« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.27

書籍『庭より簡単!だれでもできる 室内(うちなか)菜園のすすめ』発売開始!

Uchinaka_cover_2
イラスト:竜田麻衣さん(HPはこちら)

書名   庭より簡単!だれでもできる 室内(うちなか)菜園のすすめ
発行   2012年4月1日
監修   深町貴子 伊藤龍三
発行所  JAグループ 社団法人家の光協会
仕様   A5サイズ 104ページ
企画制作 トランローグ有限会社
価格   本体1200円+税

トランローグは、猛暑や冷害、長雨など、屋外環境に影響されずに野菜を確実に育てる方法を紹介した書籍『庭より簡単!だれでもできる 室内(うちなか)菜園のすすめ』を企画制作しました。
1章では、うちなか栽培の第1人者、深町貴子さん監修による24種類の野菜を。2章では近年、安価で簡単、画期的な水耕栽培とテレビやインターネットで話題の『いつでもレタス』の著者、伊藤龍三さん監修による18種類の野菜の栽培法について紹介しています。
水耕栽培は、放射性物質の入った土を使わずに栽培できるため、被災地での復興事業として注目されるばかりでなく、室内で計画的に生産できることから、国産野菜の切り札、といわれています。
本書で紹介しているのは葉物野菜ばかりではありません。ミニトマト、シシトウ、インゲン、イチゴ、シイタケ、ミニダイコン、ミニニンジン・・・そしてなんとジャガイモまで、うちなかでの栽培法を解説しています。
読者のみなさんが本書を読んで工夫し、安心安全な自分野菜を作る参考になれば幸いです。
是非、書店で手に取ってご覧ください!

Uchinaka_index_01

Uchinaka_index_02

Uchinaka_p57_03
▲『いつでもレタス』で人気の伊藤龍三さんが考案した独自の水耕栽培の仕組みを、わかりやすく図解しています。

Uchinaka_tomato_01

Uchinaka_tomato_02

| | コメント (0)

2012.03.20

weareurope 秋冬コレクション2012-2013

Weareurope2012_invitation_page_1

2012年3月28(水)29日(木)、トランローグがブランディングとプロモーションのデザインを担当した、欧州連合(European Union)主催によるファッションの展示商談会、Weareurope 秋冬コレクション2012-2013が、グランドハイアット東京で開催されます。お見逃しなく!

12_fashion_inv_inside_4

| | コメント (0)

2012.03.17

自然と生きる『パーマカルチャー菜園入門』改訂増刷のお知らせ

Img_1192

石油や原子力エネルギーに依存せず、自然エネルギーと生態系の活用をベースとする野菜作りの本が『パーマカルチャー菜園入門』。
おかげさまで2010年8月に発行以来、多くの読者にご支持いただき、1年半で第3版を増刷することができました。今たくさんの方々が、パーマカルチャーな暮らしに向かっているようです。
再版に当たっては、パーマカルチャーの3つの心構え(倫理)の「余剰物の共有」について改訂し、巻末の情報などを更新しました。
「余剰物の共有」については第2版まで、「自らの基本的欲求を満たしたら、次は他者が同じ目的を達成できるよう余り物や情報を差し延べます。」としていました。
しかし、これでは抽象的で誤解を招く恐れもあるため、より具体的な行動指針となるよう「自らの食料やエネルギー、情報、能力などは、独占しようとせず、積極的に他者と分け合います。」としました。
これによって「地球上の食料やエネルギーの90%を、豊かな10%の人間が消費している」といわれるような偏りをなくす。また、自然は人間がつくり出した貨幣システムとは異なり、収穫において常に余剰を与えてくれることに気づく。そして、自ら食べ物を作りながら、その人ならではの職業的才能を発揮して、自立した個人が参加してつくる社会を目指す。そんな願いを込めました。
是非一度、書店で手に取ってご覧ください。

書籍の詳細

過去の関連記事:ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 パーマカルチャー

Img_1177_02
千葉県上総一宮近くのトランローグのワークショップサイト。有機無農薬の手づくり田んぼ、サンルームのあるパッシブソーラーハウス、セルフビルド小屋、スクエア菜園、タワー菜園、クールテラスの椎茸菜園・・・。本格的に田んぼを始める前3年間は、家庭菜園(写真中央の庭)で米を収穫し、苗を育てました。米は都会の家庭菜園でも簡単に育てられます。『パーマカルチャー菜園入門』では「一坪田んぼ」の作り方を紹介しています。

Img_1186_02
セルフビルドした芝屋根(草屋根)のアトリエ。下屋(大きな軒下)には薪ストーブの燃料として近所の大工さんからいただいた廃材と、農家からいただいた間伐材。冬の間、暖房の燃料は、これらを切ったり割った薪だけです。

Img_1188
日の当たらない湿気の多いセルフビルド小屋の裏は、椎茸栽培に最適。今年は3月になって一斉に発生しました。もちろん都会の家庭菜園でも椎茸栽培は簡単です。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »