« 東京デザイナーズウィーク 速報!(その2)TOKYO DESIGN WEEKS 2008 | トップページ | TAB by FLOS+YAMAGIWA SALONE 2008 in driade青山 »

2008.11.05

DESIGNTIDE TOKYO 2008

今年からメイン会場がミッドタウンに移って開かれたDESIGNTIDE TOKYO 2008は、それぞれのブースが天井から吊られた不織布で覆われ、境界があいまいな感じが会場全体の統一感につながっていて、とてもやわらかな感じ。全体が白くてシンプルな印象も、最近の日本のデザインを表している気がする。

クラフト感と建築的な感じが同居した照明器具
日本在住のカナダ人デザイナーのつくるシェードは、ブロックをひとつづつ積み上げたような形と、表面の素材感が残っていているのが新鮮。ふたつのパーツで出来ていて、別々に逆さにして置いても絵になる。
Img_9828

Img_9829

Img_9830
more info)www.chriskirbydesign.com

紙袋を逆さにしたようなユニークな形のベンチ
イギリスから参加のRaw-Edges Design Studioのポリウレタンフォームに付き板張りのベンチは、樹脂の自由なフォルムと木のナチュラルな質感の両方を手に入れたデザイン。
Img_9827
more info)www.raw-edges.com

こちらもRaw-Edges Design Studioデザインの照明。シェードを巻いている紐を引張るとスイッチON/OFFできる。
Img_9826

Img_9825
more info)www.raw-edges.com

金型を作らずCADデータから直接モデルを作成
central line studioのVanishing Pointは、3D CADから直接モデルが作れるRP(ラピッドプロトタイピング)を使って複雑な形状の再現にチャレンジしてできたデザイン。
Img_9839

RPでできた模型をもとに製品を作成
Img_9840
more info)central-line.net

食をテーマにアート作品
イタリアの女性5人のグループArabeschi di Latte。チーズやマヨネーズの作り方などを独自のセンスで再現。ままごとのようでも、何か引きつける魅力がある。チーズのつくり方などは「やってみたい!」と思えて興味深い。
Img_9832

Img_9835
more info)www.arabeschidilatte.org

|

« 東京デザイナーズウィーク 速報!(その2)TOKYO DESIGN WEEKS 2008 | トップページ | TAB by FLOS+YAMAGIWA SALONE 2008 in driade青山 »

次の暮らしのデザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203422/43010041

この記事へのトラックバック一覧です: DESIGNTIDE TOKYO 2008:

« 東京デザイナーズウィーク 速報!(その2)TOKYO DESIGN WEEKS 2008 | トップページ | TAB by FLOS+YAMAGIWA SALONE 2008 in driade青山 »