« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011.03.18

石油や原発に依存せず、太陽の恵で野菜を育てて暮らす『パーマカルチャー菜園入門』

Img_4430

東日本大震災で被災した方々には心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧とご回復をお祈りすると共に、トランローグとしてできることに取り組んで参ります。
震災の復興と同時に考えたいのが、原子力発電に依存せず、また石油などの化石燃料に多くを依存する暮らしを改め、太陽の恵をフルに活用する食料自給の仕組。
『パーマカルチャー菜園入門』には、狭い庭でも多種多様な野菜を栽培できるアイデアが満載されています。
暮らしを見つめ直したい、とお考えの方は、是非書店で手に取ってご覧ください。

カテゴリー:08■ワークショップ Workshop 01 米作り/家庭菜園 10■パーマカルチャー
photo: tranlogue associates text: tranlogue associates

_cover_3

書名   自然のしくみをいかす家庭菜園 パーマカルチャー菜園入門
発行   2010年8月1日
監修   設楽清和(NPO法人パーマカルチャーセンター・ジャパン代表)
栽培アドバイザー 笠原秀樹(自然農園レインボーファミリー代表)
発行所  JAグループ・社団法人家の光協会
仕様   A5サイズ 160ページ
企画制作 トランローグ
価格   本体1500円+税

Img_4427
パーマカルチャー菜園アイデアの1つ「タワー菜園」。約1m×1m×1mのスペースで集約的に野菜を栽培。

パーマカルチャーとは、パーマネント・アグリカルチャー(永続的農法)とパーマネント・カルチャー(永続的な暮らし)の複合語です。またこれは、1978年にオーストラリアのビル・モリソンらによって提唱された「化石燃料に多くを依存する暮らしを改め、太陽の恵を十分に活用して環境にやさしい循環型の社会を築く」という思想です。
本書では、その思想を家庭菜園にも取り入れ、農薬や化学肥料に頼らず、自宅の庭で実践できる21の自然農法のアイデアを紹介しています。
「スパイラル菜園」はもとより、「コンパニオンプランツによるギルド」から「コンポストトイレ」、「種採り」まで解説しています。
また本書では、パーマカルチャーの起源が100年前の日本にあったことを紹介しています。1909年に来日したアメリカの農学者F.H.キングは、日本・朝鮮・中国で4000年に亘って永続的に続けられてきた、自然の仕組を生かした有機農法の知恵を「パーマネント・アグリカルチャー」と表現して、当時から資源収奪的なアメリカの農のあり方に対して警鐘を鳴らしていました。
本書の企画制作を担当したトランローグは、予てより「次の暮らしをデザインする」をスローガンに、家や庭について様々な提案を行ってきました。
本書でも「庭を中心に家屋まで利用して、家中のあらゆる場所を食べられる森に変える」をテーマに編集しています。
「土間のあるサンルーム」と「日陰側のクールテラス」。この2つのパッシブ・ソーラー空間があれば、自給的エコ生活を何倍も充実させることができます。


| | コメント (0)

2011.03.15

東日本大震災によるイベント延期のお知らせ

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様には、謹んでお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧とご回復を心よりお祈り申し上げますと共に、当社としてできることに取り組んで参ります。

トランローグでプロデュースしている面発光LEDシャンデリア「airLUCE」が参加を予定しておりました、TREND OF LIGHTとLUZ白金のコラボレーションイベント「HIKARI NO KATACHI」(3月25日〜27日)は、東北地方太平洋沖地震における災害の状況、および被災地へ向ける電力の確保を最優先と判断し、本イベントを延期する運びとなりました(主催者コメント)。
イベント再開時期が確定しましたら、改めてご案内致します。
来場をご検討されていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承ください。

イベントお知らせページ

Toldm_omote_s

| | コメント (0)

2011.03.08

airLUCE【浮花】と生花、ベリーダンスのコラボレーション

3月3日(木)東京八丁堀にあるダンススタジオTiTi(ティティ) さんの第2スタジオがオープン。
オープニングショーは、子どもたちのヒップホップダンスから始まり、ベリーダンスを中心にアフリカンやジプシーを取り入れた幅広いダンスで、スタジオを埋め尽くした女性ビジターの心&魂をキャッチ!
興奮と羨望の空気に包まれながら、2時間のショーを終えたばかりの吉川さん(TiTi代表)に、【浮花】との2ショットをお願いしました。
ベリーダンスとairLUCEの相性は想像以上のものでした。

TiTiさんのサイトはこちら。
http://www.studio-titi.com/

カテゴリー:04■エアルーチェairLUCE

airLUCEのサイトはこちら

Dsc_0047_02_web
TiTi代表でベリーダンサーの吉川さんとairLUCEシリーズの【浮花(直置きタイプ)】。【浮花】のデザイン・モチーフとなったLotus Flowerとベリーダンスは同じエジプト発祥で、昔からとても相性の良い組み合わせだそうです。

Dsc_0017_low
ベリーダンススタジオのお祝いのために花屋さんでつくっていただいた、透明に光り輝くairLUCEの【浮花】で生花を包み込むフラワーアレンジメント。花屋さんでは来店したお客様の話題になっていたそうです。なお、airLUCEと生花と組み合わせる場合は、完全に防水して照明器具を濡らさないようにご注意ください。事故や故障の原因となります。

【浮花】は、いろいろな表情を楽しむことができます。

| | コメント (0)

2011.03.07

airLUCEの【立花】と【浮花】を東京デザインセンター・賀川ショールームにて展示

Lotusfloor_f_moderninterior
昨年秋に発売した、面発光LEDシャンデリアairLUCEシリーズの【立花(りっか)スタンドタイプ】と、【浮花(うきはな)直置きタイプ】を東京デザインセンター(五反田)にある賀川ショールームに展示いただいています。
東京デザインセンターは、インテリア関連のショールームが集結した日本を代表するインテリアの情報発信地。キッチンと家具を手がける賀川のショールームは、同センターの2階にあります。 省エネルギーで表情豊かなairLUCE。賀川ショールームで、モダンなインテリアにコーディネートされたairLUCEをお楽しみください。

カテゴリー:04■エアルーチェairLUCE

airLUCEのサイトはこちら

キッチンと家具の賀川 東京ショールーム
所在地:東京都品川区東五反田5-25-19 デザインセンター2F
アクセス

Img_0525
マリオ・ベリーニ設計による東京デザインセンターのファサードに賀川ショールームのバナー。

Img_0528
東京デザインセンターの吹き抜け階段。賀川ショールームはこの階段を上った2階左手。

Img_0536
賀川ショールームのエントランス。右手ワインセラーに【立花】。ショールーム奥に【浮花】。

Img_0532
棚と一体化したシステムファニチャーのデスク上に置かれた【浮花】。

ワインの会の様子 Img_0663_3 3月のワインの会におじゃましました。建築、インテリア関係の方々だけでなく、様々な方が参加されています。 Img_0668_2 社長の賀川吉浩さんです。ワインに詳しく、毎回いろんなワインを皆さんに紹介されています。 Img_0661 airLUCEの浮花(左)とにごり酒タイプのスパークリングワイン(La Bueilloise フランス)です。日本酒のような香りとフルーティな味わいで、とてもおいしい! お料理は、デザインセンター3Fのイタリアンレストラン・イル・カヴァロから。お皿には、今日のテーマ「ウサギ年」にちなんで、ウサギのお肉とサラミ。旨味いっぱいで、味わい深い! Img_0662 ポレンタのオーブン焼き。こちらも美味です。 Img_0669_2 賀川の高松ショールームから毎回駆けつけているスタッフの尾上さん。 Img_0670_2 賀川スタッフの佐々木さん。IC東京の事務局も担当されています。 Img_0667 トランローグが10年来お世話になっている賀川スタッフの和田さん(左)。

| | コメント (0)

2011.03.03

集英社のファッション誌「エクラ|éclat 4月号(3月1日発売)」で【立花】が紹介されました!

Eclat
紹介の中で「オブジェのような華やかさ」と評されたairLUCEの立花。明るくするための照明としてではなく、光りのカタチの美しさやユニークさにフォーカスしていただきました。

カテゴリー:04■エアルーチェairLUCE

airLUCEのサイトはこちら

Photo

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »