« 2009 ミラノサローネ・レポート vol.3 ユーロルーチェ part.2 | トップページ | 2009 ミラノサローネ vol.05 Salone del Mobileミラノサローネ国際家具見本市 レポート Part 2 »

2009.05.20

2009 ミラノサローネ vol.4 Salone del Mobileミラノサローネ国際家具見本市 レポート Part 1

photo & text: Motohiro SUGITA

2009 ミラノサローネ・レポート第4弾は、展示会場フィエラ・ミラノで開催されたSalone Internazionale del Mobile(通称Salone del Mobile)ミラノサローネ国際家具見本市に関するレポートのPart 1。
60周年記念展示を行ったKartell、ファッション・ブランドDIESELとのコラボレーションに止まらず新作ラッシュのMOROZOを筆頭に、例年以上に盛況な印象。反面、フィエラ・ミラノでの展示を止め、Fuori Salone(サローネの外=場外)の中心地トルトーナ地区での展示に踏み切ったPoltrona Frau Groupなど、時代の変わり目、新たな展開を予感させる兆候も見られた。
Vol4_img_1077_2


info02トランローグは、商談中心のフィエラ・ミラノにおいて成功するための展示作法と、ブランディング中心のFuori Saloneにおける展示の秘訣について、エクスナレッジ・ムック「iA(アイエー)10号」で11ページに亘って詳解しています。web magazine TRANLOGUEと併せてご笑覧ください。
1_0203

info02住宅、インテリア関連企業の広報ご担当者様へ。新製品情報などニュース・リリースをお送りください! web magazine TRANLOGUEでのご案内を検討させていただきます。また、トランローグは、企業向けにミラノサローネ詳細レポートを作成しています。気軽にお問い合わせください。

info02トランローグのデザインによる面発光LED照明airLUCE(エアルーチェ)の新製品情報についてご案内していきます。お楽しみに!

info02トランローグは、「住環境ビジネスをデザインする」をテーマに、住環境関連の商品企画、展示会企画などのブランディングやプロモーションを行っています。気軽にお問い合わせください!


■X-Ray music and vintage treatments inspire the first collection
Successful Living from Diesel with Moroso

DieselとMOROSOは、モダンで高品質、他にはないデザインを求めるユーザー層をターゲットに、日常生活でリラックスできる、コンフォートな雰囲気の製品を共同開発。Creative DirectorはDieselのWilbert Das。
コレクションには2つの局面が共存している、とのこと。1つは、アグレッシブで怪しげな美意識のアンダーグラウンドにインスパイアされたダークな世界。もう1つは、柔らかく感じの良い自然素材や光にインスパイアされた明るい世界。
FOSCARINIとのコラボレーションで誕生した照明同様、ファッションブランドらしく大衆言語によってデザインされながら、既成概念に捕われない新鮮みのあるアイテムに仕上げられている。

Poltrona
Cumulus Chair(プレス用フォト)

Cabinet_definitivofosca_2
Flightcase (プレス用フォト)

Bar_stud_stool_higlow01_2
Bar Stud_Stool(プレス用フォト)

Ego_stud_mirror_01
Ego Stud Mirror(プレス用フォト)

Overdyed_side_table01
Overdyed Side Table(プレス用フォト)

Overdyed_table_01
Overdyed Table(プレス用フォト)

Xraydio_2_disc01
Xraydio 2-Disc(プレス用フォト)

Xraydio_razza_01
Xraydio 1-Razza(プレス用フォト)

Xraydio_3_natura_morta_01
Xraydio 3-Natura Morta(プレス用フォト)

■MOROZO
卓越したプロモーションならびにブランディング技術を持つMOROSO。今年も、樹木に見立てたパイプを多用した展示スタンドで魅せてくれた。近年のあまりにも巧みなプレゼンテーションに20年来のファンは、「昔はもっと地に足着いた製品開発を行っていたのに。いつからこんな会社に・・・」と落胆の溜め息を漏らす。しかし、今日のMOROZOこそが、インターナショナル・マーケティングをベースにバイヤーやユーザーのハートをキャッチするサクセス・メソッドを確立した国際企業、と書いても過言ではないだろう。

Img_1079
来場者はパイプの樹木の間を散策するように製品に触れることができる。写真を見ると、樹間で人々が立ち話をしている姿が散見される。通り過ぎるスタンドではなく、滞留するスタンドになっているようだ。

Binta_02
binta(プレス用フォト)

Img_1076
「やり過ぎ?」「いいえ、これがメディアをキャッチし、結果ユーザーの心に届くのです!」「!?」


Nanook_chair
nanook chair(プレス用フォト)

Img_1077_2
ホワイトの床と木陰にホワイトなソファpaper cloudがパーフェクト・マッチング。今回の展示の一押しはpaper cloudかもしれない。

Paper_cloud
paper cloud(プレス用フォト)


Kub
kub(プレス用フォト)

Img_1078
shadowy armchair。キャッチーで、しかもカラーや素材、テクスチャの壷を押さえたデザイン。

■ARMANI/DADA (Molteni&C)
Img_1003
Molteni&Cスタンドのファサード。Dadaは、イタリア家具メーカー屈指のMolteni&Cグループの一員。DadaとARMANIのコラボレーションによるキッチンを紹介。


Calyx_02lr
Calyx_01lr
Calyx(プレス用フォト)。テーマは「見えないキッチン」。大型ドアでキッチンを隠すことによってインテリア・マッチングを実現する、というソリューション。

Bridge_02lr_08
Bridge_03lr_10
Bridge_05lr_14
Bridge_18lr_37_3
Bridge(プレス用フォト)。ネーミングのBridgeは「キッチン機能と、作業領域/動線という2つの重要な側面をつなぐ架け橋」という意味が込められている。


■MAGIS
Img_1013

Img_1005

Img_1007
2008年は回転寿しのように椅子を回してみせたMAGIS。2009年は「原寸大ドールハウス」?。多くの来場者が、遠くから見え隠れするMAGISスタンドに無警戒で吸い込まれて行った。昨年は回転寿しの暖簾の奥に商談コーナ−を、今年はスタンド中心にレセプションと間仕切りで商談コーナ−を。毎度巧みなスタンド構成だ!


360_chair_1
360°Chair(プレス用フォト)

Elysee_1
Elysee(プレス用フォト)

Paradise_tree
Paradise Tree(プレス用フォト)

Villa_julia_1
Villa Julia(プレス用フォト)

■Kartell
Img_1042
2009年のテーマは、”WHAT A WONDERFUL WORLD ! ”、そして60周年記念。2008年は素材とカラーを全面に押し出し、新作のラッシュで同社のマーケティング&プロモーション・パワーを世界に見せつけたKartellだが、今年は一転して回顧展。「ど派手な展示だけど、新作が少ないのが期待はずれ!」という声も聞こえてきた。しかし、毎年数多くの新作を発表し続けなければならないのだろうか? 「デザインによるイノベーションとは、既成概念を変質させること」と言われるが、既存自社商品を”WHAT A WONDERFUL WORLD ! ”のテーマの下に、立ち止まって一つ一つ再確認、再定義したKartellの取り組みは、決して後ろ向きではない、と考えたい。

Img_1040
エントランスの日本語パネル。

Img_1049

Img_1046
スタンド内の商品とその意味を楽しく再定義してみせたインスタレーション。

Kartell_stand_01

Ghostbuster03
GHOST BUSTER. Design Philippe Starck with Eugeni Quitllet. 2009年新作。(プレス用フォト)

Img_1052
Masters. Design Philippe Starck with Eugeni Quitllet. 2009年新作。スタンド内の商品とその意味を楽しく再定義してみせたインスタレーション。

Img_1053
DUNE。スタンド内の商品とその意味を楽しく再定義してみせたインスタレーション。

Dune01
DUNE. Design Mario Bellini. 2009年新作。(プレス用フォト)

Cindy09
Cindy(プレス用フォト)

■driade
Img_1066
driadeスタンドのファサード。新作、従来商品、商談スペースが渾然一体に納められたカジュアルなスタンド構成。

Out_in_armchair_black_anthracite_02
Out_in_armchair_black_anthracite(プレス用フォト)


Img_1062
driadeの中心的な展示の一つ。

Out_in_high_easychair_black_anthrac
Out_in_high_easychair_black_anthracite(プレス用フォト)

Ring_red_01
Ring_red(プレス用フォト)


■COR
流行色を巧みに取り入れたシステム・ソファKELPを発表したのは、ドイツの家具メーカーCOR。Poliformなど数社が同様のカラーで展開していたのが2009年トレンドの一つ。

Cor_kelp_09_0628
Cor_kelp_detail_01_gruen
Cor_kelp_detail_01_pink
Cor_kelp_serio_multi
KELP(プレス用フォト)

■Vitra
Vitraスタンド内メインのインスタレーション、Vegetalチェア。インドア、アウトドア兼用。4年の開発期間を経て製品化されたオーガニックな構造は、20世紀の庭園の植栽からインスピレーションを得たそうだ。近年流行の「メッシュの座面」を新解釈で仕上げた洗練された秀作。
Img_1018

D_003_2
Vegetal – the universal chair with organic structure by Ronan & Erwan Bouroullec, 2008(プレス用フォト)

|

« 2009 ミラノサローネ・レポート vol.3 ユーロルーチェ part.2 | トップページ | 2009 ミラノサローネ vol.05 Salone del Mobileミラノサローネ国際家具見本市 レポート Part 2 »

ミラノサローネ Milano Salone/ユーロルーチェ Euroluce 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009 ミラノサローネ・レポート vol.3 ユーロルーチェ part.2 | トップページ | 2009 ミラノサローネ vol.05 Salone del Mobileミラノサローネ国際家具見本市 レポート Part 2 »