« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.19

トラクターで開墾

敷地前の荒れ地(休耕田)の桑の根を開墾した後、地元シルバー人材センターに相談し、トラクターで荒れ地の地中に残っているススキやクズの根を切って耕していただくことに。
晴天が続き、地面が乾いて耕しやすくなった11月中旬の午後、シルバー人材センターに登録していて耕運を引き受けていただける一番近所の東条さんが来てくれました。
短い草のはえた休耕田をトラクターで一走りすると、クズの根がトラクターの刃に絡み付きました。東条さんと私はそれを鎌で切って取り除き、2度目の耕運を行いました。
約一反(300坪=990平米)の休耕田を2回に渡って耕すのに2時間以上かかりました。トラクターと人件費で9,700円。道具も知識も無い私たちには、とても有り難いことです。
良く耕された地面を歩くと、40cm程の深さのフカフカの羽毛布団、あるいは新雪のゲレンデのように足がスッポリと沈んで歩きにくいけど、とても気持ちの良い感触が楽しめました。土に酸素が入り微生物の活動が活性化しそうです。
すると、目ざとい野鳥が数羽舞い降りて来て、地中から出て来た生き物たちをついばんでいました。また、その鳥を捕らえようと近くに住み着いた捨て犬が狙いますが、犬に捕まるほど野鳥は鈍くありません。地面を耕した後、様々な生き物がやってくる様子を観察するのも土仕事の楽しみになりそうです。
(text:motohiroSUGITA)

Img_9931
トラクターの刃に絡まったクズの根を刃渡り15cmほどの短い鎌で取り除く東条さん

Img_9933
トラクターを自在に操る東条さん。彼は以前、高低差のある田畑を耕運中にトラクターごと転倒して大けがを。今回は平地なので引き受けてくれた


Img_9943_2
休耕田の西端4〜5mは、地下水が染み込んでぬかるんでいるため耕運は軽く1度だけ

Img_9955

Img_9958

Img_9964
2回目の耕運。
画面上左が母屋。上右がセルフビルドした芝屋根のアトリエ。家の前が田畑、奥が里山という絶好のロケーション。しかし、里山は間伐されず放置林に。手が空いたら間伐を申し出る予定。
来春には休耕田の手前を水田に、奥を畑にして機械を使わず人手でできる範囲で耕作を始め、水路から引き込む水と、田畑に染み込む水の様子を観察する予定。

Img_9978
トラクターの刃に絡み付いたクズの根。とにかく弾力があり丈夫だ

Img_9986_2
休耕田の南から北を見た様子

Img_9988
休耕田の北から南を見た様子。奥の耕地もその奥も今年から休耕田に。荒れないように見守っていかなければ・・・

Img_9991_2
2回目の耕運でも絡み付くクズの根。しぶといやつだ

Img_9998
羽毛のように、新雪のようにフカフカに耕された土

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.14

ネットの人気商品を代官山で展示

代官山のヒルサイドテラスのバンケットルームで行われた、インテリア、ファッション、食品などの展示・試食会に行ってきました。メディア向け情報サイトを運営するPRリンクの主催で行われたこの展示会は、ネットでは人気だけどメディアではあまり知られていない関西圏の商品を紹介するというもの。いつもはインテリア関係の展示会にしか顔をださないので、食品の試食はとても新鮮でした。展示会の中から気になったものをいくつか紹介します。(text:kazukoTOMOYORI)

小豆島から穫れたてのオリーブの塩づけ
イタリア料理が大好きなのでオリーブは大好きですが、国産のオリーブを試したことはなかったのが本当のところ。でも今回試食して、これはいけると思ったのがこのオリーブの塩づけ。日本で一番最初にオリーブ栽培を開始した瀬戸内海に浮かぶ小豆島。その小豆島産限定で、その年の10月から12月の収穫期に穫れた分だけを発売する「オリーブの新漬け」は1袋20粒入りで473円。オリーブ農家の井上誠耕園さんからです。他にも、オリーブオイルの化粧品や珍しい手摘みオリーブ茶まであるそうなので、早速ネットで試してみたいと思います。
Img_9905
私も自宅の庭にオリーブの木を何本か植えていますが、まだまだ小さいくて実がつくのはいつになるやら。でもいつかは自家製オリーブの塩付けに挑戦したい!

カロリー控えめの豆乳チーズケーキ
ダイエット中のデザートにぴったりなのがこのバロン・ド・フロマージュ/風船チーズ豆腐「大地の卵」。チーズと豆乳が上手く混ざりあって、食感はモッツアレッラのようで、味はクリームチーズと生クリームの甘み。さっぱりしているので、ジャムやソースでいただきます。1個でボリュームもあって、豆乳の栄養も取れます。この商品、業務用の豆乳製品をお店などに提供していた美盛(よりもり)が、初めて個人向けに売り出す商品。すでに飲食店には出荷されています。風船に入っているので、尖ったものでプチッとやればツルッと出ます。6個入で近々売り出される予定です。詳しくは美盛ホームページで確認してください。
Img_9904

雨の日が楽しみなレインストール
和雑貨を企画販売してきたCORAZONが、新しくはじめたグラフィカルな雑貨シリーズが展示されていました。このレインストールも今年大人気だったので、来シーズンは、取り外しできる帽子付きで発売予定。これならバックも一緒にすっぽりできます。
Img_9918

こちらは、懐かしい糸電話がプレゼントボックスにもなるというもの。二つの筒はそれぞれ違った絵柄で、中に好きなものを入れてプレゼントできます。贈ったその場で楽しいコミュニケーションが生まれそう。
Img_9920

この日、日本では初お目見えのこのフルーツ皿は、森の中に木が立っているようでとっても楽しい。この木の先が楊枝になっていて果物を切って、お皿に盛りつけます。ドイツでプロダクトのデザイン賞も受賞した製品。
Img_9924

今回の展示が行われた代官山ヒルサイドテラスのバンケットルーム
Img_9928

お天気も良くてテラスでの試食は楽しかったです。
Img_9927

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

TAB by FLOS+YAMAGIWA SALONE 2008 in driade青山

デザインウィークでは、都内のインテリアショップ各店でイベントが行われた。その中のひとつ青山のダ・ドリアデで、FLOSの新作TABが発表され、インスタレーション展が開催された。10月31日にはTABのデザイナーE.BARBERとJ.OSGERBYも訪れ、レセプションが開催された。同時に、YAMAGIWA SALONE 2008と題して、イタリアの新作家具も合わせて展示された。

TABの折り紙のようなフォルムをコンセプトにしたインスタレーションの様子
Img_9880

Img_9842

Img_9843

Img_9845

Img_9853

デザイナーのE.BARBERとJ.OSGERBY
Img_9852

今年のミラノサローネでも注目の的だったパトリシア・ウルキオラのデザインMOROSOのTropicalia
Img_9866

こちらは吉岡徳仁デザインのMOROSOのPANNAとyamagiwaのTearDrop
Img_9870

zanottaのSACCO
Img_9867

Studio ConranデザインのHIGH LIGHT
Img_9865

yamagiwaの新作 蓮池槇郎のMH-LED
Img_9864

伊東豊雄のMAYUHANA
Img_9873

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.05

DESIGNTIDE TOKYO 2008

今年からメイン会場がミッドタウンに移って開かれたDESIGNTIDE TOKYO 2008は、それぞれのブースが天井から吊られた不織布で覆われ、境界があいまいな感じが会場全体の統一感につながっていて、とてもやわらかな感じ。全体が白くてシンプルな印象も、最近の日本のデザインを表している気がする。

クラフト感と建築的な感じが同居した照明器具
日本在住のカナダ人デザイナーのつくるシェードは、ブロックをひとつづつ積み上げたような形と、表面の素材感が残っていているのが新鮮。ふたつのパーツで出来ていて、別々に逆さにして置いても絵になる。
Img_9828

Img_9829

Img_9830
more info)www.chriskirbydesign.com

紙袋を逆さにしたようなユニークな形のベンチ
イギリスから参加のRaw-Edges Design Studioのポリウレタンフォームに付き板張りのベンチは、樹脂の自由なフォルムと木のナチュラルな質感の両方を手に入れたデザイン。
Img_9827
more info)www.raw-edges.com

こちらもRaw-Edges Design Studioデザインの照明。シェードを巻いている紐を引張るとスイッチON/OFFできる。
Img_9826

Img_9825
more info)www.raw-edges.com

金型を作らずCADデータから直接モデルを作成
central line studioのVanishing Pointは、3D CADから直接モデルが作れるRP(ラピッドプロトタイピング)を使って複雑な形状の再現にチャレンジしてできたデザイン。
Img_9839

RPでできた模型をもとに製品を作成
Img_9840
more info)central-line.net

食をテーマにアート作品
イタリアの女性5人のグループArabeschi di Latte。チーズやマヨネーズの作り方などを独自のセンスで再現。ままごとのようでも、何か引きつける魅力がある。チーズのつくり方などは「やってみたい!」と思えて興味深い。
Img_9832

Img_9835
more info)www.arabeschidilatte.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京デザイナーズウィーク 速報!(その2)TOKYO DESIGN WEEKS 2008

ナイフ&フォークが照明に!
イタリアやスペインの照明を販売しているLUMINABELLAの100%Lightのブースでは、イタリアFabbianの「Hungry」が、きらきらと輝いています。遠くからみると素敵なシャンデリア、近づくとHungryの意味が分かってなるほど。

Img_9708

Img_9709
more info)www.luminabella.co.jp

光の混色を楽しむ
100%Lightのブースで見つけたライトパレットの光のミックスは、様々な色にアレンジが可能な構造。
Img_9721

Img_9719
more info)株)ライトパレット tel.090-6129-6247

リングが光りを放つ洗面ボウル
100%DesignのTOTOブースは、展示テーマ「halo(後光、光輪などの意)」。光る素材を用いて、空間の中に浮かびあがる光の輪を演出。リングが浮かんだように見える洗面ボウルは、8月に発売されたマーブライトカウンター「ルナクリスタル」。
Img_9767_2
more info)www.toto.co.jp

こちらは、角形ボウル
Img_9768

Img_9759

Img_9765
more info)www.toto.co.jp

アウトテリアにユニークなベンチ
STRIPE(ストライプ)という名前の見た目にユニークなこの形。真ん中がへこみはしないかと恐る恐る座ってみましたが、以外とがちっとしっかりしています
Img_9782

透明なバルーンに植物が絡み、ブースのデザインも楽しい
Img_9784
more info)www.cozy-cozy.jp

これひとつあれば部屋が華やぐフレームハンガー
壁に立てかけるかたちのフレームはくり抜かれたところを利用してハンガーに。ものを掛けた後も絵になる楽しいアイデア。
Img_9753

Img_9752

色はリバーシブルになっています。受注生産品
Img_9751_2
more info)www.anddesign.jp

透明感の高いアクリルデザイン
アクリルの特殊加工が得意な株)さくら樹脂が、デザイナーとのコラボではじめたlivingplus by acry-ya.com。一体成形した2色のアクリルを削りだしたボウルは、透明度も高く、色のミックスが美しい
Img_9747

アクリルの塊でできた洗面ボウルや一輪ざしは、とても彫刻的な印象
Img_9749

Img_9750
more info)www.acry-ya.com

本物のチョコでできたジュエリー
お菓子の学校レコールバンタンのコンテナでは、チョコレートやエクレアでできたジュエリーがおいしそうにならべられて。
Img_9771

Img_9777

パティシェの帽子も照明器具に
Img_9774

Img_9772
more info)www.lecole.jp

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »