« いざ!開墾 | トップページ | 東京デザイナーズウィーク 速報!(その2)TOKYO DESIGN WEEKS 2008 »

2008.10.31

東京デザイナーズウイーク2008の速報!(その1)TOKYO DESIGN WEEKS 2008

10月30日から始まった「東京デザイナーズウイーク2008」のメイン会場、神宮外苑の「100%Design Tokyo2008」に行ってきました。お天気も良く、気持ちの良い一日。駆け足でめぐった会場から、気になったデザインをピックアップ。

100%Design Tokyoの目印、マイケルヤングデザインのボタンが、今年は金色に!
Img_9696

フェアトレードプロジェクトで、生まれたデザイン
海外からの出展が多いのも100%Designの特徴のひとつ。オランダブースで見つけたこの照明は、2人のオランダ人デザイナーとインドネシア人職人のコラボレートによるもの。2006年インドネシアで大きな地震の被害にあった、地元の人達の経済的自立を促すために始まったプロジェクトだそうです。
シェードに抜かれたドット柄は、地元の人達と関わりの深いイスラム教のモチーフと、内側に浮き出た型打ちに、ハンドメイドの優しさが感じられるデザイン。

Img_9793

こちらのセラミックのボウルと木製のお皿にも同じモチーフが使われて
Img_9794
more info)morethanhip.nl/

プラハからやってきた繊細なガラスコレクション
豚の上には、にわとり、その上には花瓶とトランペットのような楽器。影だけみると大きな人影に。説明を聞くとどうもあのブレーメンの音楽隊のようなお話らしい。とてもうすいガラスでできていて、繊細なお国柄を思わせます。
Img_9798_2

こちらはガラスのサボテン
Img_9795

ブースは、雪景色のプラハかな?
Img_9801
more info)www.krehky.cz

アイスランドからは昔ばなしをモチーフにした「あざらしスタイルの毛布」
アイスランドの昔話に、「お母さんは実はあざらしだった」というのがあって、それをモチーフにつくったアイスランド産ウールの毛布。こんなのにくるまって眠れば、お昼寝もとても気持ち良さそう。
Img_9802
more info)www.vikprjonsdottir.com/

一枚のプレートからできたろうそく立て
その場で、買う事ができる「デザインブームマート」で見つけたのは、こちらのろうそく立て。デザイナーさんは、韓国から来日。ここで世界から集まった若いデザイナーと、おしゃべりしながら買い物するのもとても楽しい体験。
Img_9744
more info)www.designboom.com/

スナップボタンで組み立てるボウルはカナダから
薄くスライスした木製のプレートをスナップボウルで組み立てるアイデア
Img_9746

Img_9745
more info)www.designboom.com/

ドイツケルンからナイフのマジックショー?
ナイフ立てをマジックショーの女性に見立てたデザイン。協力なマグネットが本体に入っているので、近づけるとペタっと張り付きます。
Img_9823
more info)www.konstantinslawinski.com/

|

« いざ!開墾 | トップページ | 東京デザイナーズウィーク 速報!(その2)TOKYO DESIGN WEEKS 2008 »

次の暮らしのデザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203422/42961927

この記事へのトラックバック一覧です: 東京デザイナーズウイーク2008の速報!(その1)TOKYO DESIGN WEEKS 2008:

« いざ!開墾 | トップページ | 東京デザイナーズウィーク 速報!(その2)TOKYO DESIGN WEEKS 2008 »