« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.18

"ドイツの森に鳥居を建てた11日間" DVD&電子書籍を発売中!

Dvd_

カテゴリー:10■ドイツの森に鳥居建立

2007年7月、日本とヨーロッパの職人がドイツの森に集結し、エンジンやモーターを動力とした機械を使わず手仕事によって鳥居を建立した11日間を密着取材。
職人の息づかいが伝わる、臨場感溢れるムービー版(DVD)。豊富な写真と図版で現場の様子を丁寧に解説した電子書籍版(CD)。2つのコンテンツを発売中!
トランローグは、ドイツの森で職人たちが実践したような、手仕事の楽しみこそが伝統文化と自然環境を同時に未来に引き継ぐ秘訣と考え、より多くの方々に手仕事の楽しみを知っていただきたいと願っています。

取材協力:削ろう会/ドイツ削ろう会 企画・制作:杉田基博+tranlogue associates inc.

【ムービー版】
DVD VIDEO形式/約1時間30分/画面比率(アスペクト比)4:3
価格: 本体割引価格1,000円(税込)
購入方法: info@tranlogue.jp宛にメールでお申し込みください。
【銀行振込】
銀行振込をご利用いただき、DVDをご購入いただけます。
DVD代金1,000円、振込手数料の他に送料がかかります。
振込手数料・送料はお客様のご負担でお願いいたします。
送料はその都度お見積いたします。
【paypal】
ネット上でのお買い物に便利で安心なpaypalもご利用いただけます。
詳しくはメールでお問い合わせください。

▶ムービー版サンプルをYouTubeにアップしています!

【電子書籍版】
PDF形式/添付ソフト:Adobe Reader 9(※このe-bookをご覧いただくには、Acrobat Reader 4.0以上が必要です。)/A5サイズ/128ページ
価格: ダウンロード版:450円(税込)/CD版1,000円(税込)
購入方法: info@tranlogue.jp宛にメールでお申し込みください。
【銀行振込】
銀行振込をご利用いただき、お支払いいただきます。
振込手数料はお客様のご負担でお願いいたします。
CD版の場合は、送料がかかります。
送料はその都度お見積いたします。
【paypal】
ネット上でのお買い物に便利で安心なpaypalもご利用いただけます。
詳しくはメールでお問い合わせください。

電子書籍版PDFサンプルをダウンロードいただけます!

電子書籍版(CD)で紹介している鋸の目立ての第一人者、長津勝一氏(丸長長勝)が伝授する「切れる鋸の原理」は、職人も手仕事を愛する日曜大工も必見の内容。

01p110111

02p112113

| | コメント (0)

2010.12.01

OZONEでモダンな面発光LEDシャンデリア【airLUCE】の浮花とBellflowerを展示!

Invitation_at_ozone

カテゴリー:04■エアルーチェairLUCE

インテリアの総合情報スペースOZONE(新宿)で、「祝祭空間」をテーマに衣食住のこだわりを知る都市生活者に向けた、良質な暮らしを実現するインテリアの空間が提案されています。
このイベントに、面発光LEDシャンデリアairLUCE の2アイテムが選ばれ、来年1月25日(火)まで展示されています。
会場に設けられたサンルームのエントランスと、ダイニングテーブルの上に飾られた2つの airLUCE は「これほどまでに祝祭イメージに合う照明はなかった!」「今までにないモダンなシャンデリア」と、たいへんご好評をいただいております。
上質なインテリア空間にコーディネートされたモダン・シャンデリア airLUCE の輝きをぜひご覧ください。

airLUCEのサイトはこちら

◎イベントタイトル:「祝祭空間をたのしむ100のアイデア」
◎airLUCE展示アイテム:Bellflower 1点、浮花(Lotus Flower_直置きタイプ) 1点
◎内容:著名人100名の祝祭に係るアイデアの紹介、その他イベント多数。
    詳細は、サイトでご確認ください。

◎会期:11月25日(木)〜来年1月25日(火)まで ※水曜日休館(祝日を除く)、および12/27(月)〜2011/1/3(月)冬期休館
◎場所:リビングデザインセンターOZONE 3階OZONEプラザ
    東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
    電話03-5322-6500
◎地図ならびに無料シャトルバス:
    JR新宿駅西口エルタワー前より無料のシャトルバスをご利用いただけます。
    地図ならびに無料シャトルバスについては、サイトでご確認ください。
◎入場料:無料

Ozoneimg_4966_2

Ozoneimg_4979_2

Ozoneimg_4972

Ozoneimg_4985

Ozoneimg_4958_2

Ozoneimg_4967_2

Ozoneimg_4977_3

airLUCEのサイトはこちら

| | コメント (0)

IFFT interiorlifestyle living 2010

Photo

インテリアライフスタイル リビング
会期:2010年11月24日(水)〜26日(金)の3日間
会場:東京ビッグサイト
主催:社団法人日本家具産業振興会 メサゴ・メッセフランクフルト株式会社

カテゴリー:03■次の暮らしのデザイン

景気が低迷する中、ここ数年展示会への出展者数も来場数も減少する一方ですが、まったく動きのなかった去年に比べると今年は、ちらほら仕事が動き出しているという声も耳にします。オフィスに引きこもっていても元気がなくなる一方なので、展示会やイベントにドンドン出掛けてみましょう!
今回訪れたのは、インテリアライフスタイル リビング展。その中からいくつか気になった製品をリポートします。

photo&text: Kazuko TOMOYORI

■Kitoki
www.kitoki.jp
Kitoki01_2
新しい感覚のちゃぶ台は、伝統的なふすまの取手をアレンジした形で写真は「はつかづき」。どこか懐かしい親しみあるデザインだと思えるのはこのためかも。また、天板のエッジ部分を薄く仕上げているためとても軽やかに見えます。

Kitoki03
こちらは、お重のようなお茶道具入れ。他にも身近に置きたいものを入れるのに重宝しそう。奥に写るテーブルのかたちは「りきゅうひし」。

Kitoki02
デザイナーの関洋さん。「若い女性のひとり暮らしを意識してデザインしました」とのこと。
森ガールたちに指示されそうな、つつましいエコな暮らしにぴったりなデザインですね。

■TATAMO!
www.tatamo.jp
Tatamo02
エコファーマー認定を受けたイグサ農家の畳表を使ったプロダクトを展開しているTATAMO。木製のフローリング材のようにブロックタイプの「TATAMO floor」は、これまで使えなかった短いイグサを利用した製品。いろんな貼り方ができて、これまでの畳の部屋のイメージをかえてくれる可能性を感じます。黒い畳を見た事がなかったのですが、あたらしいインテリアのイメージが広がります。

Tatamo03

Tatamo01
写真は「TATAMO! yoga」マット。畳の上でのヨガは、イグサのいい香りでリラック効果も。これもエコファーマー認定を受けたイグサ農家の畳表だからこそ。国産のイグサのシェアは、20%程度。もっと、今のライフスタイルにあった提案が広がっていけば、畳文化も引き継がれていくでしょう。

■ワークス・ギルド・ジャパン
www.wgi.co.jp
Wgj
森林資源の多い日本にもかかわらず、子どもが小さいころから触れる木製玩具が少ない日本。秋田県の伝統技術「曲げ木」技術を生かして作られた木製二輪玩具。ペダルが無く、足で地面を蹴ってバランスを保つようになっている。推奨年齢3歳〜5歳。子どもが大きくなってもインテリアとして飾っておきたいデザインです。


■富田興業 LECOSTYLE
www.tomita.co.jp

Tomita01_2
ファッション業界向けに天然皮革を扱っている富田興業が、インテリア業界にもっと鮮やかな皮革や様々な加工技術を提案したいとはじめたブランドがLECOSTYLE。写真はデザイナーの小泉さん。小泉さんが手に持っているのは、楽しい色柄の本革クッション「レザブ」。壁に貼られているのは、本革を100角から450角までタイルのモデュールにして使い易くした本革タイル「レモデュ」。施工など技術的な点は、富田興業がサポートするので、内装や家具に使ってもらいたいとのこと。

Tomita03
こちらは、靴の加工技術を使った本革iPhoneカバー「レアイ」。手になじんで愛着が湧きます。

Tomita02
他にもファッショングッズで培った技術のつまったカラフルなiPhoneカバー。ハンドバックとお揃いだともっと素敵。

■吉桂 
www.yoshikei-interior.co.jp
Ipole7

Ipole02_3
長時間、椅子に座って作業する際の姿勢の矯正や脊髄の健康をサポートするために開発されたiPole7。
韓国の医療機器を専門とするスタッフがデザインした製品。背もたれのように見える部分を前にして肘をつけて座ります。座ってみると確かに背筋がピンと伸びて気持ちがいい。おもしろい脚は、フットレストとして両足を乗せるようになっています。肩こりに悩む私も一脚ぜひ使ってみたい。

■リーン・ロゼ ligne roset
www.ligneroset.jp
Photo_2
輸入家具の旧ブランドが苦戦するなか、売上を伸ばしているというリーン・ロゼ。百貨店などでの扱いも増えて勢いを増しているそうです。写真は、今年のミラノサローネにも出品された新作ソファ「ルシェ」。キルティングのステッチがユニークで楽しいデザイン。この布地部分が取り外し可能になっていて、傷んだら取り替えできます。細い脚のバランスも軽やか。

02
パズルのように組み合わせができるソファは「コンフルアンス」。リーンロゼの人気のひとつには、この寝せべることができる椅子にあるのだとか。いつでもお行儀よくソファに座っているわけではないので、こういうカウチタイプが欠かせません。確かに他のブランドでも最近は、L形になったソファが良く売れると聞いています。それに加えて、リーン・ロゼ独特の独創的デザインが、好まれているようです。

03
壁にかかるのはインテリアオブジェ。8ピースセットと24ピースセットがあって自由な組み合わせが可能なクリエイティブなアイテム。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »