« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.04.28

トルトーナ地区その2  .MGX

道路沿いの入り口に吊られていた照明に惹かれて中庭を入ってみた。中には素材のおもしろさを活かした照明が展示されていた。小さなギャラリーでの展示は落ち着いてデザインが楽しめる。

Img_4600_1

Dsc01213

Dsc01212

Dsc01210

Dsc01207_1

Dsc01205

Dsc01206

Img_4601


| | コメント (0)

VIR TORTONA トルトーナ地区

 フォーリサローネの人気エリア、トルトーナ地区。金曜日の夕方に行ったのもあってか、すごい混雑。ミラノ市民のお祭りのようになっている。ただ、ミラノ在住の友人の話によると、近所の人達には迷惑な感じもあるようだ。実際、駅(ポルタジェノヴァ)の反対側も散策(息子のサッカー土産を買うためACミランのショップに立ち寄るために)していると、子供のお迎えらしきお母さんやおばあちゃんたちが子供たちと学校から出てきた。この辺りの日常の風景だった。運河があってとても雰囲気のあるところ。

ナヴォリオ地区
Img_4564

Img_4574_3

Img_4578_2

Img_4579

Img_4581

Img_4582

宣伝用に配られた飲み物が街を汚す
Img_4575

Img_4576

Img_4577

| | コメント (0)

2007.04.27

FIERAでのVitra

象が子供用椅子になった新作は日本でも人気が出そう
Dsc00989

Dsc01006

Dsc01005

段ボールのような素材でできた椅子
Dsc01008

Dsc01011

Dsc00998

Dsc00993

Dsc01001

家具のディスプレイに添えられていた小物はどれも手作りな雰囲気が素敵
Dsc00997

Dsc00994

Dsc00996

| | コメント (0)

Cassina

大きな企業グループのひとつとなったカッシーナのブース
Dsc01069

日本の浮世絵が屏風に! ハード過ぎて、引いてしまいました。おじさん好みすぎるような....
Dsc01079

Dsc01087

Pilotta design by Rodolfo Dordoni (プレス用)
Pilotta05

Dsc01093

Passion design by Philippe Starck(プレス用)
03privpassion

Caprice design by Philippe Starck(プレス用)
01privcaprice

| | コメント (0)

MISSONI HOME

イタリアンファッションでおなじみのMISSONIがインテリアにも。FENDIやアルマーニなど近年はファッションとインテリアが密接な関係
Dsc01012

Dsc01020

Missoni9

10

6

| | コメント (0)

MOROSO

女性に人気の高いモローゾは今年はますます華やか


Dsc01026

キュートなベッド
Dsc01032

(プレス用資料より)
Charpoi_003

Dsc01030

Dsc01038

Dsc01035

オリジナルのPOST CARDが持ち帰り自由
Dsc01037

樹脂に模様を型押しした椅子  
Dsc01041

着物柄のソファ
Dsc01047

Dsc01052


| | コメント (0)

2007.04.26

Japan PRODUCTS in Milano その2-Stanley

ミラノ・サローネで2年に1度行われるEuroluce(国際照明見本市)に、日本のメーカーとして唯一、スタンレー電気が出展していた。3月に東京ビックサイトで行われたライティングフェアに出展していた際、伺った話では、自動車用部品として育てたLEDを住宅や店舗の照明分野にも広げようと頑張っているとのこと。ミラノでの展示をイベント的なPRで終わる日本企業も多い中、ビジネスにつながるスタンスで、会場本展へ出展していることにエールを送りたい。

Stanley

L_techr

LEDによる住宅用照明
L_ext1


| | コメント (0)

2007.04.25

Japan PRODUCTS in Milano その1- TOTO

 ここ数年「ミラノ・デザイン・ウイーク(この時期のミラノ市デザインイベント全体を称して)」へ参加する日本企業が増えている。昨年新しくできたフィエラ(見本市会場)は、ミラノ北西部のロー市にある(「ミラノサローネ」と言うとここのことを指す。正式名称・国際家具見本市「Salone Internazional del Mobile」主催cosmit)。この本会場同様に盛り上がりを見せるのが、フォーリ・サローネ(見本市場外)。本会場の方は、商談をメインとし場外はどとらかというと、デザインイベント的要素が強い。

 そのフォーリ・サローネの中でも注目を集めているのがZONA TORTONA地区。
Img_4569_1

Img_4570

Dsc01202

そのZONA TORTONAで、今年3回目の開催を迎えるTOTOは、「グローバル企業としてのブランドイメージアップ、海外事業の拡大へつなげる。」としてミラノでの発信を位置づけている。展示会のテーマは
"Hi-Tech, Hi-Bath"LUMINIST meets STEFANO GIOVANNONI

LUMINISTを使った静かで幻想的な空間(外の喧噪と対象的な)を多くの人が訪れていた。
Img_4589

Img_4593_1

「LUMINIST」
キッチンや洗面カウンター素材の「クリスタル(エポキシ樹脂からなるTOTOオリジナルの素材)」を「LUMINIST」という名前で発表。
Img_4583

Img_4584_2

タンクレストイレ「ネオレストAタイプ」
人が前に立つとセンサーが反応して、ふたが開く仕組み。前を通ると次々に開いたり閉まったりするので、訪れる人もびっくり。
Img_4585

今回、展示を案内していただいた広報部の加藤さん。
Img_4587_1

伺ったところによると「LUMINIST」の商談の引き合いが、たくさんきているとのこと。フォーリ・サローネではあるが、商談として着実に実を結びつつあるようで、今後もぜひ頑張って欲しい。毎日のように値上がりするユーロは、家具の輸入には厳しい状況だが、日本製品を販売するには、追い風になってくれるのではないだろうか。


| | コメント (0)

FLOS Party

4月19日の夜に出掛けたFLOSショールーム
Img_4506

Img_4507

Img_4508

ショールームから少し先のパーティ会場
Img_4511

Img_4512_1

Img_4513_1

Img_4514

10数年ぶりの先輩デザイナーとの再会や憧れのアンドレプットマン女史と記念撮影など、思い出深いものとなりました。

Dsc01152
ミラノ駐在経験もあるデザイナーの日根さんと西村さんご夫妻(左と中)。トランローグの杉田(右)

| | コメント (0)

FLOSパーティで記念撮影

記念撮影に気軽に応じてくれたアンドレプットマン女史と(右)先輩デザイナーの西村さん(左)と私(中)
2

| | コメント (0)

ミラノサローネ2007Modernその1

ミラノサローネ、2日目は人気モダン家具のブースへ

木の曲線と白い樹脂が独特な研ぎすまされたデザイン
ceccotti
Dsc00908

Dsc00906

Dsc00909

皮でできた椅子やついたて
Matteograssi
Dsc00930

Dsc00928

カラフルなアクリルの収納棚
edra
Dsc00944

Dsc00942_1

Dsc00945

みんなが座りたがる椅子
Dsc00949

Dsc00948

| | コメント (0)

2007.04.23

ユーロルーチェ速報! その3

AURELIANO TOSO のエレガントな照明
Dsc00535
AURELIANO TOSO
Dsc00537
AURELIANO TOSO
Dsc00539
AURELIANO TOSO
Dsc00540

Artemide
Dsc00896

Img_4346

Img_4348

Img_4352

Img_4353

Dsc00608

Img_4350

ザッハハディド
Dsc00622

Dsc00627

でかでかのZライト
Dsc00624

TERZANI
Dsc00679_1

Dsc00678

Dsc00681

スワロフスキー
Img_4448

Img_4449


シャンデリアもたくさん見られた
Img_4387


Dsc00710


Dsc00717


Dsc00773

la murrina
Dsc00774


| | コメント (0)

ユーロルーチェ速報! その2

巨匠インゴマウラーのブース
Dsc00565
インゴマウラー  
Dsc00567
インゴマウラー  写真ではわかりづらいですが、電球の映像が浮かびあがり色が変化する
Dsc00571
インゴマウラー
Dsc00568


| | コメント (0)

ミラノサローネ2007開幕!

ユーロルーチェ速報! その1
夏のような暑さの続くここミラノで、サローネがいよいよ開幕。まずは2年に1回開催のユーロルーチェの速報をお伝えします。原稿の整理はまだついていないので、写真だけ少しアップします。
Dsc00514_3

Dsc00519

まずは、会場内で一番目立ったブースのFLOS。無塗装の木の板を張り巡らし、中は迷路のような会場構成。

Dsc00644

アバンギャルドなデザイン
Nebla by Joris Laarman(Photoはプレス用資料より)
Nebula

K Tribe by Philippes Starck(Photoはプレス用資料より)
Ktribetransparent

Skygarden by Marcel Wonders(Photoはプレス用資料より)
Skygardenbis

Ray F2 byRodolfo Dordoni(Photoはプレス用資料より)
Rayf2

DANESE
Dsc00629
DANESE
Dsc00633
DANESE
Dsc00636

serien
Dsc00585

serien
Dsc00586


| | コメント (0)

2007.04.19

cappellini party

cappellini partyの様子を動画でご覧いただけます
「cape444.MPG」をダウンロード
「cape450.MPG」をダウンロード
「cape478.MPG」をダウンロード

| | コメント (0)

2007.04.18

サローネ前夜!

ブログをご覧のみなさん!お待たせしました。
 成田から12時間、夕方ようやくミラノに到着。超特急でホテルにチェックインを済ませ、ミラノサローネの前夜祭へ出掛けてきました。17日のこの日は、ミラノ各所でカクテルパーティが開かれます。参加したいパーティは数々あれど時間はもう夜の8時(さっきまで明るかった)。まずはS.Babila駅へ。
イタリアの照明メーカーから毎年デザインを発表しているデザイナー樋口氏と広場で待ち合わせ、久々の再会。
まずはCappelliniへ。ここはサローネ期間中のみオープン。駅を上がると建物の前はすごい人だかり。入場制限が設けられていて少し並んでから中へ。
(生の写真のままとり急ぎアップします。みずらいところはお許しください)
Img_4306_1

Dsc00497


フィアットの新小型自動車nuova Fiat 500の2007年型がカッペリーニヴァージョンで登場!

Dsc00471


Dsc00493


Dsc00420

今年もでかでかライトがあちらこちらに登場
Dsc00429


Dsc00459


3
イタリアの照明メーカーとお仕事されているデザイナーの樋口氏。

| | コメント (0)

2007.04.15

艶やかな赤いキッチンが登場

今後はインテリアもカラフルになるか?!
 ここ数年、無彩色の人気が続いたシステムキッチンに、艶やかな赤が登場した。トーヨーキッチン&リビングの人気シリーズISOLA type2に新色の「ROSSO GIAPPONESE(ロッソ・ジャポネーゼ)」が加わった。4月13日に青山のショールーム(スタジオ南青山)でプレス発表されたその赤いキッチンは、成熟した色気のある赤だった。

Toyo00401
(ショールームにて撮影)

Toyo4
(プレス配布用より)

Toyo3
(プレス配布用より)

ステンレストップは艶を抑えた梨地で、継ぎ目を感じさせない角の仕上げはステンレスの重量感を存分に打ち出した、高級感たっぷりに仕上がったキッチン。建築家や男性に人気の高いシリーズだ。これまで、無彩色が中心だったラインナップに赤が加わることで、インテリアをよりゴージャスに演出してくれそうだ。
光沢のあるピアノ塗装
赤い箇所の仕上げは、ハンドメイドによる研磨・塗装を繰り返したピアノ塗装。さらにUV塗装を施し、とても美しい光沢を出している。広報の方の話によると、この「ロッソ・ジャポネーゼ(日本の朱)」は、さまざまな照明の組み合わせで色の出具合を確認し実験を重ね、決定されたもの。色にこだわるには照明も重要ということで、一番上の写真に写るペンダント照明も一緒に提案されている。 広告に用意されたビジュアルでは、古民家にこのキッチンが据えられ、薄暗いしっとりとした空間に朱がよく似合っている。ここ何年も、どのメーカーでも人気は白いキッチンだ。その中でこのキッチンの登場は、今後のインテリアのトレンドのひとつになるのだろうか。
ISOLAtype2 ROSSO GIAPPONESE
アイランド(写真一番上)¥1,720,000(税抜本体価格)

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »