« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.08.31

2012収穫祭&稲刈りワークショップのご案内

Img_1727_02
▲2012年8月31日(金)現在の田んぼの様子
Dsc_0808
▲米づくし料理(2011年)

photos & text: tranlogue associates

処暑を過ぎても一向に暑さが収まりませんが、元気にお過ごしでしょうか?
おかげさまで稲も生長し、収穫を迎えることができました。
つきましては、「稲刈りと収穫祭」について、下記の通りご案内いたします。
初めて参加を希望される方も気軽にお問い合わせください。

トランローグでは房総のワークショップにて、今年もWWOOF方式※1によって米づくりワークショップを開催しています。米作りを体験したい方、将来自給自足に挑戦したい方はぜひご参加ください。災害に強く、景気に左右されない暮らしと社会のためにも、より多くの方々が自給の方法を体験し、実践し続けることはとても有意義と思います。

今年も昨年同様に、東日本大震災で被災された方々に、秋に収穫する新米を、米づくりの参加者を通じて、お届けしたいと考えております。
米づくりへの参加と合わせ、情報のご提供をお願いいたします。
皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

▼この地域では今年も、心配される放射性物質は検出されませんでした。
http://www.town.mutsuzawa.chiba.jp/kurashi/bousai/shinsaijouhou/nourinhoushasen.html

▼昨年の「稲刈り&収穫祭」の様子:
http://tranlogue.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/2011-ba30.html

記)

■目 的:収穫祭(収穫した米の試食)。稲刈り体験。里山の保全・再生。都会と田舎の交流
■日 時:9月16日(日)午前10時半頃〜
■場 所:千葉県長生郡睦沢町。最寄り駅=外房線・上総一ノ宮駅
■参加費:無料(WWOOF方式 ※1)。主催者側でレクリエーション保険(傷害保険)に加入します。
■ワークショップ内容:
□収穫した米(手づくり米料理)を食べていただきます。
□稲刈りと、オダ掛け(ハザ掛け)による自然乾燥体験。
※当日までに刈り残した部分について、体験希望の方だけ自由参加で実施。
□足踏み脱穀機による脱穀、唐箕(とうみ)による選別、籾摺・精米。
※体験希望の方だけ自由参加で実施。
□精米した米は、皆様で持ち帰っていただきます。
■稲刈りと、オダ掛け(ハザ掛け)の持ち物と服装:
前日までに雨が降らなければ田んぼは乾燥していますので靴でも作業していただけます。雨で田んぼがぬかるんだ場合は、田植え用長靴をご持参ください。また、長袖長ズボン、帽子など、防虫が必要です。軍手はこちらで準備します。また、タオルや着替えをお持ちいただく事をお薦めします。シャワーもご利用いただけます。
■予定の変更・中止:
台風その他、やむを得ない理由で本ワークショップを変更・中止する場合があります。予めご了承ください。
■お問い合わせ:info@tranlogue.jp

※1トランローグでは、WWOOF(Willing Workers On Organic Farms)方式によって、「田植えワークショップ」「稲刈りワークショップ」「セルフビルド・ワークショップ」を開催しています。
WWOOF方式とは、人手の必要な農作業に協力いただく参加者から労働力を提供いただく代わりに、参加者へ農作業のノウハウと食事や飲み物を提供する、相互扶助の仕組みです。

以上)

| | コメント (0)

2012.08.22

新トータルコンセプトは「SMART QUALITY」。杏さんを起用し、次の暮らしを提案する三菱電機。

Smart_quality

photo, move & text: kazukoTOMOYORI

メディアを通して次の暮らしをデザインするトランローグは、2012年8月21日(火)東京ビッグサイトで行われた、三菱電機・家庭電器事業部門の新トータルコンセプトと新しいイメージキャラクター、そして新製品のプレス発表会を取材しました。
新トータルコンセプトは「SMART QUALITY(スマートクオリティ)」。スマートな(賢い、つながる、ムダがない)技術で、社会、暮らし、製品、人をつなぎ、明日の暮らしのクオリティ向上を実現するというもの。
新しいイメージキャラクターはモデルで女優の杏さん。杏さんの凛としてスマートなキャラクターが、暮らしの本質を見つめ、高めていくという「SMART QUALITY」の方向性と一致している、とのこと。
TVCFでは「SMART QUALITY」がユーザーにもたらすベネフィットを「美味しい」「楽しい」「気持ちいい」というキーワードで表現されています。

新製品として発表されたのはルームエアコンと冷蔵庫。
例えばエアコンの霧ヶ峰は、進化した2つのセンサーにより、送風と冷房の「ハイブリッド」運転と、人がいなくなったらエアコンが停止する自動オン・オフ機能を備えた「スマートSTOP」など、次の暮らしの一歩先をゆく省エネを実現しています。

Smart_stop_2

今後は大船(神奈川県鎌倉市)でのスマートハウス実証実験をふまえ、「SMART QUALITY」を具現化したHEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)対応製品群を投入していくとのこと。
さらなる省エネを実現しながら快適に暮らす技やライフスタイルが求められる今、同社の展開が期待されます。

Smart_house_2

過去の関連記事■次の暮らしのデザイン

| | コメント (0)

2012.08.19

「田んぼ」も「家庭菜園田んぼ」も、いよいよ稲刈りです!

Img_1717_02
▲房総にあるトランローグ・ワークショップの田んぼ
Img_1705_02
▲トロ舟(プラ舟)の家庭菜園田んぼ
穂が垂れて黄金色になった稲は収穫可能ですが、新たに出た青い穂に実が入り、色づいてから収穫予定。

photos & text: tranlogue associates

ワークショップの田んぼでは、南の山から田にしみ込む清水の流れ込みをふさぎ、完全に水を止めて乾田化する段階に入りました。清水が流れ込むと、いつまでも田んぼがぬかるみ、稲刈りがとても大変です。米づくり1年目に、泥の中で泣きながら収穫した苦い思い出も、今では笑い話に・・・。
田んぼ中央部の、生長が早く稲穂が垂れて黄金色になり、地面も乾燥している部分から稲刈りを始めました。
なお、この地域では今年も、心配される放射性物質は検出されませんでした。
http://www.town.mutsuzawa.chiba.jp/kurashi/bousai/shinsaijouhou/nourinhoushasen.html


Img_1716_02
▲画面右下の南側吸水口付近は水温が低く、稲の生長が遅く、まだ葉が青い状態です。1週間ほど前から用水の流し込みは止めていました。穂はまだ青色ですが花もほぼ咲き終わり、穂が垂れ始めたため、山からしみ込む少量の清水も流れ込まないよう、吸水口を板と土でふさぎました。

Img_1709_02
▲画面左下の北側吸水口付近も水温が低く、稲の生長が遅く、まだ葉が青い状態です。2週間ほど前から用水の流し込みは止めています。数日前、ほぼすべての穂が垂れたところで、地中の水はけをよくするために水の通り道となるパイプを埋め込んだ「暗渠(あんきょ)排水」から地中に溜まった水を排水しました。空気入れのような青い設備が、暗渠排水を開閉するレバーです。

Img_1718_02
▲生長の早い「フサコガネ」のうち、水温が高くさらに生長の早い部分から収穫します。生長に合わせて1カ月間くらいかけて刈り取れるため、手作業での収穫には好都合です。フサコガネの奥(南側)は生長の遅い「コシヒカリ」です。

Img_1720_02
▲刈り取った稲は、日光の当たる軒下(透明ポリカーボネート製屋根)で2週間、天日と風で自然乾燥させます。軒下がいっぱいになったら、田んぼに竹を組んだハザガケで乾燥させます。ゆっくり自然乾燥させることで、稲の栄養が米へと凝集される、と言われています。種の保存のメカニズムを利用すれば、栄養が凝集された美味しい米が作れるのです!


過去の関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園


「家庭菜園で米を作りたい! でも、何をどうすればいいのだろう?」
そう考える人が増えています。
心配いりません。米は、とても育てやすい植物の1つ。材料や道具、そして育て方の基本がわかれば、すぐにはじめられます。
トランローグが企画制作した書籍『自然のしくみを生かす家庭菜園 パーマカルチャー菜園入門』では、1坪(2畳)の大きさの田んぼの作り方を詳しく解説。風呂の残り湯の使い方や雨水利用についても紹介しています。
さらに「1坪田んぼ」を含め、全21の菜園アイデアを掲載。
本書を片手に、自宅の庭で米作りをはじめましょう!

Perma_cover_3

Hitotsubotambo_01_5

Hitotsubotambo_02_5

書名   自然のしくみをいかす家庭菜園 パーマカルチャー菜園入門

発行   2010年8月1日

監修   設楽清和(NPO法人パーマカルチャーセンター・ジャパン代表)

栽培アドバイザー 笠原秀樹(自然農園レインボーファミリー代表)

発行所  JAグループ 社団法人家の光協会

仕様   A5サイズ 160ページ

企画制作 トランローグ有限会社



| | コメント (0)

2012.08.13

人気ブログ記事『スローな家づくり』をホームページにアップしました。

Img_4465

photos & text: tranlogue associates

大増税時代の、金に左右されない“次の暮らしのデザイン”

東京から電車で1時間のJR外房線上総一ノ宮駅から、さらに車で10分。200坪の敷地には、30畳の土間のある50畳の母屋と、セルフビルドした12畳のアトリエ兼納屋。パーマカルチャー菜園で野菜をつくり、家の前の田んぼを借りて手作業の米づくりを楽しんでいます。
自然の力を最大限に利用し、金をかけない自給術は、これからの時代に必要な生活の知恵、と考えています。
そんな私たちの超ローコストでエコな家づくりは、『スローな家づくり』と題して住宅雑誌『ニューハウス』に連載されました。
また、宝島社『田舎暮らしの本2012年1月号』別冊付録で『保存版・テーマ別ベスト田舎105』にも選ばれました。
ブログで紹介し、たいへん好評をいただいた『スローな家づくり』を、トランローグのホームページにまとめ、さらに読みやすく紹介しています。
資金を貯めながら少しずつ完成させた、スローな家づくり。
トランローグのホームページでお楽しみください。
「スローな家づくり」

過去の関連記事■セカンドハウス/週末住宅/田舎暮らし 次の暮らしのデザイン

Img_1177_02
Img_1595
Living0519_02
_02
Secondhouse_01

| | コメント (0)

2012.08.06

旅で出合った暮らしのかたち〜イエメン・イタリア・モロッコ・マリ・中国〜 第1章 はじめに

Yem01_2
Yem08
▲イエメン:ハジャラ
Yem14
▲イエメン:サナア
Ita09
▲イタリア:アルベロベッロ/トゥルッリ
03
▲モロッコ:カスバ街道
002
▲マリ:セグー
09
▲マリ:バンディアガラ
Chi204
▲中国:西安/窰洞(ヤオトン)
Chi12
▲中国:福建省/客家土楼

photo & text: Motohiro SUGITA
(この記事は、1997年に取材したものです。)

旅で出合った暮らしのかたち
第1章 はじめに〜旅行練習〜(日本〜シンガポール)
第2章 イエメン(サナア〜ダル・アル・ハジャ〜シバーム〜ハジャラ)
第3章 イタリア(アルベロベッロ〜ロコロトンド〜マテーラ)
第4章 モロッコ(カサブランカ〜アトラス山脈〜マラケシュ〜カスバ街道〜ワルザザード)
第5章 マリ(バンディアガラ〜ジェンネ〜モプティ)
第6章 中国(客家土楼〜窰洞)


そうだ。世界旅行、行こう。

 旅に出るにあたって、デザイン会社を経営し多忙を極めていた私が、何故、1ヶ月以上もの期間、会社を閉めて旅に出ることができたのか。先ずそこから話を始めよう。
 それは1997年2月28日金曜日午後5時、突然の電話から始まった。
 「もしもし、杉田さん。たいへん申し訳ありませんが、現行のプロジェクトは中止となりました。今後のことは、・・・・」
 2年以上も続いた、そして今後2年以上は続くであろうと計画していたプロジェクトが、週末の、夕方の電話一本で解消された。社員のこと、清算のこと、これからの家族のこと、あらゆることが駆け巡って頭は空白になった。
 すぐさま社員に事情を話すと、
 「私たちのことはご心配なく、これで終わるつもりはありませんから。それより杉田さん大丈夫ですか。何か虚ろですよ」
 などと、心配されてしまう始末だ。
 そして、私は2人の社員を連れて妻の入院する産婦人科に見舞いに出掛けた。
 今週月曜日に私の第1子、長男が誕生したばかりだったのだ。そして、明日、土曜日には妻子ともに退院を予定していた。2人の社員の計らいで、退院前に見舞いに行きたいとのことで、私と3人で出掛けたのだった。
 プロジェクト中止の知らせに、妻はさほど驚いた様子もなかった。誰もがいつか起こること、いつまでもいいことばかりは続かないと無意識のうちに覚悟している。今は、そんな時代なのだ。
 私と2人の社員は、帰り道、約束していた中華料理店に入り、飲茶で乾杯した。
 「おめでとうございます」
 「申し訳ありません」
 月曜日に息子が誕生し、金曜日に仕事を失った。
 生涯忘れられない1週間となったばかりでなく、今から始まる旅のおかげで、本年33歳、忘れられない1年となった。
 わが社で最大の仕事を失った私は、思いがけず、時間に余裕ができた。また、世界旅行を行う準備として、日頃から銀貨ばかりを貯めていた貯金箱がいっぱいになっていた。
 迷いはない、真っ先に妻に相談した。
 「いいよ。行ってください。私は、1ヶ月間大阪の実家に息子と里帰りしてますから。こんな時でなければ行けないから、是非行って来てください。行っちゃダメだと言っても、行くでしょ」
 全く、その通りだ。素晴らしい妻。かわいい息子。お父さんは、調査旅行に出掛ける決心をした。
 わが社は住宅関連のデザインを行っている。だからこの旅は、わが社の未来を賭けた仕事なのだ。自分と家族にそう言い聞かせた。

時の権力者が残した遺跡を訪ね歩く旅ではなく、
独自の文化、自然環境から生まれた独特なかたちの、
生きた民家を訪ね歩く旅の面白さを追求したい。

 私は以前から、独特な形をした世界の民家を訪ねることが夢だった。
 事の始まりは、建築家のバイブルの1冊、バーナード・ルドルフスキーの「建築家なしの建築」との出合いである。それは、そのタイトル通り建築家が設計していない、その土地の風土やライフスタイルに適合 した、風変わりとも言える世界中の民家を、白黒写真で紹介した建築写真集だ。多くは秘境と言われる、交通の不便な地域にあるので、知的好奇心とともに冒険心をもそそる、とても魅力的な本だ。
 私はその本を見ては忙しい日常から空想旅行に耽っていた。私は空想の中で民家に暮らす人々と対話し、その暮らしを追体験していた。時にはアラブの衣裳を纏い、またある時は西アフリカでダンスを踊り、人民服を着た中国の老人から熱いお茶をいただき、私は彼らの文化やその土地の自然と暮らしの関係について尋ね、記録することを夢見た。
 私の旅は、そこに暮らす人々にとっては日常なのだ。ところが、権力者の建立した遺跡には、日常がない。だから、私にとって遺跡巡りは、観光ではあっても旅ではない。また私は、遺跡の前で私を待ち構えているビジネスマンではなく、そこに暮らす見知らぬ人々と出会いたいと想い続けていたのであった。

続きを読む "旅で出合った暮らしのかたち〜イエメン・イタリア・モロッコ・マリ・中国〜 第1章 はじめに"

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »