« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.26

DESIGNTIDE TOKYO 2010

photo/text: Uta ISOBE

2010年10月30日(土)~11月3日(水)に、東京ミッドタウン・ホールをはじめ、都内各所で開催されたDESIGNTIDE TOKYO 2010。「常に新しいものやシーンを提案するトレード・ショウ」をテーマに掲げ、新しい作品やアイディアに触れられた本展示会では、自然からインスパイアされたものや素材の特性を活かしたもの、そして、新旧の融合から生まれたものが印象的でした。

■Nagatomo / Jan (MisoSoupDesign) for lerival
www.misosoupdesign.com
www.lerival.com
Kulmschair_01
しなやかな曲線が美しい「Kulms Chair」は、建築や家具などを手がける長友大輔氏と詹明旎氏(MisoSoupDesign)の2人によってデザインされ、ニューヨークのデザインハウスlerivalから発表されている。
Kulms Chair 01(写真奥)と、それを反転させたKulms Chair 02(写真手前)の2種あり、どちらもスタッキングが可能だ。
稈(かん)や竹の根などからインスピレーションを受けたというやわらかなフォルムには、合板が用いられ、カラーは黒・白を含め、全5色から選ぶことができる。

■MIC*ITAYA
www.micitaya.com
Suzunochochin_01
提灯の伝統を継承しながらも、現代的なアプローチでつくられた照明器具「SUZUMO提灯」は、ビジュアルアーティストのミック・イタヤ氏のデザイン、鈴木茂兵衛商店の製作によるもの。
すべて日本国内で手づくりされた、提灯の「たためる」という特質を持つこの照明は、中にセンサーが組み込まれているため、照明に近づき手を叩く事で、簡単に点灯・消灯ができる。また、光源にはLEDを使用し、光の色は暖かみのあるイエロー系と、クールな印象のホワイト系がある。和風のインテリアとしてだけでなく、モダンな空間にもマッチする一歩進んだ提灯だ。

■emmanuelle moureaux
www.emmanuelle.jp
Eda_02

Eda_01
細い線が複雑に交差する様に見える、インスターレーション「eda」。実は、写真(下)のような非常にシンプルな形の連続によって出来ている。木の枝先の様な規則的に枝分かれした形をいくつもつなげ、空間を構成しているこの展示には2000ものピースが使用されているそう。三次元に広がる色とりどりの「eda」が、木立や血管、珊瑚礁等、自然界の美しい形を連想させる。

■Tsuyoshi Yoshikawa / Mitec
www.mitec-t.co.jp
Grassstool_01

Grassstool_02
積層ガラスを使用したスツール。表面に図柄をプリントしたガラスを7枚の重ねているため、模様が立体感のある仕上りになっている他、強度も十分で、座ると非常に安定感がある。ガラスならではの透明感が感じられ、経年による変質が少なく耐久性があるので、屋外での使用も可能。電子部品を製造する際に用いる技術を利用し、職人がハンドメイドで製作しているそう。

■Kamide Choemon-gama × Jaime Hayón
www.choemon.com
www.hayonstudio.com
maru-waka.com
Jaime_02

Jaime_03
九谷焼の窯元である上出長右衛門窯とデザイナー、ハイメ・アジョン氏のコラボレーションで生まれた磁器のコレクション。
日本伝統のものづくりをテーマとする丸若屋プロデュースの元、古くから息づいてきた日本の伝統と彼のユニークなアイディアが出合い、九谷焼の良さを活かしながらも遊び心溢れるテーブルウェアが新たに生まれた。また、コレクションは、アートピース、割烹食器、日常食器の3つのラインで構成されている。
下の写真は、アイディアスケッチ。

■Naoki Kawamoto
www.naokikawamoto.com
Orishiki_01

Orishiki_02
「折り紙の『折-Ori-』と風呂敷の『敷-shiki-』、方法ややり方を表す『式-Shiki-』を組み合わせた造語」という「ORISHIKI」は、一枚のシート状に展開した状態から荷物を包み込む様にするとピタっと箱状に閉じ、再び元の姿になるという鞄のシステム。
写真の眼鏡ケースの他にはスーツケースやクラッチバッグがある。現在はプロトタイプとのことだが、様々なものに展開できそうなこのシステム、今後の展開が楽しみだ。

| | コメント (0)

EU発、最新のインテリアデザインが集結する展示・商談会「european design」2010 Vol.2

photo/text: Shizue INOUE + Tranlogue Associates

■Blue Marmalade Ltd.
www.bluemarmalade.co.uk
Bluemarmalade_0592

Bluemarmalade_0596_02
Blue Marmalade®は、スタイリッシュで、かつ環境にやさしい家具、ホームアクセサリー、照明を展開する。製品のほとんどは再生資源からつくられ、また、全ての製品が100%リサイクル可能。1枚のプラスチックシートをまるで折り紙のように組み立てて使用するダストボックス「polyrap」(下写真)は、軽量で、使用しない時は折り畳んでフラットになるので、アウトドアにも活躍しそう。ボディはスリムだが、口が広いので使い勝手も良い。

■KAFTI DESIGN
ポーランド
www.kafti.com
Kafti_0627_2

Kafti_0631_2
シンプルでありながら、ユニークなフォルムが魅力的なKAFTI DESIGNの製品は、スタイリングの追求だけでなく、環境配慮や社会活動にも積極的だ。地元や国内の企業をサポートするため国内生産にこだわり、リサイクル可能な素材や環境に配慮した生産方法などを心がけている。写真の照明は、ポリプロピレンとポリカーボネートを素材としており、フラットな状態から組み立てる為、梱包は軽量かつコンパクトで輸送時の環境配慮も万全。

■TOP FLOOR UK LTD
英国
www.topfloorrugs.com
Topfloor_0255_2

Topfloor_0615_2
カーペットやラグのオーダーメイドを手がけるデザイン・製造・販売会社。立体的なカットが施され、端正な彫刻のようで陰影が美しい「Esquire」(上写真)をはじめ、製品は全て職人による手作業というから驚き。高級感あふれる同社の製品は、多くのデザイン賞を受賞し、一流ブティックホテルやデザイナーズ住宅など、ハイエンドな空間に採用されているそうだ。

■BETON
ポーランド
www.betonon.com
Beton_0268_2

Beton_0264_2
布や紙などの軽量素材に幾何学な要素をとりいれた製品を展開。ボール紙を素材としたパーテーション(上写真)は、パーツを増減させる事で、好みの高さや幅に変えられる。ポーランドでは、劇場などでも採用されているそう。椅子をまるごと包みこんで着せ替え感覚で楽しむ椅子カバー(下写真)は、カバーをかけた写真の状態で、この上から腰掛ける。独特なパターンが空間を個性的に演出してくれる。

■Sand Division
オーストリア
www.sandpicture.com/
Sanddivision_0637_2

Sanddivision_0269_2

Sanddivision_0643_2
2枚のガラス板の間に水、空気、密度の異なる3種類以上の砂を挟み込み、刻々と絵が変化するアート。気泡の間から砂が落ち、砂丘や山のような情景をつくり出す。その様子は、長い歳月をかけた自然の遷移が、絵の中で繰り広げられているようだ。絵を上下逆さにすると再び砂が落ち始め、毎回異なる情景を楽しめる。上品にキラキラと光る砂やオリジナルに着色された砂が織りなす絵は、間近で見るととても美しく、心をおだやかに落ち着かせてくれる。

| | コメント (0)

2010.11.18

EU発、最新のインテリアデザインが集結する展示・商談会「european design」2010

photo/text: Uta ISOBE

トランローグがブランディングとプロモーションデザインを担当した、ヨーロッパのインテリアデザインを集めた展示・商談会「european design」(www.europeandesign.jp)が、10月27日と28日の2日間、ヒルトン東京で開催されました。ファニチャー、ホーム・テキスタイル、インテリア・アクセサリー、照明、壁紙等、バラエティに富んだアイテムを携え、16カ国から39社が集まりました。
今回は、個性的で洗練されたプロダクトが揃った本展示・商談会の中からいくつかご紹介します。

■Verso Design(ベルソ デザイン)
フィンランド
www.versodesign.fi
Versodesign_02

Versodesign_01
ウール100%のフェルトからつくられたテーブルセンターや鍋敷き、コースター等。日本でも人気のあるフェルトの素材感と花やベリー、雪の結晶などの有機的なデザインが、やさしく暖かみのある風合いを生んでいる。また、汚れが付きにくく断熱性や通気性もあり、見た目だけでなく、実用性も兼ね備えているのがうれしい。カラーも豊富にあるので何色も組み合わせ、自分なりのコーディネートが可能だ。

■FLEUR DE SOLEIL (フルール ドゥ ソレイユ )
フランス
www.fleurdesoleil.fr
Fleurdesoleil_01

Fleurdesoleil_02
思わず微笑んでしまうような、遊び心溢れたプレゼンテーションのテキスタイルブランド。植物や動物をモチーフにしたものをはじめ、エッフェル塔等の絵柄が目を引く「Paris」シリーズが揃い、全体的に落ち着いた色味を採用。素材は100%コットンで、アクリルコートをした汚れにくいものも選べる。
下の写真は、ネクタイ形にカットされたディスプレイ用のテキスタイルを身に付け、デモンストレーションしてくださった出展社の方。

■MEYSTYLE(メイスタイル)
英国
www.meystyle.com
Meystyle_01

Meystyle_02_chime_insitu
プレス用フォトより/コレクション「NINA」の「Chime」

LEDやスワロフスキーを取り入れ、個性的な絵柄で目を引く壁紙。様々な人を迎えるホテルのロビーやラウンジはもちろん、ベッドルームをはじめとした住宅の壁にアクセントとして使用すれば、華やいだ空間がつくれそうだ。
このブランドのデザイナーである、Mariaさんと Ekaterinaさんの祖母Ninaさんの刺繍デザインという「古き良きもの」のエッセンスと、LEDやスワロフスキー等の「新しいもの」を取り入れた、最新コレクション「NINA」は、新旧の魅力を独創的にミックスさせている。また、ヨーロッパとアジアの雰囲気を併せ持つコレクションでもある。

■ kymo GmbH (キイモ)
ドイツ
www.kymo.de
Kymo_01

Kymo_02
住宅や店舗、オフィスで幅広く利用されているカーペットブランド。様々な素材やカラーで目を引くカーペットは、様々な企業の広告でも使用されている。
2010年コレクションのひとつである「THE MASHUP」は、「(既存のものを)混ぜ合わせる」という意味の通り、糸の状態まで戻された古いオリエンタルカーペットを、再びパッチワーク状に織り、現代的に蘇らせた製品。施されたステッチが、ヴィンテージの味わいを与えている。カラーは8色の中から選ぶか、複数の色を好みで組み合わせられる等、カスタマイズ性も高い。また、エッジのラバー加工やウラ面に滑り止めが付いており、実用面でも安心できそうだ。

■ SCULPTURES-JEUX(スカルプチャース ジュ)
フランス
www.sculpturesjeux.fr
Sculptures_01

Sculptures_02
重なり合う甲板をシチュエーションや気分に合わせて引き出したり、裏返して使用できるこのテーブルは、なんと25年前にデザインされたのだそう。シンプルなデザインでありながら、シーンごとにアレンジが可能なので、飽きがこなく長く使える。下の写真「PAR3」シリーズの「MA3POP」は、甲板をブラックの裏面に入れ替えると、ガラっと表情を変える。
使いたい時に広げ、普段は収納しておけるので、日本のコンパクトな住宅でも十分に使用でき、洋室はもちろん、和室にも合いそうだ。

| | コメント (0)

2010.11.17

HIRAMEKI Design × Finlandデザインイベント & エキシビション

Img_4668

2010年10月29 日(金)-11 月7 日(日)
リビングデザインセンターOZONE(東京・新宿)

カテゴリー:03■次の暮らしのデザイン

photo: Motohiro SUGITA text: Kazuko TOMOYORI

あるデザイン関連の研究機関の方に「とても充実した展示会なので是非行くべき!」と勧められて、今年のデザインウイーク中に開催されたOZONEでのフィンランド展に行ってきました。「HIRAMEKI」と英文表示された展示会名は、次々と継起される「ひらめき」が重なり合うことで、これまでなかったアイディアや意見、そしてデザインを提示される場、とのこと。また、今回のイベントは、フィンランドデザインの対外輸出を振興し、フィンランドのデザイナーと日本企業による共同ベンチャーを推進することが目的。そのためか、派手さはないが、選りすぐりの完成されたデザインの展示会になっている印象を受けました。渋さの中に洗練された繊細さがあり、大人っぽさと可愛さが混在し、どれも日本人好みのデザインです。この展示会を見て、「これは一度フィンランドを旅してみたいものだ」と思わせてくれました。
展示の中には、すでに日本の製造業とコラボした製品も展示され、日本製品との相性の良さを教えてくれます。また、フィンランド在住の日本人デザイナーも何人か参加していて、フィンランドと日本の文化が融合している様子を確認することもできました。

展示は、テーマを象徴する6 色の「スパーク」で色分けされ、OZONEの3つのフロアに分かれて展示されていました。

テーマ「NEON:挑戦」は、若手デザイナーの驚きの詰まったデザイン
■HOW ABOUT VIKTOR
Img_4623
シンプルなシェードを集めた照明Campanula lamp、原子モデルを模したキャンドル立てAtomos candle holder、小さなクッションを集めたソファHanabi chair。

■MAGI&CO.
Img_4625
LEDで手軽に育てる菜園キットWe are all farmers。植物の種類や生育状況に合わせて光の波長を変えて生長を促したり遅らせるなどコントロール可能。同時に気分に合わせて色を変えるインテリア照明としても独特の雰囲気をつくり出す。

テーマ「白:照明、思考」ではエネルギー問題へのソリューション
■Esa Vesmanen/エサ・ヴェスマネン
Img_4627_3
北欧らしい繊細で軽やかなフォルムは、成型合板の高い技術に支えられている。薄い合板の中には大音量のスピーカーを埋め込む事に成功している。Black Balance chair ブラック・バランス・チェア。

■MELAJA
Img_4668_2
フィンランドの冬を思わせるバブルの照明。Studio-Eero-AarnioコレクションDouble Bubble。

テーマ「青:フィンランド」は機能性から生まれるデザイン
■MARIA JAUHIAINEN
Img_4649
枯葉の押し花からインスピレーションを得てデザインされた金属のアクセサリーLehti。小さなものはブローチになり、たくさん集めてつなげたものは、壁に陰影をもたらして繊細なインテリアアクセントに。写真の女性がデザイナーのMs. Maria Jauhiainen。

■JOHANNA GULLICHSEN TEXTILE CRAFT & DESIGN
Img_4665
織物テキスタイルのコレクション。上質な素材感と白黒の美しい幾何学模様がモダン。

Img_4666_2
Tetraハンドバッグ。

Img_4667
淡い色になると和の懐かしさを感じるテキスタイル。

テーマ「黒:デザイナー・アイコン」
■TIMO RIPATTI
Img_4657
オブジェのようなフォルムに日本の刺し子からイメージしたような座面のテキスタイルがモダンに映る。Ellipse chair。

Img_4656
日本料理レストランにぴったりなCW01 chair。

■TAUNO TARNA
Img_4678
フィンランドデザインと東北地方の盛岡でつくられてきた南部鉄器とのコラボが成功したコレクション。Ironware Collection, Nanbu Tekki, Pro Arte Series 2008。

■KRISTIINA LASSUS
Img_4661
水墨画を思わせる、日本人好みの枯淡な味わい。素朴な風合いを生み出す伝統的チベタンノットの技術を使用したハンドメイドのラグOkoaオコア。ネパール製。

テーマ「緑:サスティナビリティ」
■NATHALIE LAHDENMÄKI AND NAOTO NIIDOME
Img_4644
艶があって発色の良い内側の色と、艶のないグレイッシュな外側のコンビが美しいテーブルウエアのシリーズ。土こねから釉薬、仕上げまでハンドメイド。手仕上げと思えない薄いつくりとていねいな仕上げが魅力的。

■SAANA JA OLLI
Img_4638
欧州産ヘンプ100%のキャンバススーツケースMatkaaja。クッションやフロアピローに。中に毛布やマットを入れておけば、眠くなったら取り出してすぐに使える。

テーマ「灰色:デザインと産業」製品開発での戦略的ツールとしてのデザイン
■ROCLA
Img_4620
倉庫内で使われるため人目に触れる機会が少ないことが残念な、デザインが美しく、ハンドルの操作性がテレビゲームに似て機能的な倉庫用トラックRocla Rapid。

| | コメント (0)

2010.11.09

モダンな面発光LEDシャンデリア【airLUCE】2010新製品発表&カクテルアワー・リポート

Img_0351

Img_4561

Img_0340

Img_0348

カテゴリー:04■エアルーチェairLUCE
airLUCEサイトはこちら


世界各国で、特殊用途を除いて生産と使用が中止される白熱電球に代わる、と言われているLEDを用いた演出照明のairLUCEシリーズ。シャンデリアなど白熱電球を多用してきた演出用照明では、LEDなど省エネルギー光源への転換が急がれているようです。airLUCEシリーズは2007年に100% Design Londonで発表以来、エルメス、ブルガリ・リゾート設計者、ニューヨークの大手インテリア設計事務所ロックウェル・グループを始め世界40カ国、1000名を超える方々からお問い合わせをいただいています。
そして、去る10月29日(金)、11月1日(月)、2日(火)の3日間、トランローグにてモダン・シャンデリアairLUCEの新製品Lotus Flowerのプレビューを行いました。連日たくさんの方々にお越しいただき、盛況のうちに終了することができました。皆様、本当にありがとうございます。
このブログではお越しいただいた方々からのご意見を紹介させていただきました。今後airLUCEをより良い照明に育て上げていく参考にさせていただきたいと考えています。
ところで、11月25日〜来年1月25日まで、新宿のOZONEにおける著名人100名のアイデアを紹介するイベント「祝祭空間をたのしむ100のアイデア」にてLotus FlowerとBellflowerを展示いただくことになりました。後日詳細をご案内いたします。お楽しみに!

Img_0331
住関連の出版社で編集長を務める奥村さん。「Lotus Flowerは、広々とした和の板間に合うね!」

Img_4574
住宅設備メーカーにお勤めの竹見さん。「従来のLEDにはない優しい光で、とてもいい表情の照明ができましたね!」

Img_0368
素材メーカーにお勤めの高橋さん(左)、平田さん(中)、遠藤さん(右)。「明るさやデザインがホテルの部屋にぴったり!」

Img_4570
旭さん(左)と藤井さん(右)。2色の標準色と5色の特注色からお好みで選んだのは、チェリー。20代女性ならでは(?)。

Img_0398
ハイグレードな住宅を紹介する出版社で編集者を務める斉藤さん。「airLUCEシリーズは、ガラスには真似できない独特の柔らかさを表現できましたね!」

Img_0374
プロジェクターによるビジュアル・プレゼンテーション。アンケートしながら商品について説明させていただきました。

Img_0388
ライティング・ディレクターの光延さん。「このデザインを理解していただけるお客様はいます。そういうお客様をたくさん見つけ出してください!」

Img_0402
酸味と塩気の利いた、赤ワインに最適な黒オリーブ。バジルとアンチョビ、ドライトマトとアンチョビと唐辛子の効いたグリーンオリーブ。ミモレットなど牛乳から作られたコクがあってアクの少ないチーズ。お客様からいただいたお菓子などをおつまみに。

Img_0406
デザイナーの鈴木さん(奥)。ブランディングのコツについて親切丁寧にご教授いただきました。どんなコツかって? 今後のairLUCEの展開をお楽しみに! 手前はトランローグの友寄。

Img_4577
アクリル加工やデリバリーを担当いただいているプラスチック商社の中山さん。Lotus Flowerの3次元曲面の加工、カラーバリエーションなど、クリエイティブなソリューションでプロジェクトをリードしていただいています。


Img_0407
制作&印刷会社にお勤めの大西さん(左)と結束さん(右)。「Lotus Flowerは、シンプルモダンでいつまで眺めていても飽きがこないですね! 優しい光も魅力的です。」

Img_4578
IT関連のお仕事をされている守田さん。「20代の家にもLotus Flowerは合います!」


Img_0413
7色のカラーを変更してプレゼンテーション。制作&印刷会社にお勤めの杉山さん(右)。「いやぁ、本当に大盛況ですね!」

Img_4580
4年前、100% Design Tokyoで初めて面発光LED照明を発表して以来、注目していただいている設計会社にお勤めの水嶌さん(右)と、小谷さん(左)。「レストランや宴会場などの人が集まる場所に、アイキャッチになっていいですね! 新しいカラーができたら見せてくださいね」。
—はい、喜んで!


Img_4581
左からボディセラピストの安藤さん、五月女さん(会社員)、ロミロミセラピストの吉川さん。カラーからデザイン、メンテナンスまで様々なアドバイスをいただきました。「2時間これらの照明を見続けても目が疲れないのは驚きです! 他の照明では経験がありません!」

Img_4583
PR会社にお勤めの戸上さん(右)。「イベントで使うと人目を引き、人気がでそうですね!」

Img_4589
住宅雑誌などの編集を行う渡辺さん。「7色の中では、やはり標準色の電球色が一番いいと思います!」

Img_4592
ミラノ在住の現代美術家、廣瀬さん。「トランローグの皆さんは、自ら田んぼで米を育て、酒を搾ったり、今までにない照明を4年以上もかけて商品化するなど、本当にQOL(Quality of Life)が高いですね!」。
—トランローグでは、QOLという角度から考えていませんでしたが、これからは意識して提案して行きます!

Img_4594
トランローグのあるビルの2階でベリーダンス・スタジオを主宰する吉川さん。「Lotusはベリーダンスにはなくてはならない花なんです!」


Img_4587
研究機関にお務めの秋山さん(左)、長谷川さん(中)、松浦さん(右)。「4年前からずっと注目していました。カラーバリエーションについては、まだまだ開発の余地がありそうですね。今日はOZONEでフィンランドの展示会を見てから最後にここに立ち寄り、今年の東京デザイナーズウィークは、とても充実しました」。
—過分のお言葉、ありがとうございます!

Img_4603
左からインテリアコーディネーターの小川さん、原島さん。建築家の野田さん。インテリアコーディネーターの和田さん。「この技術を利用してbespoke(お誂え)にも対応してください!」「オブジェとしての存在感は抜群ですね!」


Img_4597
コンピュータのセットアップやウェブ制作を行う会社にお勤めの赤羽さん。

Img_4612
制作&印刷会社にお勤めの足立さん。「素敵な照明なので、たくさん売れるといいですね!」
—ありがとうございます。末永くよろしくお願いいたします。


Img_4608
トランローグの杉田(左)。ビジネス・コンサルティングを行うデザイナーの熊谷さん(中)。「ポジショニングとセグメンテーションでairLUCEは売れます!」。プロダクト・デザイナーで射出成形工場を経営する内川さん(右)。「単にゴージャス好きな人ではなく、デザイン意識の高い人に好まれそうですね。そんな人たちにとっては大きさもちょうどいいと思います!」

Img_4613
キッチンツール会社の太田さん(左)。ウェブマガジン会社の杉浦さん(中/Lotus Flowerの影に潜んでいます)。「airLUCEについて、もっともっと自慢のストーリーを語ってください!」。システム・エンジニアの八木さん(右)。

Img_0365
トランローグの井上(右)と磯部(左)。「皆様、今後ともairLUCEとトランローグをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます」
airLUCEサイトはこちらから

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »