« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

「危機ですか? いいえ、サローネです!」2009 ミラノサローネ・レポート vol.1

photo & text: Motohiro SUGITA

Img_0778
メトロの中吊り「危機ですか? いいえ、サローネです!」。電車の天井から紐でブラ下げるのがミラノ流。

Img_0781
例年通り大勢の来場者で賑わうi saloni会場エントランス。

Img_1235
Fuori Salone(サローネの外)の代表格スワロフスキー。今年はトルトーナ地区の運河沿いに移動。

2008年9.15リーマン・ショック以降、世界金融は崩壊し、輸出依存度の高いメーカーの活動も停滞している。
ロシアや中東のオイル・マネー、躍進するBRICs諸国などを顧客に倍々ゲームの様相で成長して来たミラノ・デザイン・マーケットも危機の煽りを受けているに違いない。
しかし、同時に1961年から幾度の経済危機を乗り越えて来たSalone del Mobileの主催者、出展社の商魂は逞しい。
メトロで見かけたi saloni(※1)の中吊りのキャッチは「危機ですか? いいえ、サローネです!」。世界中の来場者の無意識の疑問を、顕在化して解消してみせる、まさにタイムリーなキャッチ・コピーだ。イベント主催者の自信と危機感は表裏一体のようだ。
そもそも「デザインが、停滞するイタリア経済を活性化した」と言われるほど、ミラノ・デザインは常に世界中の購買欲を刺激し、経済を活性化して来たのだ。

トランローグは2009年4月22日〜26日の5日間、幕張メッセの5倍の展示会場フィエラ・ミラノで開催されたSalone del Mobileと、同所で隔年開催のEuroluce、1979年からデザイン雑誌インテルニがサポートし、ミラノ市内各所で開催されたFuori Salone(サローネ展示会場の外)を訪ね、世界金融恐慌直後のデザイン・トレンドをリサーチした。
ウェブ・マガジンで2009ミラノ・サローネを数回に分けてリポートする。

※1:i saloniは、Salone Internazionale del Mobile(通称Salone del Mobile)ミラノサローネ国際家具見本市、Euroluceエウロルーチェ国際照明見本市、Salone del Complement d’Arredoサローネ国際インテリア小物見本市、SaloneSatelliteサローネ・サテリテの4つの展示会の総称。なお、Euroluceエウロルーチェ国際照明見本市とEurocucinaエウロクチーナ国際キッチン見本市は隔年で開催。

トランローグは、商談中心のフィエラ・ミラノにおいて成功するための展示作法と、ブランディング中心のFuori Saloneにおける展示の秘訣について、エクスナレッジ・ムック「iA(アイエー)10号」で11ページに亘って詳解しています。web magazine TRANLOGUEと併せてご笑覧ください。
1_0203

住宅、インテリア関連企業の広報ご担当者様へ。新製品情報などニュース・リリースをお送りください! web magazine TRANLOGUEでのご案内を検討させていただきます。また、トランローグは、企業向けにミラノサローネ詳細レポートを作成しています。気軽にお問い合わせください。

トランローグのデザインによる面発光LED照明airLUCE(エアルーチェ)の新製品情報についてご案内していきます。お楽しみに!

トランローグは、「住環境ビジネスをデザインする」をテーマに、住環境関連の商品企画、展示会企画などのブランディングやプロモーションを行っています。気軽にお問い合わせください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.16

東京で出合った心を満たすおもてなし

Vol.1 ザ・リッツカールトン東京
東京再開発の中心、六本木にある「世界最高の感動サービス」を謳うホテル、ザ・リッツカールトン。
ホテルやホスピタルの語源がホスピタリティであると言われるが、ザ・リッツカールトンがホテルというライフスタイルの提供を通して極めるおもてなしとは、一体どのようなものか?
トランローグが加盟する(社)日本マーケティング協会が主催する「ザ・リッツカールトンを体験する会」に参加して、レストラン、客室を見学・体験し、さらに総支配人から哲学について伺った。

06■東京おもてなし
(text+photo:MotohiroSUGITA)

コバルト・ブルーのゴブレット
すれ違うすべてのスタッフの快活な挨拶に迎えられ、昼前に集合場所の会議・宴会場に到着した。
テーブルにはステーショナリーが準備され、青色の夜景が印象的なブロッシャーと、同じく美しいコバルト・ブルーのゴブレットに水が注がれ、また、脚付きの菓子皿にグリーンのミント・キャンディーが用意されていた。
これらも、ゲストが講演会で数時間を快適に過ごすための、おもてなしの表現なのだ。
ところで、コバルト・ブルーのゴブレットには、こんな逸話があるそうだ。ザ・リッツカールトン ボストンのオーナーが、コバルト・ブルーのチェコ製のクリスタル・シャンデリアを注文した際に、それによく合うゴブレットをデザインしたのが起源という話。

Img_0205
受講者用のテーブル・セッティング。チョコレートの香り、シナモン・ホワイトペッパーなどを加えたザ・
リッツカールトン東京オリジナル・ブレンドティーは、至福のリラクセーションを演出してくれる。大人も子どもも虜に。

「アラカルト」の発祥地はザ・リッツカールトン ロンドン
オリエンテーションを受け、総勢50名ほどの参加者は、45階のレストランへと移動した。
流石に50名にサービスするのは並大抵ではない。また、参加者は日本を代表する企業の、役員やサービスのプロばかりだ。スタッフは行く先々で呼び止められ、メニューについて質問攻めにあった。
スタッフは、大人数に滞りなく皿が行き渡ることを第一に考えながらも、一人一人の質問に対して手を抜かず丁寧に答えた。
なお、「アラカルト」のコンセプトは、ザ・リッツカールトン ロンドンのシェフ、エスコフィエにより生み出された、とのこと。

Img_0153_2
研究会のためにアレンジされたランチ・メニューのメイン「雛鶏のロースト、クミン風味、ワイルドライスピラフ、セージのジュ」。雛鶏とワイルドライスの食感の対比、2つをまとめるソースが面白くヘルシーな逸品。

ダブルベッドもリッツが起源
デザートとコーヒーをいただくと、参加者は3グループに分かれて客室へと案内された。
一泊6万8千円のタワーデラックスと11万円のエグゼクティブ・スイートの2タイプだ。
いずれもヨーロッパの落ち着いたやさしい印象のインテリアの中に和を取り入れたスタイルだが、それらが違和感なく調和していた。
ところで、ダブルベッドは、公共の場ではシングルベッドで別々に眠るという当時の常識を覆し、セザール・リッツがパリのリッツに導入したのが始まりとのこと。

Img_0201
2方向の窓から東京を見晴らすエグゼクティブ・スイート。玄関ホール、ベッドルーム、リビングがそれぞれ独立。洗面、シャワーは2セット。エスプレッソ・マシンや高音質スピーカーなどの備品も充実。

お客様に忘れられない感動を与えることが使命
総支配人リコ・ドゥブランク氏自らサービスの真髄について語っていただいた。

「私たちのモットーは『紳士淑女におもてなしする私たちも紳士淑女です』。つまり、常に人を気持ちよくさせるのが紳士淑女です。その最高のお手本がオランダ女王です。女王は、ヨーロッパとは文化の異なる地域から訪問されたゲストを招いて晩餐会を行いました。乾杯の際、ゲストはフィンガー・ボウルの水を飲み干してしまいました。列席者は皆驚きました。しかし、女王は顔色一つ変えずフィンガー・ボウルの水を飲み干し、ゲストに一礼しました。それを見ていたすべての列席者は、女王に習い、乾杯しました。紳士淑女は決して人に不愉快な思いをさせません」

「今朝、世界的セレブがこのホテルにやって来ました。ところが彼女は移動のため、おそらく到着前に彼女が何よりも楽しみにしていた筈のあるものを見ていません。そこで、スタッフは考え、それを彼女に見せたのです。すると彼女は、私たちの目の前でジャンプして喜んでくれました!」
(オフレコにつき、これ以上詳細は書けません。)

これらが世界最高の感動サービスを目指すザ・リッツカールトンのおもてなしだ。
なお、ザ・リッツカールトンのサービスは、お客様に満足いただくためにスタッフ全員が一人一日当たり20万円の決裁権を与えられていることで有名。
ドゥブランク氏は自ら笑いを堪えて悪戯っぽく語った。
「皆さんにお願いです。どうか私のスタッフに20万円を使わせないようにお願いいたします(笑)」

Img_0207
総支配人リコ・ドゥブランク氏。情熱とユーモアたっぷりにザ・リッツカールトン東京の哲学と戦略を語る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.08

ミラノサローネ・ユーロルーチェ2009 

ミラノサローネ2009が、4月22日から27日まで開催されます。今年は隔年開催のユーロルーチェの年。
今年もサローネの様子をブログでリポートします。お楽しみに!
まずはいくつかのプレスリリースをご紹介します。

Image002


Invito_bd_milano_2009

Previeweuroluce2009_eng

27_flyer

Image001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパから集められたお気に入りのインテリアに囲まれて暮らす

最先端のインテリアスポットが南青山にOPEN
(text+photo:KazukoTOMOYORI)
3月25日、招待客とプレス向けに公開された、トーヨーキッチン&リビングのショールームを訪ねました。通りからもよく見えるガラス張りの建物の中には、世界中から集められた選りすぐりのインテリアアイテムが、キラキラと輝いています。一歩足を踏み入れるとまるでミラノサローネ(イタリア・ミラノで毎年行われる国際家具見本市)を訪れたかのような錯覚を覚えます。スケールが大きく、とてもきらびやかで華やかなコーディネート。キッチンだけでなく、日本初の展示販売になる照明も豊富に揃えられ、インテリアマニア必見の場所になりそうです。

Img_0616
エントランスでは、巨大なシャンデリア「モンゴルフィエ(フランス語で熱気球)」が目に飛び込む。黄色い椅子は、梅田正徳氏デザインのRan。

Img_0658

Img_0656
キッチンINOシリーズのnew type[C-LAND]。巨大水栓の大きさと発想には驚きです。水栓は自立していて、調理の際には、人が水栓の下を行き来します。

Img_0659
ベネチアンガラスで有名なバロビエトーゾのシャンデリアとコーディネートされた、ダブルシンクのキッチン[CD-LAND]。

Img_0651_2
ほどよい囲み感が心地よいキッチン・アルコーブ。


Img_0641
スペイン・サグラダファミリアで有名な建築家ガウディによるデザインの椅子。販売しています。

Img_0639
こちらはサルバドール・ダリのデザイン。


Img_0646
インパクトある鮮やかなブルーの家具は、ハイメ・アジョンの「ショータイム」シリーズ。

Img_0648
こちらもハイメ・アジョン。この椅子を2007年のミラノサローネで見た時は、オリジナリティの高さと完成度に驚きました。この椅子に、ここで再会できるなんて!

Img_0632_2
イタリアFOSCARINIやVistosiの照明にも会えます。

Img_0624
YcamiのORIGAMIも展示。


Img_0630
壁面のアメリカンコミックは、モザイクタイル。オレンジ色の水栓ネックはクネクネと自由に曲げられます。

この他にも羽のついた豚の照明もあったり、他ではお目にかかれない希少品や優れものの数々が発見できます。
more info

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009 田植え体験ワークショップ開催

すっかり春らしくなってきましたが、トランローグでは、下記の通り、房総のワークショップにて米づくりワークショップ(田植え体験)を開催する予定です。米作りを楽しみたい方、将来自給自足に挑戦したい方へご案内します。

Img_0743

Img_0735

記)

■目  的:田植え体験。里山の保全、再生。都会と田舎の交流

■日  時:5月3日(日)朝10時頃〜(雨天の場合、翌日に順延)

■場  所:千葉県長生郡睦沢町。最寄り駅=外房線・上総一ノ宮駅

■参加費 :無料。但し一人50円のレクリエーション保険(傷害保険)に加入していただきます。

■作業内容:手植えによる田植え

■作業服装:短パンに田植え用ソフト長靴。あるいは、小枝などを踏んでケガをしないよう、靴下を2、3枚重ねて履いて田んぼに入っていただきます。靴下履きの場合は、田んぼの回りを歩く際に、汚れても良い、滑りにくいサンダルを用意ください。上着は汚れても良い服装。念のため着替えも用意ください。

■今後の予定:田植えの後、草取り、稲刈り、脱穀などのワークショップを行います。そして、収穫したお米を食べていただく機会を設けます。

■参加者 :トランローグ・スタッフ、家族、友人、仕事関係の方など多数。

■予定の変更・中止:天気その他、やむを得ない理由で本ワークショップを変更・中止する場合があります。予めご了承ください。

■お問い合わせ:info@tranlogue.jp

以上)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »