。来年はうまくいきますように!

関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園

| | コメント (0)

銀座・月光荘で見つけた、心温まる冬の情景

Img_1991_02_2

銀座8丁目花椿通にある、あと5年で100周年という老舗、月光荘画材店の地階で、イラストレーター3人のカード展『card card card』が開催されています。つきぞえなおさん、菅澤真衣子さん、竜田麻衣さんが描いた、心温まる冬の情景を見つけました。3人はセツ・モードセミナーの同窓生とか。

11月12日(月)〜18日(日)まで開催されています。イルミネーションのきれいな11月の銀座で、実際のイラストに触れて温まってみませんか? お見逃しなく!

Img_1992_02_2

Img_2005_02

Img_2004_02

▲つきぞえなおさんの作品。

Img_2002_02_2

Img_2003_03_2

▲菅澤真衣子さんの作品。

Img_1997_02

Img_1996_02

▲竜田麻衣さんの作品。

Img_2001_02_2

Img_1999_02

▲初日には、アットホームで可愛らしいパーティーが開かれました。竜田麻衣さんのお母さんの手づくりパンとご主人の手づくりスイートポテト。こちらも心の芯まで温まる作品でした。

| | コメント (0)

2012.11.05

【リポート】DESIGNTIDE TOKYO 2012 で見つけた次の暮らしのデザイン〈第2弾〉

Img_2463_02

 

織咲誠さん(インターワークス研究所)による会場構成。段ボールやエアクッションを用いて生きた樹木から直接型取ってつくられた数十本の「樹」。多摩美術大学と桑沢デザイン研究所の学生有志が「自らつくる」ことをテーマにデザインの原点を体験したプロジェクトでした。出展者と作品が木の下に集い、語らうことを目的とした空間の完成です。

photo, movie, text: Motohiro SUGITA

会期:2011年10月31日(水)-11月4日(日)


会場:東京ミッドタウン・ホール
「デザインタイドトーキョーとは、・・・形を生み出す源泉である思考そのものを発表し、対流させて、あたらしい思考と形が生まれること。デザインタイドトーキョーは、そんな思考をトレードする場です」(公式ガイドブック巻頭より)。東京で秋のデザインイベントが始まった10月末、メディアを通して次の暮らしをデザインするトランローグは、デザインタイドトーキョーのオープニング前日に開催されたプレスプレビューを訪ね、取材しました。第2弾では第1弾で紹介した動画に加え、写真とテキストでより詳しくリポートします。

■ritardan-do

ファッションブランド「タイニーダイナソー」を運営するリタルダントの提案は「冬の衣服における夏の役割」。ダウンベストの中に微細なヒノキのチップを入れ、防虫・抗菌、リラクゼーションなどの機能を持たせ、クローゼットの中で夏も働いてもらいます。滑らかなシルエットにリボン使いでユニセックスという、さらに働き者の設定も好感です。

■see-saw 2nd collection

Img_2464_02

2011年に東大阪の木工工房「LAUGH」がPANTALOONをクリエイティブディレクターに迎えて立ち上げたオリジナル家具レーベル。今年はセカンドコレクション。写真手前は着脱可能なクッションがポイントのso far。奥には節の部分にひとまわり大きな穴を開けた木の箱、replace。マグネットの付いた2つの木片の組み合わせで長さを調節する照明、and。

■DMY Berlin

Img_2470_02

Img_2467_02

DMY Berlinは、プロダクトデザインの国際的ネットワーク。デザインのメインストリームには見られない革新的なプロジェクトやプロダクトを発表。上写真はCarl DauによりデザインされたArt in Series。小物を入れる棚であり、思考を活性化するインスタレーションでもありそう。下はroomsafariによるcane。壁に光を当てる間接照明という行為をかたちにした優れもの。

■DESIGN SOIL

Img_2475_02

Img_2476_02

神戸市芸術工科大学のデザインプロジェクトがDESIGN SOIL。「・・・多くのものを使い捨てる生活が日常となっている今だからこそ、私たちはそうでない価値を見据えたいと思います・・・」(ブックレットより)。写真上は糸巻きと椅子の組み合わせが革新的と言える、真鍋浩美さんデザインによるrollin' rollin'。下は松本雄樹さんのデザインで、カップルが各々別々に使っていたデスクを結婚を機に1つのテーブルとして合体させるlovebird。奇抜なアイデアを、ディテールまでしっかりとかたちに定着。アイデアも製作の技術も見事です。

■MONOLITH | ナトコ株式会社+鈴木啓太

Img_2479_02

塗料化学メーカーのナトコ株式会社と、PRODUCT DESIGN CENTERの鈴木啓太さんのコラボレーションによって製作されたオブジェがMONOLITH。映画『2001年宇宙の旅』から引用され、デザインに進化を促す行為、を意図するようです。1つの面に3種類の塗装を施してあり、それぞれに「自己修復機能」「超防汚機能」「後加工性」「対粘着材機能」「耐指紋性」といった機能があるとか。

■Food Work

Img_2484_02

Img_2483_02

8人のノルウェー人デザイナーによるプロジェクト。調理、貯蔵、盛りつけ、食事がテーマ。日本文化から着想を得てノルウェーの日常生活のためにデザインされた作品が、日本でどのように受け入れられるかを知り、新たなインスピレーションを得ることを目的に展示しているそうです。包丁が収納できるまな板、茶会で茶を点てるためにあるかのようなセット・・・。日本人である私たちのライフスタイルに一石を投じてくれました。

■emmanuelle moureaux

Img_2487_02

今年もemmanuelle moureauxさんが私たちの目と心を楽しませてくれました。白をベースにカラフルだけど、とても繊細なインスタレーション。今年はキャンバスに見立てたボードに無数の秒針が時を刻んでいました。資料などなく、いただけるのは名刺だけ、という潔さがまた美しいです。

■ORISHIKI, ori-con β | N&R FOLDINGS

折り紙、風呂敷、方式から造語された「ORISHIKI」。複数の三角形のパーツを組み合わせたユニークなパッケージ。さらに、包んで運びたいオブジェクトを三次元スキャンしたデータを基に、専用のORISHIKIを設計するシステム「0ri-conβ」をデモンストレーション。次の暮らしのデザインの、萌芽を感じさせてくれます。

■tilde _object 01 | inframince.inc

Img_2488_02

Img_2491_02

基礎化粧から出発して身体と環境の接点に目を向けられるようなプロダクトを開発、提案するアンフラマンス。写真上はPANTALOONデザインによる時間の集積を纏う時計、12H12Y。半日に1回転を繰り返す単調な時計と異なり、銅製の文字盤は移ろい続ける時間を表現するため12年で1回転する。下はOueデザインによる重さを視覚化した木の箱、gram。色や木目はもちろん、樹種による重さの違いに着目し、50gと100g、2種類の木箱シリーズをデザイン。シラカシ、チーク、メープル、ワールナット、スギ、5種類の箱がネイチャーやサイエンスに思いを馳せる快感を教えてくれます。

■rabbit hole

それぞれの専門性を持つ3人のデザイナーによって始動されたデザインプロジェクト。上の動画の初めから、コマのように回して遊べる色鉛筆、spin。靴と靴音を連想させる時計、step。トランプカードのように立てかけたスツールpoker。

■portrait in chair | 早川明男

Img_2496_02

座と背を、脚と15度の角度でずらした椅子。本来、座と背と脚の角度が0度で一致している状態とは、どのような姿形なのか・・・と考えさせてくれた作品。このように面倒な思索を強いる椅子ですが、背面からの(どこが背面かって?(笑))美しい姿に、この椅子の真価が見えました。日常空間で体験できる対象となる日が楽しみです。

■SAKAN LAB. | bril

Img_2499_02

昨年、実験的な作品づくりで私たちを楽しませてくれたbrillが、今年も新たな試みで見せてくれました。今年のテーマは「左官」。土と藁と糊を混ぜて壁をつくる昔ながらの建築技術を器や照明に展開。焼き物にはない、より自然で生な感覚が私たちの感性を覚醒してくれます。

【取材後記】今回は、作品に撮影者の影が落ちてしまったり、取材対象者の作品の背景に他者の作品が被ってしまったりと、取材・撮影者泣かせの展示でした。しかし、「出展者と作品が木の下に集い、語らう」ことを目的としている、とのことなので、このような不便も会話を触発する装置と考え、出展者の皆さまとのコミュニケーションを楽しませていただきました。便利さがコミュニケーションを阻害してきたことも事実ですね。

▶DESIGNTIDE TOKYO 2011 はこちらから

▶DESIGNTIDE TOKYO 2010はこちらから

関連記事■次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

2012.11.01

トーヨーキッチンスタイル 2012|SUNSET in VENEZIA で見つけた次の暮らしのデザイン。

Img_2379_02

Img_2458_02

Img_2452_02

Img_2454_02
サンセットの時刻、南青山に点在する4つのショールーム。写真上からルーチェ、トーヨーキッチンスタイル東京、エスタブリッシュド&サンズ、シチス。

photo/text: Shizue INOUE, Motohiro SUGITA

会期:2012年10月26日(金)

〜
会場:トーヨーキッチンスタイル東京
常に話題性のある新作を発表してインテリア業界をリードするトーヨーキッチンスタイルが、今年も魅せてくれました。今秋のデザインイベントのテーマは「SUNSET in VENEZIA」。ガラス工芸の聖地ベネツィアの職人がハンドメイドで製作した世界で唯一の鏡のキッチン「ino premium VENEZIA」を中心に、数々の魅力的な新商品が発表されました。

メディアを通して次の暮らしをデザインするトランローグは、トーヨーキッチンスタイル東京を中心に、今秋南青山に新規オープンした照明専門ショールームのルーチェ、イギリスのファニチャーブランドのエスタブリッシュド&サンズ、ベネツィアンモザイクブランドのシチス、4つのショールームを取材しました。

Img_2412_02

Img_2411_02

Img_2415_02

1317年、ガラス工芸の本場ヴェネツィアで誕生した鏡。その鏡を全面に纏ったino premium VENEZIA。エイジング技法により、アンティークで落ち着いた雰囲気です。カウンタートップは、トーヨーキッチンスタイルだからできる特殊なエンボス加工のステンレス。ヴェネツィアン鏡と好相性です。大量生産とは正反対のものづくりのあり方に、次の暮らしのデザインを垣間みることができそうです。価格は5,621,385円〜(税込)。

Dsc_0152_02

サウジアラビア前国王がイタリアのコモ湖畔の別荘で実際に使っていたムラーノクリスタッロのシャンデリア。キッチンとシャンデリアの組み合わせも、「キッチンに住む」をテーマとするトーヨーキッチンスタイルでは、どこまでも自然です。

Dsc_0119_02

Img_2399_02

Tom Dixon. による2つの照明。上写真は、数学理論にインスパイアされ、また酸化エッチング処理された0.4mm厚の真鍮製ペンダントEtch Shade。下はラスターシリーズのペンダントの1つLuster Light Square。世界に2つとない表情を見せるトップシークレットの釉薬で焼かれた炻器(せっき:磁器と陶器の中間的性質)は、オランダのマイスターによるハンドメイドとか。

Img_2449_02

2005年創立以来、革新を表現し続けるブリティッシュブランドのエスタブリッシュド&サンズよりリリースされたTORCH LIGHTの新色「White ver.」 。たいまつをイメージし、単独、10個束、20個束のバリエーションがあります。

Img_2405_02

アンティークの要素と先進的なデザインの融合、愛を感じさせる世界観がユニークなオランダのインテリアブランドmooiからリリースされたAltdeutsche Grandfather Clock。スタジオ・ヨブによりデザインされ、無垢のパイン材が使われています。

Dsc_0122_02

トーヨーキッチンスタイルとイタリア・トスカーナの家具職人の手仕事が生み出した、日本人が寛げるソファSICILIA。大人2人がゆったりと、そして1人で寝転ぶことのできるサイズ。価格は389,000円(税別)。画面手前は、チベットに伝わる手編みのカーペットThe Ground Carpet。空から見た大地をモチーフとしたデザインで、12枚限定。

Dsc_0104_02

Bohemian Crystal Stool。柔らかいフォルム、透明な中にヴィヴィッドなカラー、独特な世界観のスツール。カラーはブルー、ピンク、オレンジの3色。

Dsc_0085_05_2

80年代のパリで偶然隣り合わせになった2人のアーティストによってスタートしたというフランスのFREDERIQUE MORREL。写真はニードルポイントの色鮮やかなファブリックに覆われたリアルな動物シリーズの1つBonny。アバンギャルドな芸術作品として世界的に評価されています。

Img_2451_02

Konstantin Gricicによりデザインされ、エスタブリッシュド&サンズよりリリースされたCAPE。オフシーズンにソファを覆う布からヒントを得た、とのことですが、カジュアルにもラグジュアリーにも表情を変える優れものです。

Img_2409_02

1999年にロンドンで創立され、照明を中心に活躍するインテリアメーカーinnermost。写真はヴィンテージスタイルの回転椅子big boss swivel chair。ユーズド感のあるダークブラウンのレザーと、継ぎ接ぎされたアルミと留め金のシルバーが、懐かしい未来を感じさせます。

Img_2406_02

SICISからリリースされたNew Venetian MosaicシリーズのNeo Glass/ Mix Random A。ピュアな透明感をもつコットン、虹色に変化しながら柔らかな風合いのフラックスをミックス。109,000/平米(税別)。サイズや形状によってオーダーメイドで製作、とのこと。

Img_2434_02

DESKと名付けられたagapeの洗面カウンターを中心にPhilippe StarkのデザインによるチェアMastersなど、個性的な家具やアクセサリーをミックス。サニタリーも大事なインテリア、という思想をかたちにしています。

Img_2435_02

Img_2436_02

Img_2437_02

イタリア・フィレンツェのサニタリーブランドantoniolupiの水栓BOKKAPA。デザインは名人Carlo Colombo。洗面ボウルに固定された水栓とは異なり、空間を、そして暮らしさえも自由に解放してくれそうです。

Img_2407_02

産学協同企画から生まれた「未来のキッチン」。「私たちを驚かせてほしい。見たことがないようなものを見たい」というトーヨーキッチンスタイルの課題に対して、東京工芸大学の学生が取り組み、選ばれた作品。設備や道具、調理台まで、すべてカウンターの中に収まる痛快な仕上がり。トーヨーキッチンスタイルのハンドメイド技術があれば、奇抜なアイデアも洗練された仕上がりになるようです。

▶2011年■& Living Party|トーヨーキッチンスタイル2011の記事はこちら

関連記事■次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »